通貨強弱系インジケーターで有利にトレードをしましょう!

通貨強弱系インジケーターで有利にトレードをしましょう! FX初心者

こんにちは、森下@the_trade_jp)です。

通貨トレードを行う上では、通貨の強弱が重要であることをご存知でしょうか?

今回は、通貨強弱系インジケータ―について解説していきます。

通貨強弱とは何か?

通貨強弱とは何か?

通貨の強弱は、通貨ペアの値動きではなく「通貨単体がどれだけ買われているか、売られているか」を表すものです。

各通貨間の強さを比べたものが通貨強弱です。

通貨の強さは国の強さを表します。
経済、政治的により強い国の通貨がより買われます。

例えば、経済指標でポジティブな結果が出れば、
その国の通貨はたくさん買われます。

逆にネガティブな結果が出れば、市場の期待にそわず、通貨価値は下落します。

FXは通貨強弱で利益が出る方法です。

より強い通貨を買い、より弱い通貨を売ることで利益を得ることができます。

通貨強弱が重要な理由

FXトレードは、通貨“ペア”の交換比率の変動で利益を狙う投資方法です。

例えば、ドル円が上昇するには以下のいずれか、もしくは両方が起きる必要があります。

  • ドルが上昇する (ドルの価値が高くなる)
  • 円が下落する (円の価値が低くなる)

仮にドルが上昇しても、円の上昇がより大きかった場合には、ドル円のレートは下落することになります。

FXではこの”ペア”を取引対象とするため、利益を上げるにはペアに関係する2つの通貨を、それぞれ分析する必要があります。

そして、「最も買われている通貨」と「最も売られている通貨」の組み合わせとなる通貨ペアは、一方向のトレンドになります。

この場合、分かりやすいトレンドとなるので、トレンドフォローが仕掛けやすいです。

通貨強弱を分析することで、利益を得られやすい通貨ペアを選択できるという点が最大のメリットになります。

通貨強弱で最も重要なこと

通貨強弱で最も重要なことは、資金の流れを見ること

単純に「1番買われている通貨」と「1番売られている通貨」を選ぶだけでは通貨強弱を見ているとは言えません。

1番大事なことは『資金の流れ』を見ることです。

例えば米ドルが1番買われているといっても。

資金の流れを確認していなければ何の意味もありません。

ここが非常に重要な部分です。

1番買われているとは、「米ドルが今1番買われている」ということが大事なのではなく、円に対してもユーロに対してもポンドに対しても、多くの通貨に対して買われているということが大事なのです。

1番買われている通貨を見つけるのではなく、あらゆる通貨に対し”米ドルが買われているかどうか”を見ます。

1通貨だけを見るのではなく、すべての通貨を見ることが非常に重要です。なぜなら1通貨だけ見て選んだ通貨ペアは、トレンドがいつまで続くかわからないからです。

対して、資金の流れを見て選んだ通貨は、どの通貨に対しても優位であるので、高い確率でトレンドが継続します。

「通貨全体」を見て、”資金の流れが集中している通貨”を見つけることが非常に重要です。

通貨強弱を見るオシレーター系インジケータ―

上で説明したように、FXにおいて通貨強弱を把握することは、非常に重要だということは分かったと思います。

では、どのようにして通貨強弱を知ればいいのかと言うと、オシレーター系インジケータ―というものを使うことで把握することができます。

オシレーター系インジケーターは、レンジ相場(ボックス相場)に向いており、相場の「買われすぎ」「売られすぎ」を判断することができます。

過去の相場から現在の相場が買われすぎているのか、もしくは売られすぎているのかを判断することで、過去のパターンにならってトレーダーも相場が見られるようになります。

その場その場の強弱を見定め、その時点でどれだけ勢いがあるかを見るものになりますので、短期の相場を見るのに向いてます。

まとめ

FXは通貨の強弱で利益が出る方法で、単に1番買われている通貨と1番売られている通貨を選ぶのではなく、「通貨全体」をみて、資金の流れを見ることが大切です。

そして、通貨強弱を把握するためにインジケータ―を利用し、常に意識してとらえることが重要です。