スリッページとは

スリッページを正しく知る FX初心者

こんにちは、森下です。

今回は、スリッページとは何かについて解説してきます。FX初心者の方の中には、スリッページとスプレッドの意味を勘違いしている方が多いので、今回の記事でしっかり頭に入れておきましょう。

スリッページとは

スリッページとは、取引における注文価格と約定価格の差を意味しています。

スリッページとスプレッドが似ているように感じるかもしれませんが、スプレッドは「買値と売値の差」なので、スリッページとは明確に違います。

取引で起こるスリッページとは

例えば、米ドル円(USD/JPY)の取引画面を見て110.100円の時に買い注文をしたが、実際に約定のが110.115円だったとすると、1.5銭(1.5pips)のスリッページが発生したという意味になります。これが1万通貨での取引だった場合、150円の損失、10万通貨の取引では1500円の損失となります。

スリッページとはなにか

スリッページでの損失を最小限に留める方法とは

スリッページが100%発生しない口座はありません。しかし、スリッページによる損失をできるだけ最小限に留める必要があります。そこで「許容スリッページ」が設定可能なFX会社を選ぶといいでしょう。

例えば、上と同じUSD/JPY通過の取引時に110.100円で注文を出したとします。許容スリッページの値を1銭(1pips)とした場合、110.110円以上のレートで約定することがないので、損失を最小限に留めることができます。

許容スリッページ設定での注意点

許容スリッページを設定することで、損失を最小限に留めることができますが、許容スリッページの値を狭く設定してしまうと、注文が約定できないケースがあります。

せっかくの取引のタイミングを逃してしまわないように、適度な値で設定するようにしましょう。

まとめ

スリッページとは、取引における注文価格と約定価格の差を意味しています。

スリッページが100%発生しない口座はありません。スリッページ発生からくる損失を「許容スリッページ」の設定で、最小限に留める必要があります。

注意点として、許容スリッページの値を狭く設定してしまうと、注文が約定できないケースがあります。そのため、許容スリッページは適度な値で設定する必要があります。