XMでおすすめのレバレッジと変更の仕方

xmレバレッジのおすすめと変更方法 XM

今回は、XMトレードのレバレッジについて紹介していきます。

XMでは最大888倍のレバレッジをかけた取引ができますが、どれくらいのレバレッジをかけたらいいのかがわからない方や、変更の仕方がわからない方も多いでしょう。

そんな方も、この記事を読めば全て疑問が解決します。

XMで取引可能なレバレッジは何倍?

XMでは最大888倍までレバレッジをかけて取引することができるので、「888倍での取引しかできない」と勘違いされている方もいますが、実は下の表のように1倍〜888倍まで16個のレバレッジを選ぶことができます。

1倍 2倍 3倍 5倍
10倍 15倍 20倍 25倍
50倍 66倍 100倍 200倍
300倍 400倍 500倍 888倍

XMでは「スタンダード口座」「マイクロ口座」「Zero口座」の3つが提供されており、上の16個の倍率を選べるのはスタンダード口座とマイクロ口座になります。Zero口座は888倍以外の15個の中から選ぶことができます。

 

XMで取引する上でのおすすめレバレッジは何倍?

XMでのおすすめのレバレッジは、ズバリ888倍です。

日本のFX会社ではほとんど全てで採用されている「追証」というシステムが、XMでは免除されています。レバレッジをかけて取引をすると、当然ながら証拠金以上の金額を負けてしまう可能性があります。実際に証拠金以上に負けてしまった時に、「その損失を補ってくださいね」という請求をされるのが追証です。

つまり、追証はないほうが嬉しいんですね。この追証がXMでは免除されているので、証拠金以上に負けてもその損失はXMが補ってくれます。

ではレバレッジはかけれるだけかけたほうがいいですよね。必要な証拠金を少なくして大きな取引が可能になります。つまりおすすめは888倍なのです。

XMでレバレッジを変更したい場合は?

XMで「レバレッジ888倍で取引したいのに、間違えて1倍で開設してしまった…。」などということもあるでしょう。そんなあなたは、レバレッジを変更しましょう。

まずはXMのマイページにログインします。

XMのレバレッジ変更方法「口座」をクリック

すると以下のような画面になるので、「レバレッジ変更」をクリックし、希望する倍率を選択してリクエストを送信すれば完了です。

XMのレバレッジ変更完了画面

変更自体はシステムが自動で完了するものではなく、XMが手動で確認しながら変更をするので、リクエストを送って即時変更とはなりません。

XMなのにレバレッジ888倍で取引できないのはなぜ?

XMで取引しているのに、レバレッジ888倍を選択できない場合があります。それに対して考えられる原因は、大きく分けて3つあります。ではそれぞれの理由を見ていきましょう。

口座開設時に888倍以外を選択した

当たり前ですが、888倍を希望しなければ888倍にはなりません。もしあなたが口座開設時に他の倍率を希望していた場合、888倍にはなっていないはずなので、上で紹介した方法で変更リクエストを送ってみましょう。

これだけで解決できます。

200万円以上の口座残高がある

普段お使いの口座の残高が200万円を突破すると、888倍ではなく最大レバレッジが200倍に強制的に引き下げられます。

正確にいうと2万ドルを突破した時点でレバレッジの引き下げが行われます。これはポジションを保有中かどうかは関係ないので、2万ドルの残高があっても、たくさんの含み損を抱えているとロスカットを食らってしまう可能性があるので注意が必要です。

また口座残高が10万ドル(1000万円ほど)以上となると、最大レバレッジは100倍まで引き下げられることも知っておきましょう。

2万ドル以上の口座残高があると888倍では取引できないので、888倍で取引したい方は口座残高が200万円を突破した時点で出金するしかありません。

Zero口座を開設している

冒頭でも紹介した通り、XMでは「スタンダード口座」「マイクロ口座」「Zero口座」の3つが提供されています。その中でZero口座は888倍が選択できない仕様になっているので、Zero口座を開設してしまった場合は新しく口座を作り直すしかありません。

XMの口座開設に関してはこちらで詳しくまとめてあるので、ぜひ参考にしてください。

スマホ対応!XMの口座開設方法やかかる時間を紹介!

2018.07.28

まとめ

今回は、XMで取引できるレバレッジについて紹介してきました。1倍から888倍までまで16種類のレバレッジの中から選択が可能でした。

実際におすすめなのは888倍での取引なので、ぜひまだ口座開設をしていない方は、この機会に口座開設を完了させておきましょう。