最近話題のおしゃれ眼鏡ブロガー・イケハヤ氏注目の仮想通貨とは?

最近話題のおしゃれ眼鏡ブロガー・イケハヤ氏注目の仮想通貨とは? その他

「イケハヤ」をご存知でしょうか?流行語とかではありません。

人の名前です。仮想通貨に興味があるのであれば、必ず押さえておくべき方かと思います。

なぜ覚えておかないといけないか、その人物像やイケハヤ氏注目の仮想通貨について解説していきます。

記事先頭画像はBITDAYSインタビューより引用

イケハヤって誰?

イケハヤとはイケダハヤトの略称です。

イケハヤのプロフィールはこちらです。

本名 池田勇人(イケダハヤト)
出身大学 早稲田大学
職業 プロブロガーであり、フリーのライター
生年月日 1986年5月24日
イケハヤ氏のプロフィール画像

上記の画像がイケダ氏に画像となっていますが、現在では顔出しは基本的にしないようなので、貴重な1枚かもしれません!

Twitterのアイコンなどもイラストになっています。

高知の山奥に住んでいて、ネット上で仕事をしています。イケハヤについてもう少し詳しく見ていきましょう。

ブログで大成功のイケハヤ

イケハヤブログで大成功

イケハヤについて知りたい方は、こちらからイケハヤのブログをチェックするのが良いでしょう!

http://www.ikedahayato.com/

このURLがイケハヤのブログのURLとなっています。たくさんの有名なブロガーがいるなかでも、イケハヤのブログのアクセス数はとても多いことが予想できます。

ただし執筆量はとても多いので、読んでいてもなかなか古い記事などにアクセスするのは難しいかもしれません。

ブログ運営を主に、起業もしています。年商1.5億も儲けたようです。これほど稼いでいるブロガーは決して多くはないでしょう。ブログで成功していると言えます。

イケハヤは本も出版

イケハヤが出版した本
イケハヤは本も出版しています。著書の中には「まだ東京で消耗してるの? 環境を変えるだけで人生はうまくいく」「世界一やさしいアフィリエイトの教科書1年生」「武器としての書く技術」などがあります。

イケハヤは、ブログは次世代の出版の新しい形だと言っています。ブログを通して、情報発信をして、本の出版に至るという点はイケハヤの成功ポイントと言えます。もし、イケハヤが言っているように新しい出版の形としてブログが存在しているのならば、イケハヤはその業界のパイオニアになるということです。

今後、ブログからの出版などの流れがもっと増えると、イケハヤの名前が広まるかもしれません。

イケハヤとブログ

イケハヤにとって、ブログはもう欠かせない存在となっています。本を出版するのも、いろいろなことができるようになったのもブログが原点と言えます。

ブログで成功の詳細

ブログで成功したというと、イケハヤはどれくらい成功したのでしょうか?

今となっては、年商1.5億円と言っています。商ですので、イケハヤ自身の利益がどれくらいかはわかりませんが、ブログの世界ではトップクラスでしょう。

さらにすごいところは、イケハヤは不労所得が1日10万円程度、一月300万円前後もあるところです。これは、年商1.5億円ある事よりもすごいことかもしれません。

大体1PV = 0.3~0.5円くらい入ってくるようで、毎日30万PVぐらい集めるようになることができれば、ブログ自体が資産となって、一日何もしなくても10万円ほどが入ってくる資産になるようです。本の印税に近いでしょうか。

実際には、これを行うのは容易ではありません。最初3年ぐらいは時給100円ぐらいで働く意思が必要があるとイケハヤは言っています。

イケハヤが成功した秘訣

イケハヤの成功の鍵はブログを書き続けたこと

イケハヤは熱い夢を持っているとか、大きな理想があるという感じではありません。

詳しくは後述しますが、イケハヤはかなりの現実主義(リアリスト)だと考えています。

しかし、とことん地味なことを地道にやり続ける能力はかなり高いのではないでしょうか。

これほど稼ぐまでに、8年で8000本以上のブログを書き続けたようで、それぐらい書き続けてようやくアクセスがき続けるレベルのようです。1年で約1000本ですので、休まずに3本程度の記事は毎日書いていた計算になります。

これぐらい書き続ければ、書く技術も上がり、ブログのアクセスも増え続けるので、成功に至ったということです。ブログはPVが確保できれば、収益は大きいです。

地道に1日3本を10年やり続けるとプロブロガーになれるようです。これは1万時間の法則に似ているかもしれません。1日3時間それを10年で大体1万時間です。ブログ執筆の一本は1時間よりもきっと長いですので、相当な時間をブログに費やしたことでしょう。

イケハヤと仲の良いブロガーやインフルエンサー

イケハヤと仲が良いブロガーやインフルエンサーにはどんな方がいるのでしょうか?

イケハヤがどんな方を好み、どんな方と親しくしているのかを少し見ていきましょう。

はあちゅう

イケハヤと仲が良いブロガーはあちゅう

はあちゅうさんはイケハヤと特に仲が良いようです。イケハヤがこの間、はあちゅうサロンに入ったりするなど、いろいろな接点があります。はあちゅうとイケハヤの共通点はブロガーであり、作家であることです。

イケハヤははあちゅうから学び、サロンを有効活用して、もっとブロガーとして成長しようとしているのでしょう。互いに切磋琢磨しながら、これからも成長していくでしょう。

玲奈

イケハヤと仲が良い玲奈

玲奈@丸の内OL仮想通貨ブログを書いている玲奈さんはイケハヤが紹介していました。

わかりやすい記事を書くと、イケハヤが評価していました。

その実際の紹介がこちらです。

初心者ながら、仮想通貨を勉強していく玲奈さんの記事はハイクオリティだと言っています。

家入一真

イケハヤと仲が良い家入一真

家入一真さんはブロガーではありませんが、インフルエンサーです。Campfireというクラウドファンディングのサービスを手がけたりしています。

イケハヤと家入さんは似ているところがあるのかもしれません。まちづくりにもビジネス展開をしている家入さんとふるさと納税などをしているイケハヤ。やり方は違えど、向かっている方向性は似ているように思えます。

イケハヤと家入一真さんが考えが似ているため、仲が良いのかもしれません。対談も行ってたりしています。

イケハヤと仮想通貨

イケハヤのブログのタイトルはまだ仮想通貨持ってないの?

イケハヤは仮想通貨を保有しているブロガーです。

ブログのタイトルは「まだ仮想通貨持ってないの?」です。

イケハヤのブログでは、仮想通貨の無料配布(エアドロップ)については最新情報が記載されます。

仮想通貨を投機目的でやっている面もありますが、仮想通貨の未来に期待を抱いているように見えます。イケハヤ自身も「仮想通貨のポテンシャルの大きさはすごい」と言っていました。

実際に仮想通貨の投資も行なっています。いくつかのアルトコインを応援しているようです。そんな中でも、イーサリアムを特別視しているのは、よくわかります。

イーサリアムに関するブログやTwitterは多いので、イーサリアムに期待しているのでしょう。

Zaifにてイーサリアムの積立投資も行なっているようです。

イケハヤは仮想通貨についてのコメントをすることもあるので、チェックするのも良いでしょう!

イケハヤがどんな仮想通貨を推しているのかを見ていきましょう!

イケハヤ自身のブログで紹介のおすすめ銘柄

イケハヤ独自のオススメの銘柄をブログで紹介しています。

仮想通貨は影響力のある人間が発言すると、それだけで価格が大きく変動してしまいます。仮想通貨がより普及するように、通貨に関する発言をすることをポジショントークと言います。このポジショントークをイケハヤがやると、イケハヤ砲と呼ばれます。

ポジショントークは仮想通界では、とても大きなものです。イケハヤは日本の仮想通貨業界の中の影響力が大きく、イケハヤ砲の威力はなかなか大きいものです。

しかし、イケハヤは今回のランキング掲載についてはポジショントークではなく、自分で勝手に選んだのがこちらのランキングの銘柄だと言っています。

そんなイケハヤの仮想通貨のランキングについて見て行きましょう!

1位 イーサリアム

イケハヤの仮想通貨ランキング1位「イーサリアム」

イーサリアムは、仮想通貨においてビットコインを時価総額で抜くのではないかと言われています。

時価総額で抜くということは、ビットコインよりも主流になるということです。仮想通貨=ビットコインではなく、仮想通貨=イーサリアムになるかもしれません。厳密には、イーサリアムというプラットフォームにより、仮想通貨が運用されていくようになるかもしれません。イーサリアムが仮想通貨を今後盛り上げていく可能性はとても高いです。

イケハヤはこちらのTweetでETH推しをアピールしています。

2位 NEM

イケハヤの仮想通貨ランキング2位「ネム」

ネムもイーサリアムと同様でプラットフォームになる可能性があります。

イーサリアムよりも実装が簡単だと言われていて、開発者に人気ということがあります。

タムケンも自身の焼肉店でネム払いを実装していました。

イケハヤは早い段階からXEMに投資をしておいたようです。

3位 ビットコイン&ビットコインキャッシュ

ビットコインキャッシュはビットコインと基本技術は同じなので、同様のものとしています。

ビットコインキャッシュはビットコインも上がれば、今後も上昇していくと予測しています。そして、ビットコインはまだまだ上がっていくと予想しています。

イケハヤは、ビットコインの未来についてはこのように語っています。

4位 WAVES

イケハヤのおすすめ仮想通貨ランキング4位「WAVES」

こちらもイーサリアム、ネムと続いてプラットフォーム系の仮想通貨です。

WAVESでトークンを発行すると、すぐに取引可能になるのが魅力だと言っています。ikehayaトークンも上場しているようです。

WAVESは今年に期待しているようで、伸びるかもしれないという予測を立てています。

5位 NEO

イケハヤは理解はしていないけど、中国のイーサリアムということで重要視しているコインです。

中国語なので、無理もありません。NEOはこちらで詳しく紹介しているので、チェックしてみてください!

仮想通貨のNEO(ネオ)とは何?取引所や価格・将来性などを解説!

2018.03.30

イケハヤのNEOに対する期待をしているのがこの下のツイートでよくわかります!

2018年の挑戦をするのであれば、NEOと言っているようにも感じます。

6位 Qtum

イケハヤのおすすめ通貨第6位「Qtum」

NEOと同様のプラットフォーム系の仮想通貨です

イケハヤ自身、Qtumベースのトークンに面白いものもあるようで、Qtumの中に注目しているものもあるようです。

Qtumについて、イケハヤはこのように上場の未来に期待しています。

7位 Binance Coin(BNB)

イケハヤのおすすめ通貨7位「BNB」

こちらはBinanceの取引所で使えるコインです。

Binanceで取引をする際に、このBNBを使用すると、手数料を安く抑えることができます。

イケハヤはBinanceが盛り上がれば、BNBも盛り上がると予測しています。

BinanceはBNBを使用すると、より便利に、安く使用することができる取引所です。

海外の取引所でありながら、日本でも人気の取引所ですので、まだ登録していない方はこちらから登録しておいた方が良いでしょう!

世界最大の仮想通貨取引所「Binance」に最短2ステップで登録する方法

2018.01.08

BNBに関しては、少なくても大きく値下げすることはないとイケハヤは予測しています。実際に、価格が上がっていることも結構あるので、イケハヤのセレクトは間違っていないというべきなのでしょうか?

8位 Zaifトークン

イケハヤのおすすめ通貨8位「Zaifトークン」

Binance同様にZaifでのZaifトークンに期待しているようです。

Zaifが成長していくことで、Zaifトークンが成長すると予測しています。海外ではBinance、日本ではZaifを取引所として推しているようです。イケハヤは80万円ほどZaifトークンを保有しているようです。

Zaifは多くの著名人に人気の取引所ですので、まだ登録していない人は登録しておく方が良いでしょう!

登録する方はこちらから!

仮想通貨の取引所・Zaif(ザイフ)の登録方法をわかりやすく解説!

2018.01.07

Zaifトークンに関しては、このように発言しています。まさに、イケハヤ砲が勃発ですが、Zaifトークンはこれからの取引所の設計次第といっています

9位 0xproject

イーサリアムに依存している状態の通貨のようです。

実用化がまだ先なようで、イケハヤはまだ様子見の通貨だと言っています。

技術はいいけれど、マーケティングが弱いとの評価です。つまり、今後周りが評価すれば勝手に広がって、成長していくことを予想しているのかもしれません

10位 Bancor

すごく、説明が難しいとイケハヤは言っています。

技術的に優れていると、高評価になっています。しかし、まだ人気は低いようです。それでも、今後に期待してイケハヤはこちらのコインを3万円ほども保有しているようです。

珍しく根拠をあまり示していませんが、今後の普及に期待している様子はこちらのツイートで伺えます。

全体的にプラットフォーム系の通貨を推していることがわかります。

結構王道なものが多い印象ですが、実はイケハヤが推している草コインもあります。

イケハヤはなぜXPも推しているのか

イケハヤはXPを結構前から推していました。イケハヤは仮想通貨はコミュニティが大事だと言っています。XPはコミュニティが強いから、盛り上がると言っています。

イケハヤは仮想通貨において、とてもコミュニティを重視しています。プラットフォーム系の通貨を好きになる理由もここにあるかもしれません。

コインに興味を持ったものが、そのコインを保有します。保有している人がポジショントークをしたりすることで仮想通貨は世に知れ渡り、多くの人が手にするということです。

これをベンチャー起業を立ち上げるようなイメージだと表現しています。

このことについて、もう少し詳しく見ていきましょう!

イケハヤ、ポジショントークで仮想通貨を盛り上げる!?

イケハヤはポジショントークではなく、ランキングをブログに掲載しました。

しかし、実際にはイケハヤのポジショントークは決して少なくありません。

こんなこともツイートしています。

こう考えると、イケダ氏が仮想通貨のポジショントークをするのは当たり前のように感じてきます。

イケダ氏はETHやXEM、XPなどの仮想通貨を一緒に成長させようと考えているのでしょう。

自分の魅力に思う仮想通貨に投資をするだけでなく、積極的に魅力を紹介することで、影響を及ぼそうというものです。ポジショントークをする人の発言力があれば、とても盛り上がるので、今後もポジショントークをしていくことでしょう。

ポジショントークの甲斐あってか、イケハヤ億り人になる

イケハヤ億り人になる

イケハヤは仮想通貨で億り人になったことを自身のブログで明かしていました。

1月上旬ごろにNEMの価格が急騰したことで、仮想通貨億り人になったようです。イケハヤ砲の甲斐もあったのでしょうか。

日本では、コインチェック以来仮想通貨の制限は厳しくなったようです。それ以前は仮想通貨の規制も緩く、仮想通貨の日本の影響力というのは決して低くありませんでした。なので、ポジショントークも意味はあると言っって良いでしょう。

1年で1000万円が10倍になり、億り人となったものの利確はしないようで、保有し続けるようです。

税金5000万円が持っていかれることがもったいないことと、今後の成長に期待しているみたいです。それから、仮想通貨が通貨としての役割が増えていくとイケハヤは考えています。

また、「BTCを買っていれば、もっと早く億り人になっていた」「モナコインを保有して入れば、今頃3億円ぐらいになっていた」などと発言もしています。少し反省の色を見せる淵もありました。

イケハヤ仮想通貨引退するってよ

一方で、イケハヤ氏は何度か(3,4回)仮想通貨をやめる宣言をしています。

Coincheck事件などの理不尽な暴落や色々な理由で保有資産の仮想通貨が暴落するたびに、引退宣言をしています。

実際に、ツイートをしてからの引退はなく、彼自身の心の表現として、それぐらい落ち込むということを表現しているのでしょう(性善説)。

上記のように何度か引退宣言をしています。

それでも、それ以上に仮想通貨(ブロックチェーン技術)に対して、未来を感じているイケハヤです。どうしてマイナスイメージを植え付けるようなことをするのかが気になります。

せっかく、仮想通貨を推して仮想通貨が普及するために、発言しているのに、暴落で仮想通貨に対するマイナスイメージをつける必要があることが理解できません。

どのような意図があって、このような発言を…?仮想通貨にマイナスのイメージをつける必要が…?もしかしてそのようなマーケティング…?

 

こんなコインがあったら、イケハヤも購入するだろう

ここからは、こんなコインがあったらイケダ氏も購入するであろうという勝手な独自の目線で考えた記事を作っていきます。

あわよくば、イケダ氏自身が開発に携わるのではないかというコインについて紹介します。

高知コイン

あったらイケハヤが買うだろう高知コイン

高知県の地元コイン、高知コインのようなものがあったら、イケハヤは確実に買うことが予想できます。

高知で使える高知コイン、そして、ブロックチェーン技術を利用して、高知コインを使用したら、その分だけ高知の貢献度が表現されるものです。

ふるさと納税に似ているもので、このようなコインがあれば、イケハヤが買ってくれるのではないかと期待しています。

ブロガーコイン

あったらイケハヤが買うだろうブロガーコイン

ブロガーのための仮想通貨があったら、イケハヤも購入するのではないかと思っています。ブロガーやコンテンツ発信者の味方になるような仮想通貨プロジェクトは最近増えてきていますね。

今はコミュニティビジネスとして、有名なSHOW ROOMありますが、これは動画のコミュニティビジネスです。ブロガーのためのコミュニティはまだまだ薄いように思います。

ブロガーとして収益を上げるにはGoogle adsense広告を出すか、アフィリエイトをするか、自分の記事を販売するかのどれかしかありません。

今後、ブログを書いて、ためになる・読んでいて楽しいなどのブログがあればそれに応じた金額が支払われるような仮想通貨プロジェクトは増えてきそうです。

単なるPV数ではなく、ブロックチェーンに基づく評価経済になっていくのではないでしょうか。それを実装した仮想通貨、そこで使われ、かつ価格上昇によるリターンの見込めるコインが誕生すれば、イケハヤが購入するのではないかと思います。

(ALISなどは日本初のコンテンツプラットフォームを目指していますが、どうでしょう)

イケハヤは拝金主義?現実主義?

私の個人的な見解で見ると、イケハヤは拝金主義なのではないか、という疑問を私は持っています。とにかく、お金の話が多い印象を持っています。

好きなことをやるためには、お金が必要であるという見方もありますが、ブログが好きなのか、お金が好きで儲かりやすいからブログをやっているのか、その辺が相当微妙なところかと思います。

例えば、今はクラウドファンディングがあり、好きなことを実現するためには、お金を調達することができる時代です。しかし、イケハヤがクラウドファンディングなどで資金調達をしているところを見たことがありません。どちらかというと、自分で1億円稼いで、1億円を〇〇に使うといったことをするタイプです。

仮想通貨に関してもそうですが、とても現実的なコインに投資しています。イーサリアムを押していて、2位にXEMを推しているところなどを見ると、本当に決済手段として使用でき、コミュニティの強いようなものにしか投資をしていません。

アーティストにお金が落ちるようなコインを目指しているTRONなどは評価していません。

拝金主義というか、現実的な道をひたすら歩むと見て取れるイケダ氏は自分のことをどう思っているのか?

仕事も本当に地味なことの繰り返しで、ひたすら同じことをやり続けるといったことをしています。まだ31歳という若さなので、今後どうなっていくのか…?どういう目標をもとに進んでいくのか?その辺が最も気になるところです。

正直なところ、やっていることや、見ている世界はすごく地味な印象があります。もっと大きな展開はないのか、もっと何か大きな目標に対する大胆な行動はないのか。と思ってしまいます。

虚勢をはるイケハヤ

イケハヤはTwitter上でのアンチがたくさんいます。

イケハヤ砲を放つからこそ、イケハヤが推した通貨がダメだった時、アンチから批判をくらいます。

それだけではなく、「イケハヤは何も作り出していない」「偉そうなことを言っているだけ」と言った批判も相次ぎます。

アンチが出てくるのは有名になれば、仕方ないことだと思います。しかし、ここで一つ疑問があります。

どうしてイケハヤはわざわざアンチを論破するのか?という疑問です。アンチに対して、異論を放つ人は多くいますが、イケハヤはアンチに対する反応が多すぎると思います。

どうして、それほどまでにイケハヤはアンチを論破するのか、どうして無視をしないのかという疑問をもちます。

そんなアンチを論破し続けるイケハヤを見ていると一つ思うのが、虚勢を張っているのではないかということです。

本当は少し落ち込むけど、強く返して、強気な姿勢を保ち続けているのではないかと予想できます。もしかすると、インターネット上だけで行っているから、怖くないのかもしれません。

実際のところ、どう思っているのか、なぜアンチに反論し続けるのか?イケハヤはどのように考えているのか気になるところです。

まとめ

イケダハヤト、通称、イケハヤは仮想通貨を保有しているブロガーです。もともと、アフィリエイトなど副業系テーマを扱うブロガーで、界隈でかなりの人気を誇っています。

現在は、仮想通貨に未来を感じていて、仮想通貨の普及のため、またそれによるリターンを見込んで、仮想通貨投資意外にも様々なことに取り組んでいるようです。

お金を稼ぐ、という点、また稼いだお金をどう次につなげるか、という点、何より、成果が出るまでやり続ける根性とその先見性は私たちも学んでいくべきところだと思います。

今後のイケハヤにも注目です!