時価総額ランキング5位に食い込む謎の仮想通貨EOSの正体とは?

時価総額ランキング5位に食い込む謎の仮想通貨EOSの正体とは? アルトコイン

将来的にイーサリアムを超える性能をもつ可能性があると言われている仮想通貨EOS。

ポテンシャルが高く、プロジェクト開発も順調に進んでおり、価格も急激に伸びている注目のEOSについて詳細をまとめていきます。

仮想通貨EOSとは?

仮想通貨EOSとは

仮想通貨EOSは「イオス」と読みます。

2017年6月にICOを行い、18時間で16億円ものお金を集めることに成功し、大きな注目を集めました。1年間続いたICOでは、合計770億円ものお金を集めました。

2018年4月現在、名だたる通貨を抑えて時価総額ランキング5位に位置しています。

1位はビットコイン、2位はイーサリアム、3位はリップル、4位はビットコインキャッシュです。

EOSの特徴

仮想通貨EOSの特徴

1年間で770億円もの大金を集めるほどの通貨なので、他の通貨にはない特徴を持っています。その特徴を見ていきましょう。

トランザクションがとても優秀

EOSはビットコイントやイーサリアムなどの他の通貨よりもトランザクションが優秀です。

トランザクションとは

トランザクションとは、簡単に言えば取引のことです。

取引である以上スピードは速い方がよく、手数料も安い方が優秀です。

仮想通貨名 トランザクションスピード トランザクション手数料
ビットコイン 7回/秒  10〜1000円
イーサリアム 15回/秒  10〜1000円
イオス 1000000回/秒  無料

こちらの表を見るとわかりますが、ビットコインやイーサリアムよりもトランザクションが優秀だということがわかります。

トークン自体に価値がない

EOSの次の特徴は、EOSの公式が「トークン自体に価値がない」ということを表明していることです。

これは裏を返せば、資金調達のためのICOだということを公式が表明しているということです。

2018年に入りICOが増えてくる中で、詐欺ICOも増えてきました。その中で、「価値がない」と公式が明かしてくれている点は評価できるポイントかもしれません。

 

EOSの現在の価格は?

2017年に公開されて以来、最大で300%になった歴史を持ちます。


気になる現在の価格は、下の通りです。

EOSの最新情報

トークン自体に価値がないと宣言されているEOSですが、最新情報から将来性を考えていきましょう。

Webbotが価格上昇を予言

EOSの最新情報「Webbot」

元マイクロソフトのエンジニアであるクリフハイ氏が作製したAIのような株価予想プログラムを仮想通貨用に応用させたものを、Webbotといいます。

Webbotは、Twitterやその他SNSなどの不特定多数の人の発言を分析して、値段が上がるか下がるかを予想するプログラムで、2017年にビットコインの高騰の時期や価格を当てるなど、的中率が高く、注目されています。

そのWebbotが、EOSについて次のように予想しています。

EOSは2018年の春から本格的に上昇を始めます。その理由としては、EOSが既存の産業で使われるようになるからです。

具体的に何月から上昇するかは言及されていませんが、大まかに春から上昇するとのことです。

格付けで全体の中での最高評価タイを獲得

2018年1月にWeiss Ratingsから発表された仮想通貨格付けで、EOSはイーサリアムと並んで最高評価となる「B」を獲得しました。

ちなみに「A」を獲得した通貨はなく、ビットコインは「C+」でした。

仮想通貨EOSがWeissRatingsの格付けで最高評価を獲得

EOSを持っていると得をするの?

トークン自体には価値がないといいながらも優れた性能を持つ通貨なのは間違いないですし、Webbotに価格上昇を予想されていたり、格付けで最高評価を獲得したりするなど、価格の上昇が期待できるニュースが多い通貨です。

投資なので絶対とは言えませんが、利益を出せる確率は相当高いと思います。

また、EOSを持っているとIQトークンがもらえるという噂もあります。

EOSを購入できる取引所は?

2018年4月現在、国内でEOSを購入できる取引所はありません。

必然的に海外取引所を利用することになります。

EOSを購入できる取引所

・Binance

・HitBTC

・Bitfinex

中でも、当サイトではBinanceの開設をおすすめしています。Binanceの詳しい登録手順はこちらをご覧ください。

世界最大の仮想通貨取引所「Binance」に最短2ステップで登録する方法

まとめ

今回は、あまり耳にする機会がないEOSという通貨について紹介してきました。

公開から1年あまりで時価総額5位に食い込んだり、いいニュースが絶えない通貨なので、ぜひ今のうちに購入を検討してみてください。