含み益・含み損とは?

含み益・含み損とは? FX初心者

こんにちは、森下です。

今回は、FX初心者は知っておくべき「含み益」「含み損」とは何かについて説明していきます。最後は「含み損」を放置していると、どのような事が起きてしまうのかを解説していきたいと思います。

含み益とは

含み益(ふくみえき)とは、決済していない状況での利益の事をいいます。

例えば、買い注文を入れた直後、1ドルが100.00から100.50に上昇した場合、50pips(50銭)の差益が発生します。100.00から100.50に上昇したので50銭の含み益となります。

含み益とは、まだ確定していない利益のこと

上の画像で、左下の黄色の四角の位置からロング(買い注文)を入れておくと、現在の価格が右上の四角なので、含み益が発生していることがわかります。

含み損とは

含み損とは、まだ決済していない損失のことです。「いま決済するとこれだけマイナスになりますよ」というのが含み損ですね。

含み益はいくら伸ばしてもいいですが、含み損は膨らみすぎるとマージンコールが鳴ったり、ロスカットされてしまうこともあります。

エントリーする前に損切りラインを決めておくことが非常に重要です。含み損を放置しないようにしましょう。

まとめ

含み益とは途中経過で見た目の利益が積み上がっている状況のことをいい、含み損とは見た目の損失が積み上がっていることをいいます。

含み損が悪化し、損失が膨らんでいくと強制ロスカットが発生する可能性があるので、その前に適切な損切りを入れることが大切です。