MT4とMT5の違いとおすすめ

MT4とMT5の違い 自動売買

こんにちは、森下@the_trade_jp)です。

今回は、MT4とMT5の違いについて紹介していきます。MT4が開発された後にMT5は開発されました。そのため、MT5ではMT4からいくつかの機能がアップデートされています。

しかし現在、MT5よりもMT4の方がシェアの割合が大きいです。

MT4とMT5の違いについて見ていくのはもちろんですが、シェアの割合がMT4の方が大きい理由についても述べていきます。これからMetaTraderを使用しようと考えている人にとって、MT4を使用すべきかMT5を使用すべきかどうかというのは一つの問題でしょう。

MT4かMT5の違いを把握して、どちらのMetaTraderを使ったら良いのかについてみていきましょう。

MT4とMT5の具体的な違いについて

具体的なMT4とMT5の違いについて見ていきます。MT4とMT5を比べてみると、基本的な部分は変わりません。しかし、MT4からMT5に変わってアップグレードされています。

MT4とMT5の違いは三つです。

MT4とMT5の違い
  1. 時間足の数
  2. インジケーターの保存のしやすさ
  3. 動作スピードの向上

それぞれの違いについて詳しくみていきましょう。

MT4よりもMT5の方が時間足の数が多い

MT4とMT5の違いの一つは、MT4よりもMT5の方が時間足の数が多いです。MT4の時間足の数が全9種類なのに対して、MT5の時間足の数は全21種類になっています。

まずはMT4の時間足から見ていきましょう。

MT4の時間足
1分、5分、15分、30分、1時間、4時間、日、週、月

そして、MT5の時間足を見てみます。

MT5の時間足
1分、2分、3分、4分、5分、6分、10分、12分、15分、20分、30分、1時間、2時間、3時間、4時間、6時間、8時間、12時間、日、週、月

MT4よりもMT5の方が時間足の数がとても多くなりました。時間足が多くなることによる利点はより細かくチャートを見ることができるという点です。より細かく自分が好みに合わせてカスタマイズすることができるので、精度が高い分析ができるようになります。

より精度が高い分析ができることはMT5のメリットです。

インジケーターの保存がしやすくなった

MT4とMT5の違い①:インジケータの保存がしやすくなった

MT4とMT5の違いの二つ目は、保存のためのフォルダを自分で追加できるようになったことです。

MT5では「インジケーターの保存がしやすくなった」ということです。MT4では自分でフォルダを作成して保存することができず、作成したインジケーターの保存を既存のフォルダにそのままするしかありませんでした。

しかし、MT5ではフォルダを自分で追加することができるようになりました。フォルダを自分で追加することで、作成したインジケーターの整理がしやすくなりました。

フォルダを作成し、整理しないと作ったものがバラバラになってしまいます。例えば、自分のPCも一緒です。自分のPCでフォルダを作成できないとしたら、デスクトップ上はどうなるでしょうか。バラバラになってしまい整理できません。フォルダを自分で追加できるようになったため、自分で整理しやすくなりました。

MetaTraderを使いたての人はそれほど数が少ないのでわからなくなることはありませんが、長期間使うとたくさんのEAやインジケーターを作ることになります。フォルダの追加ができることはMT4とMT5の大きな違いになります。

動作スピードが上がった

MT4とMT5の違いの三つ目は、基本的な動作スピードが早くなったことです。MT4では少し動作の遅さを感じられたのに対して、MT5ではサクサクと動いていきます。大きく変化をしているわけではありませんが、よりスムーズに操作をすることができます。

一方で、動作(ソフトウェア)のスピードが上がったとことでPC(ハードウェア)のスペックの問題が懸念されていました。つまり、ソフトの処理速度が上がった分、「PCのスペックを上げる必要がある」と考えられていました。

しかし、その心配はほとんど必要ないです。今のPCをそのまま使用することができます。

今お使いのPCをそのまま利用してサクサクと動くソフトで分析をすることができます。

MT5を使える会社は少ない

海外のFX会社のほとんどでMT4が標準プラットフォームとして利用されているのに対し、MT5を利用できる会社は少ないです。有名なブローカーでいうとXM、FXpro、FBSなどがMT5を取り扱っています。

ちなみにMT5を使える会社の中ではXMが圧倒的におすすめなので、MT5の使用を検討している方は、ぜひ以下のリンクからXMの口座を開設してみてください。

違いの大きいMT5よりもMT4の方がシェアが大きい理由

MT4とMT5で三つの大きな違いがあるので、MT5を使用する人の方が多いのではないかと思います。それなのにも関わらず、実際はMT4の方がシェアが大きいです。MT4の方がシェアが大きい理由は二つあります。

MT4の方がシェアの割合が大きい理由
  1. MT4のインジケーターやEAをMT5へ移行することができない
  2. MT5の方がインジケーターやEAの種類が少ない

それぞれの理由について具体的に見ていきましょう。

MT4のインジケーターやEAをMT5への移行ができない

EAやインジケーターをMT4からMT5へ移行できない

MT4で作成したインジケーターやMT5への移行ができないというのは大きな問題です。MT4で作成したEAやインジケーターがMT5で使用することができないとなると、せっかく長い間MT4を使用してきた人にとって不利益になります。

つまり、長く使っている人ほどMT4からMT5へ移行することが減ります。FX業界ではMT4を使ってきた人が多いため、MT4とMT5に違いがあっても移行する人が少なく、MT4の方がシェアが大きいです。

インジケーターやEAの種類が少ない

カスタムインジケーターやEAの数が少ないというのもデメリットの一つです。まだまだこれから、MT5はアップグレードを重ねていくことは想定できます。アップグレードを重ねることで、カスタムインジケーターやEAの数も増えるでしょう。しかし、今はまだMT5のインジケーターやEAの方が数は少ないのが現状です。これはMT4とMT5の違いのマイナス面です。

EAやカスタムインジケーターの数が多い方が良いと考える人は多いでしょう。少ないよりも多い方が困らないと考えるのは当然です。そのため、MT5へ移行したいと考える人の方が少ないのです。

違いを踏まえて、MT4とMT5のどちらを使用すべきか?

MT4とMT5の違いはあるが、結局どちらを使用すべきか

MT4とMT5の違いを考えたとき、MT5とMT4どちらを使用すべきかと悩む人も多いです。MT4とMT5の両方にメリットとデメリットがあるからです。

すでにMT4を使っている人はそのまま使用すべきでしょう。MT5への移行によるデメリットが大きすぎるからです。

しかし、まだMetaTraderを使っていない方にも、はMT4を使用することをあえて推奨します。何故ならば、MT5の情報が少ないからです。これからMetaTraderを使用する人は、多くの実力を持ったトレーダーが使っているMT4を使用すべきです。

もちろん機能がアップグレードされているのでMT5を使用するのも良いですが、すでにMT4を使用してうまくいっている人の真似をするのがベストです。

違いの大きいMT4とMT5の今後

違いのあるMT4とMT5の今後について考えてみましょう。

僕はMT4を使用した方が良いと思いますが、開発者は違います。MT5をせっかく開発したのに、ユーザに使われないのであれば、開発者にとっては悲しい話です。

そのため、MetaTraderの開発元であるMetaTrader社では、MT4の配布を中止しています。またMetaTrade社は、今後MT5の開発に注力していくと同時に、MT4の開発は終了することを宣言しています。

これらより、開発者はMT5を使ってほしいと思っていることがよくわかります。

しかしMT4のユーザーはまだ多いため、MT4がすぐになくなることはないでしょう。ただMT5のシェアは今後増えていくのは間違いありません。

そうなった場合に、再度どちらのMetaTraderを使用するか検討しても遅くないでしょう。

まとめ

今回MT4とMT5の違いを解説しました。

アップグレードされている分、機能面ではMT4よりMT5のほうが優れています。しかし、機能がアップグレードする一方で、MT5を使用することによる弊害もあります。

動作が早くなり、時間足の数が増え、インジケーターやEAの保存がしやすくなったのがMT5です。ただ、MT5はMT4との互換性が悪く、MT4を長年使ってきた人にとってとても不便です。それに、これからMetaTraderを使用する人も情報が少ないMT5を使うのは少し危険です。

どちらが良いのかをよく考えて、自分に合うMetaTraderを使用しましょう。何度も言う通り、僕はMT4の使用を現時点ではおすすめします!