XMに追証は本当にないのか?

XMに追証は本当にないのか? XM

こんにちは、森下です。

一般的には追証というシステムがありますが、実はXMには追証がありません。
追証とは証拠金を超えた損失が出た時に追加で資金を請求されることです。

追証がないという事は証拠金以上に損をする心配がありませんので、安心して取引をすることができますね。

今回は追証とは何か、そして追証がないことのメリットとデメリットをご紹介します。

XMに追証は本当にない?

XMには本当に追証はありません。

そもそも追証とは何かを分かりやすく説明し、追証がないことによるメリットとデメリットを説明します。

XMに追証はない

そもそも追証とは、証拠金を超えた損失が出た時に追加で資金を請求されることです。

下の画像にもある通り、国内FX会社で証拠金10万円でレバレッジ25倍で取引をしていたとします。
当初「1ドル=110円」の時に500ドル購入し、「1ドル=100円」で売却したとします。

この時「500(ドル)×10(円)×25(倍)=125,000(円)」で125,000円の損失が出ます。証拠金10万円が無くなってしまうのと追加で25,000円が請求されます。これを追証と言います。

XMでは追証はない

しかし、XMでの取引の場合は追証がないので、証拠金の10万円が無くなるだけで追加でお金の請求が来ることはありません。

XMでは追証がないのです。

追証がないことのメリットとデメリット

追証がないことのメリットは以下の2点です。

追証がないメリット
・追証という「借金」を負うことがない
・常に安定した精神状態で取引できる

追証がないことの一番大きいメリットは「借金を負うことがない」ということです。

通常FXと言えば、非常にリスクの大きい取引だと言われています。実際に下の経験談にもあるように、自分の資産以上に大きく損をして、自己破産してしまうこともあります。

FXで破産・離婚、最悪の人生です。

もう5年前になりますか。

海外口座で500倍のレバレッジで一か八かの人生大勝負に出て、
チャートが予想と真逆に進んですぐに自動ロスカットされるはずが、
設定ができていなかったみたいでされずに、そのままずるずると・・

結局、含み損が半端なく、払えずに証券会社より1000万円以上請求され、
自己破産しました。

引用元:Yahoo!知恵袋

特に海外口座は危険性が高いと言われています。しかし、XMでは追証がないので、どれだけ損したとしても自分の支払っていた証拠金が無くなるだけです。

上の体験談のように、借金ができて自己破産ということもないので安心して取引できます。

また、安心感から安定した精神状態で取引できるため、焦りから一か八かの取引をして大損する心配も減らすことができます。

つまり、追証がないことのメリットは「リスクを最小化できる」ことです。

 

では、追証がないことのデメリットは何でしょうか?

追証できないデメリット
証拠金を全て失う可能性が高くなる

追証では追加で借金が発生することはありませんが、元手となる証拠金を全て無くすことはもちろんあります。

通常の追証がある場合には借金する可能性もあるので、リスクを考慮して慎重に取引をします。しかし、追証がないことでリスクを小さく見積もりすぎてしまうことがあります。

「損はしないから」という甘い考えで雑な取引をすることで、追証がある場合よりすぐに元手となる証拠金を失ってしまう可能性が高くなります。

 

しかし、証拠金を全て失う事はトレード知識を身に着けること、そして「損切り」を正しく行うことで回避できます。

正しいトレードの知識を身に着けて追証がないXMで取引をすれば、最小限のリスクで着実に利益を上げていくことができます。

まとめ

今回はXMの追証について説明しました。

FXは大損して自己破産する人もいるほど危険性が高いと言われています。しかし、XMでは追証がないので証拠金以上に損する心配はありません。

「海外FX会社は危険」という噂を鵜呑みにして、海外FX会社での取引を嫌がる人もいますが、実際には国内FX会社よりも安全な仕組みづくりがされている所も多いです。

最小取引単位が10通貨からで取引手数料も無料なので初心者も使いやすく、最大レバレッジ888倍で儲けも出やすく、そして追証がなく「ローリスク、ハイリターン」なところがXMの最大の売りです。

もしXMの口座をまだ開設していなければ、以下のボタンを押して今すぐに口座の登録をしましょう。