XMでMT4が動かない、ログインできない、回線不通になる場合の解決方法

XMでMT4にログインできないとか回線不通とか動かない場合の解決方法 XM

XM MT4で取引しようとした時に「動かない」あるいは「ログインできない」状態になってしまい、
困ったという経験はありませんか?
あるいはこの記事にたどりついたということは今まさにお困りなのかもしれません。

 

今回はMT4が動かない、ログインできない場合の対処法を以下の3つに分けて説明していきます。

・「無効な口座」と表示され動かない場合

・「回線不通」と表示され動かない場合

・正常状態なのに動かない場合

「無効な口座」と記載されている場合でも「回線不通」と同じ原因の時もありますので、3つとも確認していただくと確実です。

XM MT4が「無効な口座」で動かない場合

まずは下の画像のように、右下に「無効な口座」と出ている場合の原因と対処法をご紹介します。

「無効な口座」と表示される

ログイン情報が間違っている

「無効な口座」と出ている場合のほとんどがログイン情報が間違っています。

ログイン情報とは具体的には以下の3つの情報を言います。
・ログインID
・パスワード
・サーバー

ログインする時にこの3つの情報を入力するのですが、3つのどれかが間違っている場合「無効な口座」と出てきます。

デモ口座はほとんどの場合、口座を開設した時点で自動でログイン情報が保存されるので、ログイン情報が間違っていてMT4が動かないのはほとんどリアル口座です。

リアル口座の場合は、似た名前のサーバーがいくつもあるので、サーバーを間違えているケースがありますので、よく確認してください。

 

 

この場合の対処策は簡単で、ログイン情報を確認して間違っていれば正確に入力してください。
↓の画像のように「ファイル」⇒「取引口座にログイン」から入力できます。

取引口座にログイン

 

メモなどをしていなくて、ログイン情報が分からない場合焦るかもしれませんが、大丈夫です。
口座開設時に届いたメールに「ログインID」「パスワード」「サーバー」の全てが書かれています。

焦らずにメールを確認してみましょう。

 

メールもない場合は、XMへ直接問い合わせてみてください。

お問合せはこちらから

 

口座を有効化していない

口座の登録をしてから「本人確認書類の提出」をしていない場合「無効な口座」と出てきます。

すぐに本人確認書類を提出し、口座を有効化してください。

 

古いバージョンのMT4でログインしようとしている

XMは2015年11月26日からURL変更に伴い、MT4のバージョンが変わっています。

以前のバージョンでは取引が出来ませんので、最新の「XM Trading MT4」をダウンロードしましょう。

ダウンロードはこちらから

 

口座開設時にMT5を選択している

口座を開設した時にMT5を選んだ場合、MT4では取引が出来ません。

MT5をダウンロードして取引を始めるかMT4の口座を改めて開設して取引をはじめてください。

 

長期間使用していない

長期間使用していない場合、口座の有効期限が切れてしまっていて「無効な口座」と出てくる場合もあります。
前回のトレードから以下の日数が立っている場合有効期限が切れ、使えなくなります。

リアル口座であれば90日

デモ口座であれば120日

リアル口座の場合

有効期限が切れると口座に残高が残っている場合には休眠口座となり、毎月5ドルの口座維持費がかかりますので、早めに再開するようにしましょう。休眠口座へ入金するかトレードすることで再開できます。

休眠するとXMPとたまっていたポイントはなくなりますので、休眠口座にならないように定期的に取引しましょう。

 

 

休眠口座になった後、残高が0円になってから90日経過すると休眠口座から凍結口座になります。
凍結口座になると口座へのログインは出来なくなります。

凍結口座になってしまった場合は新しく口座を開設しましょう。

口座開設の仕方なんて忘れてしまったという方はこちらの記事で分かりやすく説明しているのでご覧ください。

スマホ対応!XMの口座開設方法やかかる時間を紹介!

2018.07.28

 

デモ口座の場合

120日を過ぎた時点で口座へログインできなくなります。
改めてデモ口座を作るか、この機会にリアル口座を開設しましょう。

 

短期間のメンテナンス中

基本的にはありませんが、たまに短期間メンテナンスで「無効な口座」と出て動かなくなることがあります。
その場合は10分ほど待ってから改めてログインしてみましょう。

 

XM MT4が「回線不通」で動かない場合

続いては下の画像のように「回線不通」と表示された場合の原因と対処法をご紹介します。

回線不通と表示された場合

取引がされていない日

そもそも取引がされていない場合も「回線不通」となる場合があります。

土、日やクリスマスなど取引が休みの日はチャートも動きません。

 

さらに詳細の営業日や営業時間はこちらの記事で解説していますので、よろしければご参照ください。

XMの取引時間や曜日をチェックしよう

2018.08.11

サーバーが不安定で接続できていない

業者のサーバーがなんらかの原因でダウンしている場合です。

リアル口座の場合はこのパターンはほとんどありませんが、デモ口座の場合はリアル口座とは別のサーバーを使用していることも多く、サーバーがダウンすることはあります。

この場合1,2分時間を空けてから再度ログインしてみてください。

 

あまりにもデモ口座の接続が不安定な場合には、リアル口座を開設してみましょう。

下の記事で開設方法を説明していますので、ご参照ください。

スマホ対応!XMの口座開設方法やかかる時間を紹介!

2018.07.28

ネット接続に問題がある

そもそも利用者のネット回線に問題があり、ネット接続ができていない場合です。

LANケーブル、無線LANなどの接続を確認してみましょう。

 

デモ口座の有効期限が過ぎている

デモ口座の場合、前回のトレードから120日過ぎた時点で、口座にログインできなくなり、「回線不通」あるいは「無効な口座」とでてきます。
この場合、改めてデモ口座を開設しましょう。

デモ口座は以下の手順で開設することができます。

まずは左上の「ファイル」⇒「デモ口座の申請」をクリックしてください。

ファイルをクリック

 

「次へ」をクリック

「次へ」を選択

 

下部分の「新しいデモ口座」がチェックされている状態で「次へ」をクリックする

「新しいデモ口座」を選択して「次へ」

 

必要な情報を記入して、「貴社からのニュースレター受取りに同意します。」にチェックをいれてクリック

 

 

以上でデモ口座の開設は完了です。

 

 

 

XM MT4が正常なのに動かない場合

ここまで「無効な口座」状態や「回線不通」状態の場合の対処法をご紹介しました。
ではそのどちらでもない場合は、どうやって対処していけばいいのでしょうか?

「無効な口座」、「回線不通」状態以外の場合の対処法をご紹介します。

MT4が重たくてフリーズしている

「無効な口座」とも「回線不通」とも出てきていない場合は、
「MT4が重たくてフリーズしていることが原因」だと考えられます。

 

その為今から説明する設定を変更する事でMT4を軽くしてください。

 

最大バーの変更

続いて最大バー、最小バーの変更をしてみましょう。
MT4を軽くする為に一番有効だと思います。

最大バーには2種類あります。
1つが「ヒストリー内の最大バー」でもう一つが「チャートの最大バー」です。

ヒストリー内の最大バー数」というのはMT4が保存しておくデータの本数で、「チャートの最大バー数」というのはチャートに表示されるデータの本数のことです。

細かい説明は置いておいて、両方とも同じ画面で設定が変更できるので変更の仕方をご紹介します。

 

まずは、下の画像の上の方にある「ツール」にカーソルを合わせて「オプション」をクリックします。

「ツール」から「オプション」を選択する

 

「オプション」ウインドが表示されたら「チャート」のタブをクリックしてください。

「オプション」を選択し、「チャート」を選択する

 

一番最初はヒストリー内の最大バー:512000、チャートの最大バー:65000と設定されていますが、これはかなり多めですので、少なくしても問題ありません。

 

両方とも2000まで減らしましょう。

基本的に2000までであれば取引に影響がでないと言われています。
もし心配な人がいれば、2000まで下げずに5000とか10000とかにしておきましょう。

10000でも十分に効果はあると思います。

 

音声設定の無効

MT4には音声通知機能がデフォルトでついていて、音声通知がかなり重いです。
以下の方法で音声通知機能をオフにしましょう。

まずは先ほどと同様に「ツール」から「オプション」をクリックしましょう。

するとオプションのウインドが表示されるので「音声設定」のタブをクリックしてください。上部の「有効にする」のチェックマークを外して右下の「OK」をクリックすれば設定完了です。

「オプション」から「音声設定」を選択

 

他にも特に使っていない機能や出たままになっているチャートやインジケーターを消す事でMT4を軽くすることができます。画面を確認して、使用していないツール等はこまめに消すようにしましょう。

 

まとめ

今回はMT4が動かない場合の対処法をご紹介してきました。
基本的には「ログインの情報が間違っている」ことが一番多いので、焦らず登録の時に届いたメールのパスワードなどをよく確認して対処してください。

 

今回ご紹介した対処法を行っても解決しない場合はメールサポートなどでXMへ直接問い合わせしてみましょう。

問い合わせはこちらから