MacからVPSに接続する方法

MacからVPSに接続する方法 FX

今回はMacでVPSを使用する方法を紹介していきます。VPSは、FXの自動売買をする上で都合がいい「お名前.com for FX」を使って解説をしていきます。

MacからVPSを契約しよう

MacからVPSを契約しよう

まずはMacから、自動売買にしようするVPSを契約しましょう。すでにVPSを契約している場合は、それを使っていただいたら大丈夫です。

当サイトでおすすめしているVPSは、「お名前.com for FX」になります。以下のボタンから契約できるのできます。

MacからVPSに接続する方法

MacからVPSに接続する方法を紹介していきます。

Windows Remote Desktopをインストールする

MacからVPSに接続するには、Windows Remote Desktopというアプリが必要です。まだパソコンに導入していない方は、今からインストールはしましょう。インストールはこちらからできます。

https://itunes.apple.com/jp/app/microsoft-remote-desktop-10/id1295203466?mt=12

下のアイコンのアプリがインストールされたら完了です。

MacからVPSに接続する方法

Windows Remote Desktopを起動して接続先を設定する

Windows Remote Desktopのインストールが完了したら、アプリを起動して接続先を設定していきます。

Windows Remote Desktopを起動しましょう。すると以下のような画面になるので、左上の「New」を選択します。

Windows Remote Desktopを起動する

「New」を選択すると次のような画面になるので、必要な情報を入力していきます。入力の仕方は以下にまとめておきます。

・Connection nameは自由に入力します。

・PC nameは接続情報の「接続先」を入力します。

・Gatewayはそのまま「No gateway configured」でOKです。

・User nameは接続情報の「ユーザー名」を入力します。

・Passwordは接続情報の「パスワード」を入力します。

その他は触らなくて大丈夫です。

Remote Desktopの情報を入力する

これら全て入力したらウィンドウを閉じて、以下の画面の「Start」をクリックして完了です。

Startを押して完了

まとめ

今回は、MacからVPSを使用する方法を紹介してきました。

特に難しい手順はないので、ぜひ今回の記事を参考にして、VPSを使えるようにしましょう。