ビットコインプライベート(BTCP)が誕生!あらゆる疑問を解決!

ビットコインプライベートが誕生!あらゆる疑問を解決! 仮想通貨

2018年2月に、ハードフォークでビットコインプライベートが誕生しました。今までのハードフォークコインとは違った特徴をいくつももつビットコインプライベートですが、どのような特徴を持つのでしょうか。

ビットコインプライベートに関するあらゆる疑問を解決していきます。

ビットコインプライベートとは?

ビットコインプライベートとはどんな仮想通貨?

ビットコインプライベート(Bitcoin Private)とは、2018年2月28日にビットコイン(BTC)とジークラシック(ZCL)から同時にハードフォークして誕生する新種の仮想通貨のことです。

ビットコインプライベートの単位はBTCPで、付与比率は1:1です。

基本情報

2月28日にビットコインとジークラシックからハードフォークして誕生したビットコインプライベートの基本情報を見てみましょう。

 

通貨名 Bitcoin Private

(ビットコインプライベート)

単位 BTCP
公開日 2018年1月1日
最大発行枚数 2100万枚

公式サイトはこちら
https://btcprivate.org/?lang=ja

公式ツイッターはこちら
https://twitter.com/bitcoinprivate

ホワイトペーパーはこちら
https://btcprivate.org/whitepaper_ja.pdf?lang=ja

ホワイトペーパーとは?

ホワイトペーパーとは、仮想通貨を公開する前にその通貨を知ってもらうために、その仮想通貨の企画や技術的な内容をあらかじめ公開しておく文書のことです。

ホワイトペーパーがないとスキャム(詐欺)の場合が多いと言われています。

2018年4月現在、時価総額ランキングで35位となっており、数千種類以上仮想通貨の種類があるということを考えれば奮闘していると思えます。

 

また、ビットコインプライベートの公式twitterでビットコインやビットコインキャッシュ、ビットコインゴールドとの比較がされています。

【日本語訳】

ビットコインプライベート ビットコイン ビットコインキャッシュ ビットコインゴールド
供給量 210万枚 210万枚 210万枚 210万枚
匿名性 × × ×
リプレイプロテクション 不必要
ブロック形成時間 2.5分 10分 10分 10分
ブロックサイズ 2MB 1MB 制限なし 1MB
PoWアルゴリズム  Equihash SHA256  SHA256  Equihash
 難易度調整  ブロックごと  2週間  2週間  ブロックごと
 プレマインがない  ○  ○  ○  ×
 コミュニティ重視度  ○  ×  ×  ×

全ての項目の日本語訳を書きましたが、難しいのですべてを理解しなくて大丈夫です。

ビットコインプライベートは「匿名性が高い」「ブロックサイズが大きい」「プレマインや開発者報酬がない」の3つだけ抑えておきましょう。

特徴

ビットコインプライベートは、今までビットコインからハードフォークをした他のコインとは異なる特徴を持ちます。具体的などのような特徴を持つのかを見ていきましょう。

初の他通貨との合同でのフォークコイン

ビットコインプライベートは、冒頭でも述べた通り、ビットコイン(BTC)とジークラシック(ZCL)から合同でハードフォークして誕生するコインです。

ジークラシックとは?

ジークラシックとは、ジーキャッシュの兄弟のような通貨で、ジーキャッシュと同じく匿名通貨です。ジーキャッシュと比べてジークラシックの方がマイニングがしやすいという特徴があります。

ジークラシックは、Bittrexとクリプトピアという海外の取引所に上場しています。

ビットコインプライベートはビットコインとジークラシックのふたつからハードフォークする

ふたつのコインからハードフォークをするので、当然ながらビットコインプライベートは両方の通貨の特徴を持ちます。

ビットコインプライベートの特徴

①ビットコインからのフォークコインで初の匿名通貨

②管理者のいない、非中央集権的運営

③ソースコードが完全に公開されたオープンソース

④送金スピードが早い

ロードマップが細かく設定されている

ビットコインプライベートは、他の通貨と比べてロードマップが細かく設定されています。

ロードマップとは?

ICOやハードフォークなど新しく通貨が誕生するときに、その仮想通貨の今後の目標や方向性を達成目標時期と合わせて公開するもの。

これだけロードマップが作り込まれているということで、開発者の本気度が伝わってきます。

ビットコインプライベートへの反応は?

ビットコインが初めてハードフォークしてビットコインキャッシュが誕生したとき、多くのビットコインユーザーが不安を持っていました。

そこからいくつかのハードフォークを経て「ハードフォーク慣れ」してしまい、ハードフォークはフォークコインを無料でもらえるイベントと化してしまっています。

ビットコインプライベートも例に漏れず、「もらえるならもらっておこう」という反応が多いようです。

ビットコインやビットコインキャッシュ、ビットコインゴールドと比べても違った特徴のある通貨なので、個人的には期待ができると思っています。

ビットコインプライベートの現在の価格は?

2018年2月28日に誕生したビットコインプライベートの3月中旬からの価格の推移を以下のチャートに表しています。

2018年4月現在、ビットコインプライベートの価格は4000円前後で推移しています。

現在の価格はこちらから確認してください。

ビットコインプライベートを手に入れるためには?

ビットコインプライベートは、2018年2月28日時点でビットコインとジークラシックを保有していれば、その数量に対して1:1で付与されるとのことです。

例えば0.63BTCを持っていれば0.63BTCPが付与され、15.4ZCLを持っていれば15.4BTCPが付与されます。またこの両方を持っていれば16.03(=0.63+15.4)BTCPが付与されます。

ただし、ビットコインプライベートがサポートされる取引所に保管しておかないとビットコインプライベートを貰うことができないので、2月28日時点で日本の取引所にビットコインを保管していた人は付与される期待をしない方がいいかもしれません。

ビットコインプライベートが上場する取引所は決まってるの?

2018年4月現在、ビットコインプライベートが上場する取引所はまだ決まっていません。

ただ、ビットコインプライベートの公式Twitterより、香港に本社を構え世界仮想通貨取引高1位になったこともあるBinanceへの上場をほのめかす内容がツイートされています。

まだ確定したわけではなく、過度な期待は禁物ですが、仮にBinanceに上場すると大きく値段が上がるでしょう。

まだBinanceに登録していない方は、こちらの記事を参考にしながら作っておきましょう。

世界最大の取引所Binance(バイナンス)の登録方法を紹介

2018.01.08

ビットコインの次のハードフォークは?

ビットコインからビットコインプライベートが誕生するハードフォークが終わると、その次のビットコインのハードフォークは予定されていません。

しかし、2017年8月にビットコインからハードフォークしたビットコインキャッシュ(BCH)が、2018年5月15日前後にハードフォークする予定があります。(ちなみにビットコインキャッシュの性能がよくなるためのハードフォークで、新しくコインが誕生する予定はありません。)

2018年5月15日前後にビットコインキャッシュのハードフォークが予定されている

まとめ

今回はビットコインプライベート(BTCP)についてまとめてきました。

・初の2通貨合同のハードフォーク

・ビットコインからのハードフォーク初の匿名通貨

・ロードマップが作り込まれている