一目均衡表とは

一目均衡表とは テクニカル分析

一目均衡表とは、テクニカル分析の手法の1つで人気の手法です。
今回は一目均衡表とは一体何なのか、そして一目均衡表の見方を簡単に説明します。

一目均衡表とは

一目均衡表とは何か、また一目均衡表の見方を説明します。

一目均衡表とは何か

一目均衡表とは一目山人という人が開発したテクニカル分析手法です。
下の画像のように一目見て相場の流れが分かることから一目均衡表と名づけられました。

一目均衡表の線の名称

上の画像を見ても線が多すぎて一目では分からないと感じる人もいるでしょう。
簡単にそれぞれの線が何を意味しているのかを説明します。

転換線・・・過去9日間の高値と安値の中間値

基準線・・・過去26日間の高値と安値の中間値

先行スパン1・・・転換線と基準線の中間値を26日先に記入したもの
(転換線+基準線)/2を26日先に記入したもの

先行スパン2・・・52日間の転換線と基準線の中間値を26日先に記入したもの
(52日間の転換線+52日間の基準線)/2を26日先に記入したもの

遅行スパン・・・当日の終値を26日前にさかのぼって記入

そして相場の上昇、下落を一目均衡表で見る上で重要な指標として「雲」があります。

雲とは先行スパン1と先行スパン2で挟まれた部分のことを言います。
下の画像でいうと赤色の部分のことです。

一目均衡表の雲はどこか?

以上説明した5つの線、そして雲の関係性を見ることで今後相場が上昇するのか下落するのかを分析することができます。

一目均衡表の見方

一目均衡表の見方の原則を説明します。
相場が上昇するのか下落するのかを確認する上で重要になるのが以下の3つのポイントです。

・転換線と基準線の関係性
・遅行スパンとローソク足の関係
・ローソク足と雲の関係

ローソク足とはチャートを示すものとして一番有名なものです。
下の画像の〇で囲まれている、四角と棒で示されているものになります。

一目均衡表でのチャート

このローソク足と遅行スパン、雲の関係性、そして転換線と基準線の関係性に注目して価格を事前に予想することができます。

 

相場が上昇するときの条件から説明します。

以下の場合には、その後、相場が強く上昇していきます。

①転換線が基準線より上
②遅行スパンがローソク足より上
③ローソク足が雲より上

次のような画像の場合は相場が強く上昇する可能性が高いです。
まず水色の線で示された転換線が暗い赤色で示された基準線より上にあります(赤①)。また黄緑の線で示された遅行スパンがローソク足より上にあります(赤②)。最後にローソク足が雲より上にあります(赤③)

一目均衡表上昇傾向のとき

このように3つの条件がそろうと相場が強く上昇する可能性が高いです。

ただしこの3つの条件が同時にそろうというには中々にありませんし、3つの条件がそろうのを待っていると購入するタイミングが遅いことが多いです。
その為2つの条件がそろっているのを見つけたら、3つ目の条件がそろうのを待ち、そろった瞬間に買うようにしましょう。

 

相場が下落する時の条件を説明します。

一方で以下の場合には、その後、相場が強く下落していきます。

①転換線が基準線より下
②遅行スパンがローソク足より下
③ローソク足が雲より下

次のような画像の場合には相場が強く下落する可能性が高いです。

まず水色の線で示された転換線が暗い赤色で示された基準線より下にあります(赤①)。次に黄緑の線で示された遅行スパンがローソク足より下にあります(赤②)。最後にローソク足が雲より下にあります(赤③)。

一目均衡表下落傾向の時

3つの条件のうちどれか一つでも当てはまるとその後相場が下落する可能性があります。
特に2つ以上同時に当てはまると高確率で下落します。売りのサインになるので注意しましょう。

まとめ

一目均衡表とは何か、また一目均衡表の見方を今回はご説明しました。
少し難しいと感じる部分もあるかと思いますが、ポピュラーなテクニカル分析の手法なので、繰り返し読んで理解しましょう。