ゴトー日とは一体なに?仲値トレードも解説

ゴトー日とは一体なに?仲値トレードも解説 FX初心者

こんにちは、森下です。

今回は、ゴトー日とは一体どのようなものなのかを解説していきます。そしてゴトー日の重要性と、ゴトー日を利用して勝率を上げる事ができる「仲値トレード」についても解説していきます。

ゴトー日とは

ゴトー日とは、毎月「5日、10日、15日、20日、25日、30日」のように5の倍数の日付けを指す言葉です。多くの投資家が、このゴトー日に「ドル買い」または、「円売り」をします。

ゴトー日とドル円の関係性

ゴトー日とはどんな日?

ゴトー日とは、海外と取引のある企業が決済のために外貨を海外送金する需要が高まる日のことです。

企業の資金決済日が、毎月5と10の倍数の日と月末に集中しやすい傾向にあるため、通常日と比較して米ドル買い需要が高まりやすいと言われています。

なぜ、ゴトー日は重要なのか

海外との取引のある企業が外貨を海外送金するため、銀行はそれに合わせて、米ドルを大量に仕入れしていきます。

ゴトー日にドルを手に入れたい企業が増えるため、銀行も価格が上る前にドルを仕込みます。そのためドルの需要が高まるため、ゴトー日にはドル買いが起こりやすいのです。

ゴトー日の相場は仲値で決まる

ドル円レートを見るときには、仲値というものを基準にすることが多いです。レートは世界各地で常に変動しています。仲値とは、日本時間の9時55分に決まる、その日のドル円の取引の基準となるレートのことを言います。

しかし、銀行が顧客に対して円とドルを交換する時、レートが変動していては取引をすることが出来ません。そこで、仲値というものをレートとして、一日その仲値レートで取引をしていきます。

ゴトー日の仲値トレード戦略

ゴトー日には、銀行がドルを大量に仕入れるため仲値を決める時間帯は円安になる傾向が強いです。この法則に合わせてトレードをしていきます。

9時前後にロングで仕込む

ゴトー日は、9時から9時55分にかけて、ドル/円が上昇するので、事前にロング(買い)で仕込んでおくといいという事です。

なので、9時頃にエントリー後、9時55分に売り抜けるという方が多いようです。

9時55分にショートでエントリーして、反転を狙う

9時55分まで上昇したら、9時55分に反転して下降トレンドに向かう可能性が高いので、ロングポジションを持っているトレーダーは9時55分頃にポジションチェンジをして反転を狙う方法です。

まとめ

ゴトー日とは、毎月「5日、10日、15日、20日、25日、30日」のような5の倍数の日付けを指します。

多くの投資家が、このゴトー日に「ドル買い」または、「円売り」をします。そして、ドル円の大方の予想を立てる事ができるゴトー日には、仲値トレードが有効です。

ぜひ仲値トレードに挑戦してみてくださいね。