FXのレバレッジは1倍より10倍がおすすめできる理由

FXのレバレッジ、1倍より10倍の方がおすすめできる理由 FX初心者

こんにちは、森下です。

FXで儲けようと思ったら、ルールをしっかりと守って取引していく必要があります。
今回はそんなFXの取引のルールの内、「レバレッジ」に関するルールをお伝えします。

レバレッジとは簡単に言うと用意した資金の何倍もの外貨を売買できるようにすることです。例えば、10万円の資金を準備してレバレッジ1倍にすると10万円を取引できますし、レバレッジ10倍にすると100万円を取引できます。

さらにレバレッジについて詳しく知りたいという方は以下の記事で勉強してから今回の記事を読んでください。

FXのレバレッジとは?

2018.08.05

今回紹介するルールは、「レバレッジは1倍ではなく、10倍で取引しろ!」です。

なぜ1倍ではダメで10倍にするといいのか?そのそれぞれの理由を説明します。

FX取引でレバレッジが1倍ではダメな2つの理由

先にレバレッジが1倍でダメな2つの理由を紹介します。

・少額で大金を稼げるという概念がなくなる
・儲ける為にそれなりの資金が必要

では順番にそれぞれに関して説明していきます。

少額で大金を稼げるという概念がなくなる

そもそもFXを始めた理由として、「少額の資金で大金を稼げる」という理由が大きかったのではないでしょうか?
レバレッジを1倍つまりはレバレッジをかけない場合少額で稼ぐことができなくなります。

 

早速ですが問題です。

例えば、10万円を準備して取引をするとします。
あなたは1ドル=100円だった時に10万円を使って1,000ドル買いました。
そしてしばらくして1ドル=103円に変わりました。この場合の儲けはいくらでしょうか?

この場合、儲けは3円(差額)×1000(ドル)=3,000円です。

全くと言っていいほど儲けが出ません。

レバレッジ1倍だと少額での儲けが少なくなる

FXの最大の魅力といえば、「少額資金で効率よく稼げること」です。
そんなFXの魅力がレバレッジ1倍で取引をすると無くなってしまうのです。

 

しかも先ほどは例で3円値上がりする場合を考えましたが、実際にはそんなことはありません。為替市場は1日の値動きは通常1円弱ぐらいです。

その為、結局儲けというと1日1,000円にも満たない計算になります。

繰り返し言いますが、レバレッジ1倍にするとほとんど儲けることができなくなります。

 

儲ける為にそれなりの資金が必要

そして先ほどの話を逆に考えるとお分かりいただけますが、
レバレッジを1倍にしたまま儲ける為には大金が必要になります。

 

例えばあなたが1ヶ月で10万円ほどは稼ぎたいと思っているとします。
そうすると1日あたり3,500円弱づつは稼ぐ必要があります。

1日あたりの値動きが1円だとすると、3,500円かせごうと思うと35万円の資金が必要です。
つまり毎月10万円の稼ぎを得る為には最低でも35万円の資金が必要ということになります。

 

しかも上の例は、毎日勝ち続けた場合の計算です。
1ヶ月毎日勝ち続けるなんて基本的には無理な話です。
なので月に10万円稼ごうと思うと資金としては50万円以上必要になります。

レバレッジ1倍で儲けるには大金が必要

あなたが50万円以上の貯金があり、すぐにリスクを背負って出せるというのであればレバレッジ1倍で取引しても良いと思います。

しかし、10万円準備するのがやっとということならレバレッジ1倍では全く稼げません。

FXの魅力である「レバレッジ」を最大限有効活用して儲けを出していくという考え方が必須です。

 

レバレッジを10倍にするべき理由

レバレッジを10倍にするべき理由はこちらです。
「リターンを最大化でき、なおかつリスクを最小限に抑えられる」

レバレッジが安すぎると大金を持っていないと稼ぐことができません。これは「リターンを最大化でき」の所で、先ほど説明した通りです。

後半部分の「リスクを最小限に抑えられる」についてですが、「リスクを最低限に抑えられる」に関しては次の2つの理由があります。

・損した時もそれほどダメージがない
・99%の確率でロスカットが起こらない

それぞれ順番に説明していきます。

損失が出た時もそれほどダメージがない

現在日本では、レバレッジは最大で25倍までかけることができます。
なぜ10倍での取引をおすすめするかというと、万が一損失が出た時もその後の取引で十分取り返すことができるからです。

 

実際にいくらほど損失がでるのか計算してみましょう。

例えば10万円を準備してレバレッジ10倍で100万円使って、1万ドルを購入したとします。
(この時1ドル=100円)
その後、1ドル=98円になるとします。
(100-98)×1万=2万(円)なので2万円の損失がでます。

上の計算から2万円の損失がでることが分かります。

2万円の損失が出たとしても、まだ手元には8万円の資金が残る事になります。
つまり損失になるのは2割だけです。
これだけの資金があれば、その後の取引次第で損した分だけ取り戻すことができます。

これがリスクを最小限に抑えられる1つ目の理由です。

99%の確率でロスカットが起こらない

そもそもロスカットはご存知でしょうか?

ロスカットとは?
ロスカットとは、ある程度損がでた場合にFXの業者が自動的に取引を成立させて、それ以上損をしないようにすることです。FX口座内の証拠金が一定額を下回ると業者側の判断で執行されます。

つまりある程度損した時に、それ以上損しないように自動的に売買を成立させることを言います。

 

ロスカットの目的は投資家を保護することなので、それ自体は良いことです。
でもその後価格が上がる可能性などもありますし、突然決済されたら困りますよね。
そこでFX投資をする人は「ロスカット」にならないように注意を払います。

レバレッジを10倍にすると「99%の確率でロスカット」はされません。

その理由を説明します。

ロスカットが発生するタイミングは、FX口座内の証拠金がFX業者によって設定されたロスカット対象金額を下回った時です。ロスカット対象金額はこれから紹介する計算式で表されます。

(取引金額)÷(最大レバレッジ)×(ロスカット基準レート)

例えば日本円で100万円相当のドルを最大レバレッジが25倍で、ロスカットの基準レートが50%のFX口座を使って取引しているとします。
この場合、ロスカット対象金額は100(万円)÷25(倍)×0.5で出てくる2万円です。

こちらの口座で「10万円」の資金で10倍のレバレッジを効かせて100万円相当のドルを購入したとします。
この場合口座に2万円以上資金があればロスカットされないのです。

レバレッジを10倍にすると「99%の確立でロスカット」はされません。

 

1日で8万円を損する為には8円以上の値動きが必要ですが、2000年以降の最大の値動きでも7.14円です。

つまり10倍のレバレッジで取引していれば、99%ロスカットされません!

レバレッジ10倍規制!最大25倍から10倍へ!?

最近「FXの最大レバレッジが10倍にまで減るのではないか?」という噂が流れています。
真偽を確認してみた所、実際にレバレッジ10倍規制の話はでているようです。

こちらは産経ニュースのサイトから引用したものです。

為替変動リスクが大きい外国為替証拠金取引(FX)について、金融庁が元手の何倍まで取引が可能かを示す「証拠金倍率」の上限を年内にも現在の25倍から10倍まで引き下げる検討に入ったことが29日、分かった。

引用元:産経ニュース

(2018年4月30日)

6月12日に第6回の規制やFX業界に関する会議がなされ、FX業界の意見を聞く形で、今回のレバレッジ25倍から10倍への規制強化は見送られました。

しかし今後また見直しを強化するような流れが来る事は十分考えられます。
もちろん今回紹介したように、最初はレバレッジ取引では10倍を目指して、取引を重ねていくのが一番有効です。その為10倍の規制でも問題ありません。

ただFX取引になれてきた人は、さらに高いレバレッジで取引することをオススメします。

高レバレッジなほどもちろんリスクも上がりますが、利益(リターン)も上がるからです。

 

そうするといずれ日本での取引には限界が来ると個人的には考えています。
その為、取引になれてきた方には海外のFX取引所で取引することをオススメします。

 

例えばXM取引所では、最大888倍で取引することができます。

もちろんその分リスクは上がるのですが、リスクはしっかりとした勉強をすることによってかなり低く抑えることができます。それよりも海外の取引所での口座新規申込ができなくなる可能性が0でない事を考えると、いま開設だけでもしておきましょう。

そして現在日本人でこちらのXMを開設している人は増えていますので、口座の開設だけは今のうちにすましておくと今後FX取引の幅も広がるでしょう。

口座開設の方法は、こちらの記事を参考にしてください。

スマホ対応!XMの口座開設方法やかかる時間を紹介!

2018.07.28

まとめ

今回は「レバレッジは1倍ではなく10倍で取引することが儲ける為のルール」という話をしました。

10倍のレバレッジというのは「リターンを最大化でき、なおかつリスクを最小限に抑えられる」
そんな最も効率の良いレバレッジの比率です!

もちろんFX取引当初から10倍で取引するのは少しリスク高いので、最初は1倍から徐々に10倍に近づけていきましょう。そして逆に取引になれてきた方は海外取引所で高レバレッジで取引することをオススメします。