ローソク足とは一体なに?種類も解説

ローソク足とは一体なに?種類も解説 FX初心者

こんにちは、森下@the_trade_jp)です。

今回は、ローソク足とは何かについて解説していきます。

FXをはじめとする、チャートを見ることを前提にした投資に挑戦するなら絶対必須と言っても過言ではないほど重要な内容ですので、ローソク足とは何かをまだ完璧に理解ができていない人は、ここでしっかり頭に入れておきましょう。

今回の流れは、ローソク足について説明した後、ローソク足の種類について解説していきます。

ローソク足とは

ローソク足とは、一定期間における相場の4つの値(始値、終値、高値、安値)を1本の棒状に表して並べ、一目で相場の流れを分かるようにしたものです。

ローソク足とは、一定期間における相場の4つの値(始値、終値、高値、安値)を1本の棒状に表して並べ、一目で相場の流れを分かるようにしたものです。

一瞬で市場を分析できるローソク足

ローソク足チャートは、テクニカル分析の基本となるもので、5分足、1時間足、日足、週足など、期間によって色々なものがあります。

英語ではキャンドルチャートと呼ばれていますが、現在では世界的にも日本で考案された日の丸テクニカル分析ツールというのが定説だと言われています。

ローソク足の基礎

ローソク足は画像のように、胴体とヒゲにより、始値、終値、高値、安値が表されます。このヒゲが長いほど、値動きが激しいことを示し、逆にヒゲが短ければ値動きが緩やかだということになります。

ローソク足の基礎

 

ローソク足の種類

これまでの説明で、ローソク足とは何かが理解できたでしょう。

では、ローソク足についてもう少し詳しく見ていくことにします。ローソク足には、大きく分けて「陰線」と「陽線」の2種類が存在します。この種類によって、ローソク足が意味することが違ってきます。これから陰線と陽線とは何かについてと、種類ごとの為替の動きについて画像を使って、詳しく解説していきます。

ローソク足のパターン①:陰線

陰線とは、始値より終値が安いローソク足のことを言います。陰線のローソク足の色は、主に黒や青で表示される事が多いです。(設定で変更する事が可能な会社もあります。)

ローソク足のパターン①:陰線の4つの値

ローソク足のパターン②:陽線

陽線とは、始値より終値が高いローソク足のことを言います。陽線のローソク足の色は、主に白や赤で表示される事が多いです。(設定で変更する事が可能な会社もあります。)

ローソク足のパターン①:陽線の4つの値

まとめ

今回は、ローソク足とはどんなものなのかや、ローソク足の種類について解説しました。

ローソク足とは、一定期間における相場の4つの値である「始値」「終値」「高値」「安値」を1本の棒状に表して並べ、一目で相場の流れを分かるようにしたもので、5分足、1時間足、日足、週足など、期間によって色々なものがあります。

そして、ローソク足には、陰線陽線の2種類があり、陰線のローソク足の色は、主に黒や青で表示される事が多く、陽線のローソク足の色は、主に白や赤で表示される事が多いです。

ローソク足やチャートの読み方を学んで、投資で大きな利益をあげられるようにしていきましょう。