XMの口座が休眠したり凍結したりする理由とその解除方法を解説!

XMの凍結や休眠の対処法 XM

こんにちは、森下@the_trade_jp)です。

海外FXブローカーのXMでは、長い期間取引がされないと、休眠・凍結口座とされてしまいます。

XMで休眠口座や口座凍結となってしまう条件と、その対処法を紹介していきます。

XMで休眠口座、口座凍結となる理由と解除方法

XMで休眠口座、口座凍結となる理由と解除方法を説明します。

XMで休眠口座になる理由と対処方法

XMで休眠口座になってしまう条件は、「口座残高が0円でない場合で、過去90日間に一度も取引がない場合」です。

休眠口座になってしまうと、口座内のボーナスは全て消失します。また、毎月5ドル(=約550円)の口座維持手数料がかかってしまいます。

休眠口座にログインして取引をすることで、正常な口座に戻り、口座維持手数料もかからなくなります。0.01lotの少量の取引でもいいので、休眠口座にならないように定期的にトレードしておきましょう。

口座間の資金移動は、取引とは見なされないので注意が必要です。

XMで口座凍結となる理由と解除方法

XMで口座が凍結されてしまう条件は、「口座残高が0円で、過去90日間に一度も取引がない場合」です。

口座が凍結されると、口座内のボーナスは全て消失します。また、凍結されてしまった口座は復活させることができません。新たに取り引きを開始したい場合には、新規で口座を作り直しましょう。

口座凍結した場合のボーナスの扱い

口座開設ボーナス
新しい口座開設した際のボーナスはもらえなし
入金ボーナス
口座が凍結になった際の入金ボーナスのみ引き継がれる(上限あり)

また、XMの利用規約に違反する行為が発覚した場合、口座を凍結されてしまう場合があります。この場合はブラックリストに名前が載ってしまい、二度とXMで取引ができなくなってしまいます。

XMでの重大な利用規約違反

・別口座間での両建て

・別FX会社との両建て

・(他人になりすまして)口座開設ボーナスを複数回受け取る行為

XMの利用規約に違反すると永久的にXMの口座を持てなくなります。規約違反は絶対にしないようにしましょう。

もし万が一、XMの口座が凍結してしまったら、新しく口座を作り直しましょう。XMの口座の作成は、以下のボタンから完了させておきましょう。

【備考】上記のリンクからXMの口座を作成していただいた方には、無料で自動売買システム(EA)を配布しています。EAを希望する方はこちらをクリックして、LINE@に連絡ください。

XMで口座凍結した時に出金はできるのか?

「XMで口座凍結した時にどうにか出金できませんか?」という方もいますができません。

XMで口座凍結した時は基本的に口座残高が0円の時なので、出金できないというのは「XMの重大な規約違反をした」場合のことだと思います。

しかし、口座凍結した場合は凍結を解除する事ができませんので資金の移動もできません。
また口座にログインする事さえもできませんので、新しい口座を再度開設することになってしまいます。

口座の資金を新規開設した口座へ引き継ぐ事もできませんので、規約違反は絶対にしないようにしましょう。

XM口座凍結した場合は過去の履歴は確認できるのか?

確定申告の時期になると収入の証明の為に過去の取引履歴が必要になります。
しかし、口座凍結してしまった場合、自分で確認する事ができなくなります。

この場合は、他の口座を開設して、そちらからXMのサポートへメールを送ってください。
そうすると後日サポートから以下のメールが届きます。

〇〇様

お世話になっております。
お問い合わせいただきまして有難うございます。

凍結口座(XXXXXXXX、MMMMMMMM)につきましてはメールへレポートを添付させていただきましたので
ご確認をお願いします。

どうぞよろしくお願いします。

XM

そして登録していたメールアドレスに実際にレポートが添付されて送られてきますので、確定申告の時には印刷して使うことができます。

XMで凍結した口座を解約する方法

XMで凍結してしまった後、他の口座を作ったので取引はできるけど以前の口座を消したいという時の方法をご説明します。

まずは会員ページにログインし、その後に「マイアカウントの概要」をクリックしてください。
その後に「オプションを選択する」→「口座を解約する」よりリクエストを送ります。

そうすると登録しているメールアドレスにメールが届きますので、そのメールの「取引口座を解約する」のボタンを押すと解約完了です。

まとめ

今回は、XMの口座が休眠や凍結になってしまう条件と、その対処法を紹介してきました。

休眠口座になってしまうと口座維持手数料がかかってしまうので、少量でも取引をするようにしましょう。