トロンのウォレット管理はMyEtherWalletがおすすめ!

トロンのウォレット管理はMyEtherWalletがおすすめ! 仮想通貨

こんにちは、森下です。

今回はTRON(トロン)を管理するウォレットについて解説します。

2018年5月現在、時価総額ランキングの10位に入っているTRON(トロン)。

人気が高まるに連れて、ハッキングなどの盗難のリスクも高まり、ウォレットの必要性が高まってきています。

トロンのおすすめのウォレットを見ていきましょう。

トロンのオススメウォレットは?

トロンのオススメウォレットはマイイーサウォレットです。

トロンには、トロン専用のウォレットは現在存在しません。
ですがMy Ether Wallet(マイイーサウォレット)を使うことができます。

MyEtherWallet(MEW)とは、イーサリアム系の通貨を保管できるウォレットのことで、安全性や利便性が高いのが特徴です。詳しくは以下の記事を参考にしてください。

マイイーサウォレットの使い方や登録方法を解説

2018.04.02

ちなみに、最近はMyEtherWalletの偽サイトもできてきており、そこから秘密鍵を盗むという事件もよくあるようなので、必ず正しいリンクから飛ぶようにしてください。

MyEtherWalletへジャンプ

MyEtherWallet使用注意点
トロンは近々大型アップデートが予想されており、MyEtherWalletが使用できなくなる可能性があります。
その際には専用のウォレットが開発されるようです。

トロンオススメウォレットの使い方は?

トロンのオススメウォレットであるMyEtherWalletの使い方をご紹介していきます。
ウォレットなので、「仮想通貨取引所からMyEtherWalletにトロンを送金する」のと逆に「MyEtherWalletから仮想通貨取引所へトロンを送金する」ことで使用できます。

それぞれ順番に説明していきます。

仮想通貨取引所からMyEtherWalletにトロンを送金する

トロンをウォレットに移すには、MyEtherWalletのアカウントを開設するところからスタートするのですが、そのあたりの手順は、先ほどの「MyEtherWalletとは?」の記事で紹介しているので省略します。

MyEtherWalletにトロンを送金する際に気をつけてほしいのが、送金アドレスのミスです。

やり方自体は簡単ですが、送金アドレスを間違ってしまうと、送金した分のトロンがなくなってしまうことになるので、細心の注意を払いながら進めてくださいね。

今回は世界有数の取引所であるBinanceを例にして話を進めていきます。

まずBinanceにログインし、Funds→BalancesからTRXを選択します。

その後、以下の画像の「Withdraw」または「お引き出し」を選択し、送金先アドレスと数量を入力し、「Submit」で提出します。

トロンのオススメウォレットの使い方①:取引所からMyEtherWalletへの送金方法

完了すると、スマホの2段階認証とメールでの確認になります。2段階認証をして、送られてきたメールのURLをクリックすれば送金完了です。

ちなみに、1回あたりのトロンの最低送付数量が600TRXです。

MyEtherWalletから取引所にトロンを送金する

MyEtherWalletから取引所にトロンを送金する方法を見ていきましょう。

「Binance」を例にして話をしていきます。

マイイーサウォレットのページを開き、以下の①〜③までを順番に画像と同様に設定します。

以下のような画面になれば大丈夫です。

トロンのオススメウォレットの使い方②:MyEtherWalletから取引所への送金方法は「財布ファイルを選択」をクリック。

宛先アドレスを入力し、送出数量を入力、「ETH」→「TRX」へと変更します。また、ガスリミット(送金手数料)はそのままでOKです。

画面から切れていますが、以下の部分を入力したあとに「トランザクションを生成」をクリックすれば完了です。

トロンのオススメウォレットの使い方③:MyEtherWalletから取引所への送金方法はアドレス等入力する。

以上で送金手続きは終了です。

まとめ

今回は、トロンのウォレット保管方法について記事をまとめてみました。

現状ではトロン専用のウォレットはありませんが、MEWを使うことができます。

また今後、トロンが発展していくに連れて、トロン専用のウォレットもできると思うので、これからが楽しみですね。