FXの税金の計算や確定申告の方法

FX税金の計算と確定申告 FX

FX取引を始めると、税金について以下のような心配が出てきます。

・何円稼いだら税金を払わないといけないの?
・どれくらい税金を払わないといけないの?
・アルバイトしてるんだけどその給料は?
・確定申告をしないといけない?

今回はそんなFXの税金について、特に苦手な方も多い税率の計算や確定申告の話もわかりやすく説明していきます。
学生や主婦の方でFXをされている方も、必見です。

FXの税金と税率

早速ですが、FXの収入に税金はかかるのかやその税率、何円以上稼いだ時に税金を払わないといけないかを説明します。

FXに税金はかかる

FXで利益が出たら、原則自分で確定申告をして税金を払う必要があります。
もし確定申告をせずにほっておくと、「無申告加算税」や「延滞税」など無駄な税金を取られてしまい、最悪の場合「脱税」として有罪になってしまうことがあります。

忘れずに税金を払いましょう。

税金の対象になるのは、以下の2つです。

・為替差益

・スワップポイント

順番に「為替差益」と「スワップポイント」を説明していきます。

為替差益というのはFXのトレードをして生まれた利益のことです。例えば、1ドル=100円の時に1万ドル(=100万円)で購入し、1ドル=110円になって1万ドルで売却すると、10万円の利益がでます。
これが為替差益です。

重要なのが、取引が確定しているかどうかです。
仮に1万ドルを持っていても、まだ売却していなければ利益は出ていないので、取引が確定していない場合は税金の対象にはなりません。

 

スワップポイントとは金利収入のことです。新興国など高金利の国の通貨を買っていれば、毎日一定金額の金利を受け取ることができます。このスワップポイントも税金の対象になります。

 

FXの税率について

FXの税率は20.315%です。
ちなみに20.315%のうち、所得税が15.315%で住民税が5%です。

 

FXで税金がかかる人とかからない人

FXの利益が出た人が全員、税金を払わないといけないわけではありません。
次の条件に当てはまる人は税金を支払う必要がありません。

①年収2,000万円以下のサラリーマンで、給与所得以外の所得が20万円以下の人。

②専業主婦や無職の方で所得が38万円以下の人。

③パート収入が65万円以下で、FXなどの所得が38万円以下の人。

まずは①のパターンです。年収2,000万円以下のサラリーマンで、給与所得以外の所得が20万円以下の場合ですね
給与所得以外の所得がFXの儲けに当たります。
つまり、年収2,000万円以下のサラリーマンで、FXの儲けが20万円以下の人は税金は払わなくて良いのです。

 

次に②の場合です。専業主婦や無職の方で所得が38万円以下の場合ですね。
こちらは書いている通り、パート等で働いていない方でFXの収入が38万円以下の方です。

 

最後は、③のパターンです。パート収入が65万円以下で、FXなどの所得が38万円以下の場合ですね。
パートや学生でアルバイトをしている方はこちらに当てはまります。

 

学生、主婦のFXの税金

学生や主婦はサラリーマンと違ってFXの税金の制度が少し複雑なので、詳しく説明していきます。
(サラリーマンはFXの稼ぎが20万円以下かどうかで決まります。)

学生、主婦のFXの税金の仕組み

まずは学生、主婦の税金の仕組みをご紹介します。

学生、主婦は基本的に誰かの扶養家族になります。
簡単に説明をする為に夫、妻(=主婦)、息子(=学生)という3人家族を想像してみてください。
この場合、妻(=主婦)と息子(=学生)が夫の扶養家族となります。

学生、主婦の税金の仕組み

夫は勤めている会社で妻と息子を扶養家族として申請する事で、会社の給料から引かれる税金を少なくできます。一方、妻と息子も本来だと払わないといけない税金を扶養家族になることで払う必要がなくなります。
このように扶養家族として登録する事によって、夫も妻も息子も税金面で得をしています。

 

ただし、この扶養家族となれるかどうかには、収入の多さが関係してきます。
アルバイト等していなければ38万円、アルバイト等していれば65万円+38万円=103万円以上の収入があると扶養家族にはなれません。

ちなみに今扶養家族の方が不要家族で無くなった場合は以下のデメリットが出てきます。

扶養者(夫)⇒税金がこれまでより高くなる。

被扶養者(妻、息子)⇒自分で税金を払わないといけない。

その為FXの収入は考えて調節しないと税金を払う必要がでてきて、損してしまうことになるのです。

 

先ほどご説明した通り、アルバイトをしていない場合にはFXの収入が38万円までであれば税金はかからないので分かりやすいと思います。

アルバイト、パートをしている場合が少しややこしいので説明していきます。

 

アルバイトやパートをしている学生、主婦のFXにかかる税金の計算

ご説明した通り基本的には次の2つの条件を満たしていれば税金はかかりません。

・パートの収入が65万円以下

・FXの利益が38万円以下

なぜ38万円と65万円なのかというと38万円が基礎所得控除、65万円が給与所得控除と呼ばれるもので、扶養家族は全ての収入から基礎所得控除(38万円)と給与所得控除(65万円)をひいたものを税金の対象とするからです。
なので103万円(38万円)以下の収入の場合は扶養家族となれますし、税金も払わなくていいのです。

税金を支払うのは103万円より収入が大きい時

 

では続いて、103万円をこえると税金がかかる理由を説明していきます。

まず最初にお伝えしておきたい事がFXの収入への税率は20.315%という事です。今からご説明するのは、FX収入の税率の他に支払いが必要になる分についてです。

学生の場合

・アルバイトをしている学生の収入が103万円以上になった場合

103万円を超えると親の扶養から外れてしまいます。
親の扶養から外れる事によって、親が会社に払う所得税が1年で38万円増えます。

ただし、本人は勤労学生控除が受けられるので、130万円までは所得税を払う必要はありません。

・アルバイトをしている学生の収入が130万円以上になった場合

所得税を支払う必要があります。
また国民健康保険などの社会保険料も自分で支払う必要がでてきます。

 

主婦の場合

主婦の場合注意しておかないといけないポイントが2つあります。

一つ目が「配偶者控除」という制度です。「配偶者控除」とは配偶者の給料に合わせた額だけ会社に勤めている本人の税金が減らされるというシステムです。下の図に配偶者の収入と本人の収入の関係でどれだけ、税金が減らされるのかを書いています。

配偶者控除

例えば、配偶者の給料が103万円超150万円以下で、本人(会社で勤めている人)の給料が900万円以下であれば38万円の配偶者控除が受けられます。

もう一つのポイントになるのが「自分が支払う税金」です。

給料が103万円を超えると自分で所得税の支払が必要になります。また93万円~100万円で住民税の支払いが必要です。そして健康保険や厚生年金などの社会保険も106万円、あるいは130万円以上稼ぐと自分でお金を払って加入することになります。

 

ここまで色々と説明してきて少し分かりにくくなってしまったので、以下にまとめてみます。

・基本的にFXの収入が38万円以下であれば税金はかからない。

・親、配偶者の扶養を外れる可能性があるので収入は調節する方が安心して取引できる。

 

FXの確定申告

FXで利益を得たとき、場合によって確定申告をする必要があります。

確定申告

確定申告とは自分の収入を自己申告して、その収入にかかる税金を自分で支払う事を言います。
毎年2月中旬~3月中旬に行います。

確定申告するのは、前の年に稼いだ収入の分です。
例えば2019年の2月~3月に確定申告するのは、2018年の1月1日~12月31日の収入の分です。

ここでは、確定申告について以下の内容をご紹介します。

・どんな時に確定申告が必要なのか?
・確定申告の方法

確定申告が必要になる条件

これは繰り返しお伝えしていますが、以下の条件に当てはまらない場合は確定申告が必要です。

①年収2,000万円以下のサラリーマンで、給与所得以外の所得が20万円以下の人。

②専業主婦や無職の方で所得が38万円以下の人。

③パート収入が65万円以下で、FXなどの所得が38万円以下の人。

この場合、自分で確定申告をして税金を払ってください。

1年を通産して、損益が大きかったという時も確定申告を忘れなくしてください。節税になるからです。
他に商品先物などを取引していたら、その分と合算で税金の計算ができますし、他にも損益は3年繰り越せますので、来年以降の税金を下げる事もできます

FXの確定申告の方法

では早速、確定申告の方法についてお伝えしていきます。

①国税庁のホームページにアクセスし書類を作成

国税庁のホームページはこちらから

基本的にはこちらのサイトに申請のやり方やどの書類を準備すればいいのか?が書いてますので説明にしたがって申請をしていってください。

住民税の徴収方法を[自分で納付]に◯をつけて提出して下さい。

ここで間違えると会社に通知が行ってしまい、副業収入があることがばれてしまう恐れがあります。ばれるとまずい方は、気をつけてください。

②必要書類を送付

書類の送付方法は以下の3つです。

1.管轄の税務署
2.税務署へ郵送
3.e-taxで申告

お好みの方法で申告してください。

③税金を納付する

税金の納付方法は以下の4つです。

1.指定の口座へ振替納税する
2.税務署で現金で支払う
3.クレジットカードで支払う
4.電子納税する

以上で確定申告は終わりです。

 

まとめ

今回はFXの税金の税率や確定申告について解説しました。

確定申告を忘れて税金を払わないと、最悪の場合「脱税」として罪に問われる事もあるので、以下の条件に当てはまらない時は確定申告を忘れずにしましょう。

確定申告が不要な場合
・年収2,000万円以下のサラリーマンで、給与所得以外の所得が20万円以下の人
・専業主婦や無職の方で所得が38万円以下の人
・パート収入が65万円以下で、FXなどの所得が38万円以下の人