指値注文とは?

指値注文とは FX初心者

指値注文とは何かについて解説していきます。FXで投資をするときには注文方法が二つあります。指値注文と成行注文です。この記事で解説していくのは指値注文についてです。また、指値注文のメリット・デメリットについて解説していきます。メリット・デメリットを知ることで投資へどのように活かしたら良いのかがわかります。指値注文とは何かを知り投資へつなげていきましょう。

指値注文とは

指値注文とは売買の時にあらかじめ売値・買値を決めて注文を出し、その価格になると自動的に取引される注文方法のことをいいます。

例えば、1ドル=100円の時にドルを保有しているとします。その時に110円まで上がると予想すれば、110円を指値として売り注文することができます。逆に1ドルが90円まで下がると考えることができれば、90円を指値として買い注文することができます。

指値注文とは価格を決めて注文する

指値注文の時に重要なことは指値より高くならなければ、売り注文が実行されません。また、買いたい時にも指値よりも低くならなければ買い注文が実行されません。

指値注文のメリット・デメリットとは

指値注文のメリット・デメリットとは何でしょうか?
指値注文のメリット・デメリットを知ることで自分が投資をする際に指値注文をどのように活かすかを考えることができます。

概要だけを聞くと便利に思える指値注文ですが、デメリットもあります。メリット・デメリットを把握して投資への活かし方を考えていきましょう。

指値注文のメリット

自分で指値を設定でき、指値注文をすれば自動で売買することができることが指値注文のメリットです。指値注文を行うことで、長くチャートを見ている時間がない方や分析に自信を持っている方にとってはとても良い注文方法といえます。時間がなくても指値を設定しておけば投資をすることができます。

なので、変動が予想できる場合やずっとチャートを見ている時間がない方は指値注文をする方が良いでしょう。

自分の分析予想が正しければ、正しく指値を設定することができます。正しく指値を設定することができれば、指値注文で利益を残すことができます。

指値注文のデメリット

指値注文のデメリットは価格設定が難しいことです。売値を設定した場合には指値よりも価格が上がらないと売り注文が実行されません。逆に買値を設定した場合には指値よりも価格が下がらないと買い注文が実行されません。

1ドル=100円の時にドル保有していたとして、1ドルが110円になったら売り注文をしたいと考えたとします。そのように考えれば、110円を指値にします。しかし、もし110円にならなければ売り注文が実行されず、そのまま保有し続けることになってしまいます。1ドルが109円まで上がったとしても、110円まで上がらなければ売り注文が実行されません。

また、90円まで下がったら買おうと思って90円を指値にしたとしても90円以下まで下がらなければ買い注文が実行されません。

指値注文とは指値の設定が難しい注文方法である

そのため、確信のある注文をすることが指値注文を成功させる秘訣です。例えば、価格が上がると予想できる時でも、110円を売値にするのか108円を売値にするのかで変わります。

「110円まで上がるかどうか微妙だけれど、108円までは絶対上がる!」と思ったならば、欲張らずに108円を指値にすべきです。指値注文の場合は価格設定を慎重に行う必要があります。

まとめ

指値注文とはこれから自分で価格設定して、その価格より上に上がれば売り注文をし、その価格より下がれば買い注文になります。

そのため、自分の分析結果が投資に反映しやすいです。しかし、微妙な価格設定が重要となってくるので注意が必要です。1円でも価格がずれれば、注文が実行されないので、大きな損をすることになってしまいます。

自分で分析をしっかりと行い、自信が持てる範囲で指値を設定しましょう。