大暴落した草コインの3つの共通点とは?億り人の秘密も暴露

草コイン,暴落 その他

草コインという名前を聞いて、どのようなイメージを持つでしょうか?

一発逆転の大チャンス?それとも、危険なコイン?

はっきり言って、どちらも正解です。草コインに関して、一発逆転の大チャンスを知ることは難しいものですが、危険性を知り、リスクを避けることはできます。

草コインは高確率で暴落します。しかし、今回暴落した草コインを分析したところ、暴落する草コインの特徴がわかってしまいました。その全貌を惜しみなく紹介します!ぜひ、ご覧ください!

そもそも草コインとは

この記事では草コインの正しい見分け方をやっていきます。

まずは、草コインについて知りましょう。草コインは厳密な定義はありません。

草コインとは、定義はないもののいくつかの特徴があります。

草コインの特徴
  • 1コイン1円以下のような流通量も少なく、市場価値が低い通貨
  • 投資をする際にはハイリスク・ハイリターンの可能性がある
  • 詐欺コインと見分けがつきにくい

草コインの特徴を簡単に述べさせてもらいました。今回は上記のような特徴が重要なので、上記の通貨の特徴を知ってほしいと思っています。

もっと草コインについて知りたい方は下記の記事をチェックしてみてください!

草コインについての詳細はこちらから!

草コインとは?夢が詰まったコインを徹底解説!

草コインの特徴にはハイリスク・ハイリターンということがあります。ハイリスクということは、暴落する可能性があります。

 

草コインの暴落するリスクがあります。そして、暴落の真実についてみていきましょう!

暴落の話の前に知っておくべきこと

良い草コインと悪い草コイン

今回は仮想通貨全体の価格の高下ではなく、コイン単体の高下についてみていきます。

暴落する仮想通貨=悪い通貨、上昇する通貨=良い通貨

あなたはこれを見てどう思いますか?「当たり前だろ」「これは当然だよ」このように思うでしょうか?

私もこうあるべきだとは思いますが、100%この方程式が成り立つとは言えません

暴落する通貨と上昇する通貨
「暴落する通貨=悪い通貨」ではなく、「暴落する通貨=誰も共感しなかった通貨・誰もが購入しなかった通貨」になります。「上昇する通貨=多くの人が共感した・通貨が伸びそうだから購入した通貨」となるわけです。人が購入すれば、そのコインが良くないコインだったとしても、価格は上昇します。逆に良いコインだったとしても、人がコインを手放してしまえば、価格は暴落します。

つまり、内容が伴っていないコインだったとしてもみんなが購入すれば、価格は上昇します。逆に、みんなが購入しなければ価格は上昇しません。

もちろん、内容が伴っているからこそ多くの人が買います。仮想通貨が取引所に上場するのも内容が伴っていることが重要です。

しかし、全てが理想通りにいくわけではないということを覚えておいていただきたいと思います。あまり内容が伴わないようなコインでも、多くの人がコインを購入すれば価格は上昇します。

過去に暴落した草コイン一覧

それではこれまで暴落した草コインを見て行きましょう。

1つ覚えておいていただきたいのは暴落するということは、一度は価格が上昇しているということです。

一度は上がっていながら、価格が下がってしまったのが暴落したコインです。暴落したコインの一覧を見ていきましょう!コインの簡単な情報についても見ていきます!

LOL

仮想通貨の貸し借りを行うことができるサービスと言えます。

これまでは、お金の貸し借りは高い手数料を銀行や金融機関に取られていました。しかし、LOLを使用すれば、個人間で高くない金利の貸し借りができる世界が実現します。理想として、共感する人も多く、期待されている草コインでした。

しかし、このコインは開発者が姿をくらますという事件が起きてしまいました。開発者が姿をくらませたせいで、コインの価格が暴落してしまいました。

PAC

暴落した草コインの一つのPAC

はっきり言って、よくわからない通貨でした。ホワイトペーパーを読んでもなんとなくしか理解できないものでした。

目的に4C(1. Community(コミュニティ) 2. Choice(選択) 3. Content(内容、コンテンツ) 4. Charity(チャリティ))をあげていました。つまり、チャリティ精神のあるコミュニティのための通貨と言えるようです。

DAVOR

こちらのDAVORはネット関連の情報が全てなくなってしまいました。

そのため、説明を書くことができません。

DAVORの検索をかけた時の検索結果

全く情報がないわけではありませんが、ホワイトペーパーはありません。

検索をかけても、ICOの後消えた話しか出てきません。

XP

暴落した草コインの一つのXP

XPは一部の日本人にとても人気があるコインです。

「人間にとって重要なのは経験値」という理想があるようです。つまり、様々なことに「経験値」をつけて、その人の評価を作ろうとする仮想通貨です。正直理想論というか、ポエマー状態の通貨です。

暴落については、のちに詳しく紹介ますが、コミュニティが強いコインです。

どんな感じで暴落するの?

草コインが暴落した様子をチャート図で見て行きましょう!

簡単な数字などもきちんと書いていきます

LOLコインの暴落の仕方

LOLの暴落の仕方

LOLは詐欺コインとして扱われました。開発者が姿をくらましたので、仕方がない話です。

そのため、暴落どころかほとんど価値が0になってしまいました。

PACコインの暴落の仕方

PACコインの暴落の仕方

価格が最初は一気に二円ほども上がったのにもかかわらず、急激に降下して、0.5円前後になってしまいました。

DAVORコインの暴落の仕方

DAVコインの暴落の仕方

DAVORコインについてもそれが架空の通貨になってしまったので、価格が0になってしまいました。

2018年1月には、20,000円を超えていた状態の時もありました。しかし、それが0になってしまったので、まさに大暴落しと言えます。

XPコインの暴落の仕方

XPコインの暴落の仕方

XPコインは限りなく0に近いようにも見えますが、実体がないわけではないので、0ではありません。

また、XPはコミュニティが強いコインの一つです。

それでも、0.6円ほどの価値にあったものが今は0.02円ほどまでに下がってしまいました。

夢見る仮想通貨投資から借金地獄へ

これまで紹介した暴落した草コイン見ていただければ、「暴落する=価格が過去に高騰した」という事実がわかります。

つまり、それは自分の資産が何百倍にもなる仮想通貨の投資もあるということです。

しかし、それに夢を見過ぎて借金をしてしまい、返せず終いになっている方も多くいるようです。

実際に借金している人を見つけようと思ってTwitterを見ていたのですが、普通に考えて借金を背負ってしまった人はツイートしませんよね。

でも、実際に借金まみれになって大変なことになっている人というのも多くいるようです。

借金まではいかなくても暴落で大損をこいてしまったことがある人は見つかりました

これはとても大変です。草コインは変化がとても激しいです。ただし、価格の高下を繰り返しながらも、着実に上昇していく通貨もあります。

暴落するコインについてしっかりと理解できるといいと思います。

まず、詐欺コインには気をつけろ

詐欺コインが最も見極めが難しい

詐欺コインは暴落します。そのコインが詐欺だとわかっていて、購入する人は一人もいません。

草コインの特徴の1つとして、詐欺コインとの見極めが難しいというものがあります。ICOで資金調達をして姿をくらませてしまうような開発者もいます。

正直、詐欺コインを見極めるのが一番難しいところです。すごく素敵なコインだなと思い、購入したとしてもそれが詐欺コインだったりします。詐欺師というのは騙すのが上手なんです笑

詐欺コインの実例
暴落したコインのうちの一つ、LOLコインがあります。開発者が姿をくらませてしまいました。HPも閉じていました。ホワイトペーパーやロードマップもきちんと作成してあったので、本気で開発しようとしていたのでしょう。だから、騙そうと思って開発したものではないのかもしれません。

しかし、姿をくらませてしまい、コインの価値はほとんど0になってしまいました。復帰の可能性あり、別のコインを開発などの噂もありますが、少なくてもLOLに関しては暴落してしまいました。

本気で開発しようとしていたからこそ、厄介なのです。本気で開発していても、失敗をすれば、相当叩かれます。その時点で通貨の価値がなくなってしまうからです。そして、詐欺になってしまいます。きちんと開発している通貨でも詐欺コインという場合があるので、日々の情報チェックが必要になります

実際にこのようなツイートされてしまっても仕方がありません。

何かがうまくいかなかっただけかもしれませんが、急に姿をくらませてしまうこともあるようです。成人式でのハレノヒの事件を思い出しますね。

実際の詐欺コインと呼ばれるものはこれとは違います。あの手この手でコインを買わせて、蓋を開けてみたら空っぽというのが詐欺コインです。

詐欺コインについてもう少し詳しくみていきましょう。

詐欺見極めのポイント

詐欺コインの場合は、草コインと違って、いくつかの特徴があります。

詐欺コインのポイント
  1. ホワイトペーパーの内容が薄い
  2. 会社の住所が適当(実在しない)
  3. 個人販売をする
  4. リスクがないという嘘

ホワイトペーパーの内容が薄すぎるのは少し危険です。ホワイトペーパーが実在するだけ良いですが、ホワイトペーパーがなければまず詐欺を疑った方が良いかもしれません。ホワイトペーパーがあるならば、ホワイトペーパーをよく読みましょう。適当に表面だけ書いて終了の詐欺コインはたくさんあります。

それから、会社の住所が適当で実在しないものだったりするのも良くある話です。

セミナーなどで売るられるのもとても危険です。きちんとした仮想通貨では、基本的にカンファレンスがあって、そこで正式な発表があります。

個人や友達にこのコイン絶対伸びるらしいと勧められるような甘い話には要注意です!

そして、一番詐欺に鴨られ易いのが、仮想通貨を全く勉強しないけれど、興味ある人たちです。例えば、リスクが0と言ったり、100%儲かるという話をされるとすごく良い話のように思えてきてしまいます。

でも、実際にはそれが詐欺であることも多くあります。上記のようなポイントはきちんとチェックしておきましょう!

暴落の兆候に気づけ!草コインの見分け方

暴落するコインを見極める必要があります。その暴落するコインとはどんなコインなのかを見ていきましょう!

目的意識が勝負の分かれ目?

仮想通貨については目的が重要となる

一見すると、XPなどは価格が上がる通貨の条件に当てはまっているような感じがします。

しかし、ホワイトペーパーなどを読むと、理解しにくいことが書いてあります。

XPという名前の由来にもなっているようですが、XPの理念は「経験値こそが人間の価値だ」と言っています。

つまり、経験を積むことが重要だと言っています。XP払いを導入して、その人の経験値をブロックチェーンによって記録するということでしょう。

正直言って、意味がわからない人には全然わからないと思います。よくわからない理想論を掲げると、よくない噂が流れることもあります。

よくない噂が流れると、コインを手放してしまうことが少なくありません。コインを手放して、価格が減少してしまうこともあるでしょう。

目的がはっきりしていない、ホワイトペーパーを読んでもこの人たちが何を目指しているかをよくわからないような内容であれば、暴落する可能性は恐ろしく高いでしょう。

プラットフォーム系は暴落しにくい

暴落していない通貨の一つとして、プラットフォーム系の通貨は暴落しにくい傾向にあります。

プラットフォーム系の通貨は将来性を感じやすいからなのか、暴落に至らないことが多いようです。下がったとしても、その通貨の将来性を感じられるのかもしれません。

そして、価格高騰のチャンスも潜在的に潜んでいます。もちろん、通貨によって変わりますが、チャンスの大きさがあるのがプラットフォーム系の草コインだと思います。

ただし、そろそろプラットフォーム系の通貨はレッドオーシャンとなっています。イーサリアムをはじめとして、たくさんの通貨があります。今後、プラットフォーム系の通貨が参入していくのは難しいように思います。

コミュニティが強いコインは暴落しにくい

コミュニティが強い草コインは暴落しにくい

コミュニティが強いコインは、価格が落ちにくい傾向にあります。コミュニティが強いコインの代表例として、モナコインがあります。モナコイン は特別な技術があるとは言えませんが、とてもコミュニティは強いです。コミュニティが強いおかげで、仮想通貨全体が暴落していても、モナコイン だけはそれほど暴落しないということもありました。

モナコインはもともと草コインの仲間でしたが、強いコミュニティとともに成長していった感じがあります。

だから、コミュニティが強いと、それだけで長く通貨を保有する人が増える傾向にあります。

その結果、暴落もしにくいです。そして、価格が上がるときには一気に価格が上昇する傾向にあります。

私はモナコイン保有者です。モナコイン はコミュニティが強く、今後も必ず成長していくと確信があります。

暴落したとしても、コミュニティにのおかげで暴落してもそれほど下がらない可能性が高いからです。

暴落を避けた億り人

事実、暴落しないようなコインを選択して、投資をした人は億り人になったケースもあります。

例はいくつかありますが、一つ大きな例をあげるのであれば、verge coinでしょう。

1900倍にも伸びて、たくさんの億り人を出した草コインの一つです。

本当に投資をしておけばよかったと自分でも思います笑

verge coinの特徴を知り、価格の乱高下に惑わされなかった人々がすごいと言えます。

Vergeのチャート

Vergeは最初は思うように価格が上昇しませんでした。小さな乱高下を繰り返しました。

しかし、そんな中でも暴落しない通貨と予測して、保有し続けた人々がいます。

この保有し続けた人々は暴落する草コインの特徴を知っていた人々ではないでしょうか。

草コインの特徴をよく理解し、保有し続けた人は億り人となることができました。

あなたにも予測できる

簡単に暴落するかどうか見極めるポイントをまとめましょう。そのコインに将来性を感じ、そこに実体があるかどうかということです。

実体がなければただの詐欺コインですが、将来性があれば暴落しない草コインです。

将来性があれば、一時的な価格が下落することは苦になりません。その後、きちんと評価されれば、価格がまた上昇すると確信できるからです。

草コインが暴落するかどうかを見極めるためには

草コインが暴落せずに、急騰することを信じるための方法は、勉強をして仮想通貨の本質を理解すること。

そして、自分が興味のある仮想通貨が出てきたら、きちんとホワイトペーパーを読みましょう。どんな内容なのかを理解することです。きちんと、理解できたら、信じるのみです。日頃の上下に悩まされずに、信じることが大切になります。

まずは勉強し、理解した上で草コイン投資に踏み切ることは重要です。

草コインだけではない、仮想通貨暴落の真実

草コインが暴落するときは理由の見極めが必要

これから、草コインが暴落する共通点について書いて行きたいと思います。

暴落を分析する時に、暴落の原因はよく見極める必要があります。そして、暴落する原因は大きく2つに分けることができます。

仮想通貨が暴落する時の2つのポイント

1つは、コインそのものに価値を感じなくなったというコイン単体の暴落です。

もう1つは、Coincheck事件や仮想通貨規制による仮想通貨全体の暴落です。

つまり、単体としてそのコインが減少してしまっているのか、それとも、仮想通貨全体が減少しているのかをよく見極める必要があるということです。

例えば、ビットコインは最高値から90%近く、イーサリアムも60%近く下がったこともあります。これは、ビットコインやイーサリアムの評価が急激に下がったのではなく、仮想通貨の規制などが入ったせいなどが原因となって、仮想通貨全体に影響を及ぼしたことが理由でした。

暴落をしたからといって、そのコインが悪いとは限らず、原因をよく考える必要があります。

暴落の兆候が見られた時に役立つ取引所

草コインを日本の取引所で取引することはできません。日本の取引所で、草コインが上場しているところを見たことがありません。

そのため、草コインを取引するのであれば、海外の取引所に登録する必要があります。

そのため、草コインを取引したいと思うのであれば、BINANCEに登録しましょう。

BINANCEで取引をする方はこちらをチェックしてください!

世界最大の仮想通貨取引所「Binance」に最短2ステップで登録する方法

まとめ

草コインはとても大きな可能性を秘めている分、大きなリスクも潜んでいます。

大きな可能性が当たるかどうかはわかりませんが、リスクを回避することはある程度可能です。

リスクを回避するためには、勉強することが大事です。本質を理解して、通貨を知ることができれば、良いでしょう。

草コインを日本の取引所で取引することはできないので、海外の取引所を登録しましょう。

まずはBINANCEから始めるのが良いと思います。