XMのMT4で日本時間を表示させる方法

XMのMT4で日本時間を表示させる方法 XM

こんにちは、森下@the_trade_jp)です。

今回はXMの時間を日本時間に直す方法ついてお話ししていきます。

XMは海外のFXブローカーなので表示時刻が日本時間と異なります。そして海外ではサマータイムがあるため、季節によって時差は変わり、取引時間も変わっていきます。今回は、XMの時間を日本時間に直す方法を詳しく解説していきます。

XMで日本時間が表示されないと何が問題?

XMでトレードをしていると、MT4に表示されている時刻が日本時間とずれていることがわかります。

「別にMT4の時間が日本時間とずれていてもいいじゃん」と感じる方もいるでしょうし、実際大きな問題もないのですが、過去のご自身のトレードをノートやエクセルなどにまとめ、分析するような方もいるでしょう。

そのような方には、普段使っている日本時間と異なる時間で表示されると非常に不便だと思いますし、「実際にこれはいつエントリーしたトレードだ?」と気になる方もいるでしょう。

トレードする時は心理的な負担を極力減らすことも重要なので、ぜひ日本時間に直す方法を知っておきましょう。

XMの表示時間と日本時間の時差は?

XMの表示時間と日本時間の時差は?

ご存知のように、世界標準時はイギリス(ロンドン)のグリニッジ天文台を起点に定められており、ロンドンでのタイムゾーンをGMT+0と表示します。

ロンドンでのタイムゾーンより早い場合はGMT+●と表示され、遅い場合はGMT-●と表示されます。ちなみに日本のタイムゾーンは、GMT+9です。

冬時間

XMのMT4やMT5上の時刻は「GMT+2」というタイムゾーンで表示されています。先ほども紹介している通り、日本時間は「GMT+9」なので、MT4に表示されている時間に7時間足せば日本時間になります。

夏時間

サマータイムにより、夏と冬では1時間の時差が生じます。なので、MT4で採用される時間は「GMT+3」というタイムゾーンになります。日本にはサマータイムはないので、日本のタイムゾーンはGMT+9のままです。そのため、MT4に表示される時間に6時間足せば日本の夏時間になります。

サマータイムが採用されているのは、3月から11月までです。

XMなどのMT4で日本時間を表示させるインジケーター

GMTの時間の計算が面倒な方は、日本時間に直せるインジケータをダウンロードすることをお勧めします。

日本時間を表示するインジケータは、JPN_Time_SubZero.mq4がシンプルかつ簡単なもので人気です。

JPN_Time_SubZero.mq4をダウンロードしよう

まずは「JPN_Time_SubZero.mq4」をダウンロードしましょう。リンクをクリックすると以下のような画面になるので、画面下の「ダウンロード」をクリックします。

XMで日本時間を表示させるためにJPN_Time_SubZero.mq4をダウンロードしよう

ダウンロードしたら、デスクトップに保存しておきましょう。

JPN_Time_SubZero.mq4をMT4に設定しよう

JPN_Time_SubZero.mq4をダウンロードしてデスクトップに保存したら、MT4に設定していきます。以下の画像のように、左上の「ファイル」から「データフォルダを開く」とクリックします。

XMで日本時間を表示させるためのJPN_Time_SubZero.mq4設定方法①

「データフォルダを開く」をクリックしたら、以下の画像のように「MQL4」を選択して開きます。

XMで日本時間を表示させるためのJPN_Time_SubZero.mq4設定方法②

その後、以下の画像のように「Indicators」を選択し、そこにドラッグアンドドロップでJPN_Time_SubZero.mq4を入れます。

XMで日本時間を表示させるためのJPN_Time_SubZero.mq4設定方法③

ここまでできたらMT4を再起動しましょう。

再起動したら、実際にインジケーターを差し込んで完了です。

まとめ

XMのMT4やMT5上の時刻は「GMT+2」または「GMT+3」というタイムゾーンで表示されています。GMTとは、Greenwich Mean Time の略で、イギリスのグリニッジ標準時のことを言います。

そして、「+数字」が時差を表したものになります。そして、日本時間は「GMT+9」なので、MT4に表示されている時間に7時間足せば日本時間になります。サマータイム(3月〜11月)には、1時間の時差が生じるので、MT4の時間に6時間足せば日本時間になります。

自分の取引を日本時間に直して正確に計算し、トレードを振り返ることで勝てるトレーダーを目指していきましょう。僕森下が、勝てるトレーダーを輩出する目的で行なっている無料サロンもあるので、ぜひ合わせてご覧ください。

THE TRADEを運営する森下のプロフィール