酒田五法の一覧

テクニカル分析の元祖・酒田五法一覧 テクニカル分析

江戸時代の日本で考案されたテクニカル分析の手法に、「酒田五法」と呼ばれるものがあります。酒田五法にはどのようなものがあるのか、一覧でまとめてみました。

早速酒田五法の一覧を確認していきましょう。

三山(さんざん)・三尊(さんぞん)

まず酒田五法の最初に紹介するのが、三山(さんざん)です。

三山というのは、別名でトリプルトップとも呼ばれ、チャートが3つの山の形になるチャートの形状を指します。三山が出現すると、上昇トレンドが下降トレンドに転換しやすいことで知られています。

酒田五法の三山(トリプルトップ)

三山のうちの真ん中が高くなっているチャートの形状を三尊と言います。三尊は、三尊天井やヘッドアンドショルダーズなどと呼ばれることもあります。酒田五法の三尊(ヘッドアンドショルダーズ)

これら三山と三尊は売りのサインとして知られ、特に三尊は三山よりも下がる確率が高いと言われています。

三川(さんせん)・逆三尊(ぎゃくさんぞん)

続いて紹介するのは、三川です。三川は先ほど紹介した三山の反対に該当し、トリプルボトムとも呼ばれます。3度底値をつける形状のことで、下落トレンドから上昇トレンドに転換しやすいサインです。

酒田五法の三川(トリプルボトム)

また特に、2番目の底値が1番目と3番目よりも下がっている形状を逆三尊と呼びます。逆三尊はヘッドアンドボトムスとも呼ばれます。

酒田五法の逆三尊(ヘッドアンドボトムズ)

三川や逆三尊は買いのサインとして知られています。特に逆三尊は、三川よりも強い買いのサインです。

三空(さんくう)

下の画像のように、隣り合った2つのローソク足は、実体が繋がるのが普通です。前のローソク足の終値と、後ろのローソク足の始値は同じ数字になるのが普通なのです。

ローソク足の実体は通常繋がる

しかしながらごく稀に、前のローソク足の終値と次のローソク足の始値が一致しない場合があり、その場合に生じる空間を「空(くう)」または「窓」と呼びます。

三空は、この空(窓)が同じ方向に3回連続して出現した場合のことを指し、次の足で相場が転換することが多いということを示しています。

陰線が続いた場合の三空を下げ三空と呼び、次は上昇することを示し、陽線が続いた場合の三空を上げ三空と呼び、次は下降することを示します。

ちなみに三空は、酒田五法の中で圧倒的に出現率が低く、FXで出現することはまずないと思って大丈夫です。(株ではごく稀に出現することがあります。)

三兵(さんぺい)

三兵とは、同じ方向のローソク足が3本連続で並んでいるチャートです。

特に陽線が3本連続で続くチャートを赤三兵、陰線が3本連続で続くチャートを黒三兵と呼びます。赤三兵の場合は買いのサイン、黒三兵の場合は売りのサインです。

下の画像の、黄色で囲んだ3本のローソク足が連続して陰線をつけたので、次のローソク足で大きな下落を示しています。

酒田五法の黒三兵

ただし赤三兵の場合でも、3本目のローソク足に上ヒゲがついている場合は上がらない場合もあり、黒三兵の場合でも、3本目のローソク足に下ヒゲがついている場合は下がらないこともあります。

三兵をエントリーの根拠とする場合、ヒゲの有無に注意しましょう。ちなみに先ほどの画像では、下ヒゲがついていないものを選んでいます。

三法(さんぽう)

三法はやや特殊で、「買い」「売り」と並んで「休止」も大切だということを伝えているものです。

大陽線をつけた後に小さな陽線や陰線を3つ以上つけた場合に買いか売りかを判断しましょうというのが上げ三法、大陰線をつけた後に小さな陽線や陰線を3つ以上つけた場合に買いか売りかを判断するのが下げ三法です。

下の画像の左側の黄色で囲った大陰線の終値をサポートとし、小さな陰線や陽線が大陰線の始値から終値の範囲を方向感なく動いていますが、8本目の陰線が大陰線の終値サポートを下抜けしました。

ここから相場は下目線となり、下抜けした瞬間が売りポイントとなったことがわかるでしょう。

酒田五法の下げ三法

ちなみに上の画像では、大陰線の始値がレジスタンスとして機能していますが、下抜けするよりも先に始値を上抜けしていれば、継続した上げ相場となる可能性が高かったということですね。

また、大陰線をつけた後にサポートまたはレジスタンスをブレイクするまでの、方向感のない小さな陰線や陽線が続いている状態ではエントリーすることは避けるべきだというのが「休止」の意味です。

 

酒田五法の一覧と、具体的な使い方について動画にまとめているので、ぜひ合わせてご覧ください。

まとめ

今回は、酒田五法の一覧を紹介してきました。

出現頻度がばらばらで、三空などはなかなか見る機会がないですが、三尊や逆三尊などの強いサインは最低限頭にいれておくようにしましょう。

また、下の公式LINE@から有益な情報を発信していますので、さらに詳しい内容を知りたい方はぜひ追加しておいてください。