ユーロドルの特徴が10分でわかる‼︎ EUR/USD運用対策

ユーロドルの特徴が10分でわかる‼︎ EUR/USD運用対策 FX初心者

こんにちは、森下@the_trade_jp)です。

今回は、「ユーロドルのトレードをしてみたいけど、どんな傾向があるのかがわからない」と思っている方に向けて、その特徴を紹介していきます。

ユーロドルは世界一の取引量を誇る通貨ペアなので、初心者の方でもトレードしやすいと思います。

では早速、ユーロドルの特徴を見ていきましょう。

ユーロドル(EUR /USD)とは?

ユーロドルとはどのような特徴をもつ通貨ペア?

ユーロドル(EUR /USD)とは、取引量が1位の通貨ペアです。 

ユーロドルの時価総額は?

ユーロドル(EUR/USD)の時価総額は約10.4兆ドルです。

法定通貨の算出:総務省統計局が発表した2019年の世界の統計より抜粋。

世界の統計2019 (PDF) 各国マネーストック(2017年)の情報より。計算に使った為替レートは、1ユーロ(EUR)=0.887ドル(USD)です。

EU加盟国のほぼ全てがユーロを共通通貨として取り入れているために、ユーロドルには指標が読みづらく、値動きが定まりにくいという特徴があります。

そのため、値動きが読みにくいときは手を付けないことがベストです。

その代わりに、ユーロドルは取引量が多いため、テクニカルに忠実な値動きをしやすいという特徴があります。すなわち、安定した上昇や下降をする傾向にあります。

つまり、トレンドに対して忠実に従うことが一番の対処方法です。

ユーロドルで堅実に利益を得るためには、EU加盟国のフランスやドイツ、その他各国の動きを見ておくと良いでしょう。2016年から「EU脱退問題」を抱えるイギリスや、アメリカの首脳陣や大統領の発言内容を見ておくといいでしょう。

ユーロドル(EUR /USD)は上級者向き?

ユーロドルは上級者向きの通貨ペア?

多くの投資系メディアでは、「今のユーロドルのは初心者向けではない」という意見がほとんどです。しかし、僕はユーロドルは初心者の方でも利益をあげやすい通貨ペアだと考えています。

トレード初心者の方達から見れば、ユーロを使用している国がたくさんあるので、リスクの多そうな通貨ペアに見えるでしょう。

しかし、あくまでユーロドルの値動きが激しくなるのは各国の重要な経済指標が発表されたときなどで、それ以外のチャートでは突発的な下落などは起こることは少ないのです。

Twitterで有名なトレーダーさんでも、ユーロドルをメインにしてトレードを行なっている方は珍しくはありませんし、ユーロドルの特徴をチャートなどを見て研究し、値動きの法則を見抜けば高い利潤を得ることも夢ではありません。

ユーロドル(EUR /USD)運用のまとめ

ユーロドルは、世界最大の取引量を誇る通貨ペアです。

長期的な目線でユーロドルで確実に利益を出し続けるためには、EU参加国の政治情勢や首脳陣のTwItterなどで最新の情報を常に仕入れ続けることが必要でしょう。

しかし、短期〜中期的なトレードを考えている方ならば、ユーロドルの「一度方向性が決まれば、その方向へ進み続ける」という特徴を上手く掴めば、利益を出し続けることは難しくないでしょう。