XMの口座が休眠したり凍結したりする条件とその対処法

XMの凍結や休眠の対処法 XM

海外FXブローカーのXMでは、長い期間取引がされないと、休眠・凍結口座とされてしまいます。

XMで休眠口座や口座凍結となってしまう条件と、その対処法を紹介していきます。

XMで休眠口座となる条件と対処法

XMで休眠口座になってしまう条件は、「口座残高が0円でない場合で、過去90日間に一度も取引がない場合」です。

休眠口座になってしまうと、口座内のボーナスは全て消失します。また、毎月5ドル(=約550円)の口座維持手数料がかかってしまいます。

休眠口座にログインして取引をすることで、正常な口座に戻り、口座維持手数料もかからなくなります。0.01lotの少量の取引でもいいので、休眠口座にならないように定期的にトレードしておきましょう。

口座間の資金移動は、取引とは見なされないので注意が必要です。

XMで口座凍結となる条件と対処法

XMで口座が凍結されてしまう条件は、「口座残高が0円で、過去90日間に一度も取引がない場合」です。

口座が凍結されると、口座内のボーナスは全て消失します。また、凍結されてしまった口座は復活させることができません。新たに取り引きを開始したい場合には、新規で口座を作り直しましょう。

また、XMの利用規約に違反する行為が発覚した場合、口座を凍結されてしまう場合があります。この場合はブラックリストに名前が載ってしまい、二度とXMで取引ができなくなってしまいます。

XMでの重大な利用規約違反

・別口座間での両建て

・別FX会社との両建て

・(他人になりすまして)口座開設ボーナスを複数回受け取る行為

XMの利用規約に違反すると永久的にXMの口座を持てなくなります。規約違反は絶対にしないようにしましょう。

まとめ

今回は、XMの口座が休眠や凍結になってしまう条件と、その対処法を紹介してきました。

休眠口座になってしまうと口座維持手数料がかかってしまうので、少量でも取引をするようにしましょう。