仮想通貨FX(ビットコインFX)での稼ぎ方を徹底解説!

仮想通貨FX(ビットコインFX)で稼ぐ!やり方からおすすめ取引所まで徹底解説! その他

ビットコインをはじめとする仮想通貨の人気が上がっていくにつれて、ビットコインFXや仮想通貨FXという言葉を耳にする機会が増えてきました。

ビットコインFXや仮想通貨FXとはどのような特徴をもち、どのようなリスクがあるのかを徹底解剖していきます。

仮想通貨FX(ビットコインFX)とは?

仮想通貨FXとは?
そもそもFXとは?

FXとは「Foreign Exchange」の略称で、正式には「外国為替証拠金取引」といいます。

ドルやユーロといった外国の法定通貨を交換することで差益を取っていく投資方法です。

仮想通貨FXとは、ビットコインFXとも呼ばれ、証拠金を取引所に集めてその数倍〜数十倍の仮想通貨を動かす「レバレッジ取引」を行う取引方法です。

簡単にいうと、普通のFXはドルやユーロ、円などの法定通貨同士で行うのに対し、仮想通貨FXはビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨と法定通貨の間でFXをします。

対してレバレッジをかけずに1倍のまま取引をすることを現物取引と言います。

仮想通貨を使って大きな利益を得たいと思う人たちに人気な取引方法となっています。

仮想通貨FXは「ハイリスクハイリターン」な取引方法です。

大きな利益を見込める反面、大きな金額の負けを食らってしまう可能性もあるので、仮想通貨FXに挑戦する際は十分に注意をしてください。

仮想通貨FXが人気な理由は?

仮想通貨FXが人気なのはふたつの大きな理由があります。

「売り」からのエントリーができる

ビットコインをもともと保有している人はいないので、現物取引では基本的には「買い」からのエントリーしかできないですが、レバレッジ取引では「買い」からだけではない「売り」からのエントリーもできます。

買いエントリーだとビットコインの値段が上がれば利益が出ますが、売りエントリーだとビットコインの値段が下がれば利益になります。

現物取引よりも多様な取引ができることが人気のひとつです。

 

少ない資金でもスタートできる

仮想通貨FXはレバレッジをかけた取引を行うことができるので、少ない資金でも大きな金額分のトレードを行うことができます。

仮想通貨はボラリティ(価格の変動率)が大きく、利益を取りやすいという特性があるので、上手な取引を行えば一気に大きな利益をあげることができます。

仮想通貨FXのリスクとは?

仮想通貨FXで気をつけるべきポイント

仮想通貨FXも投資なので、当然ながらリスクもあります。そのリスクを最小限にするために、次のことを気をつけましょう。

証拠金がなくなってしまう可能性がある

仮想通貨FXのリスク①「証拠金がなくなる」

投資全般なので当然ですが、預けている証拠金が取引に負けることで無くなってしまう可能性があります。仮想通貨に限った話ではありませんが、仮想通貨は特に値動きが激しく、大きな利益を狙える反面、証拠金を減らしてしまう可能性があります。

現物取引ももちろんですが、仮想通貨FXに取り組む場合は必ず余剰資金で行うようにしましょう。

取引所のサーバーが落ちることがある

仮想通貨FXのリスク②「サーバーがダウンすることがある」

2018年に入ってとても改善はされてきましたが、取引所によってはサーバーがダウンしてしまうことがあります。

レバレッジをかけて大きな金額分の取引をしている時にサーバーが落ちてしまうと、思いもよらない大きな損失を被ることになってしまうことにも繋がりかねません。

取引所を選ぶ時にはサーバーが強いかどうかもきちんと確認しましょう。

仮想通貨FXにおすすめの取引所

仮想通貨FXを始めるためには、レバレッジ取引に対応している取引所に登録する必要があります。

他にも考慮すべきポイントがいくつかあるので、紹介していきます。

仮想通貨FXの取引所選びのポイント

・流動性

流動性…ユーザーがどの程度活発に取引をしているかのこと。少なすぎると自分の狙い通りの金額で注文が通らず、損をしてしまう可能性がある。

・最低取引額

・レバレッジ

・追証

追証…証拠金以上の金額の損失を出してしまった場合、マイナス分を後に補填しないといけない制度のこと。取引所によっては、追証なしで取引所が肩代わりしてくれるところもある。

以上の観点から、おすすめの取引所を紹介していきます。

BitMEX

仮想通貨FXにおすすめの取引所「BitMEX」

・流動性…★★★★★

・最低取引額…0.0001BTC

・レバレッジ…最大100倍

・追証…なし

・総合評価…

まず最初に紹介するのは、BitMEXです。BitMEXは海外取引所で、仮想通貨FXを行うための取引所だと思ってもらったら大丈夫です。

海外取引所でありながら日本語対応していますので、英語がわからずに止まってしまうこともありません。

また、ビットコイン以外にも8種類の通貨でFXに取り組むことができ、中にはBitMEX以外ではレバレッジ取引ができない通貨もあるので、登録しておいて間違いないです。

BitMEXでFXができる通貨

・ビットコイン

・イーサリアム

・ビットコインキャッシュ

・リップル

・ライトコイン

・イーサリアムクラシック

・モネロ

・ジーキャッシュ

・ダッシュ

詳しい登録方法は、こちらの記事を参考にしてください。

”億り人量産取引所”BitMEXの登録方法と使い方を徹底解説!

DMM Bitcoin

・流動性…★★★★★

・最低取引額…0.001BTC

・レバレッジ…5倍固定

・追証…なし

・総合評価…

続いて紹介するのは、女優のローラさんがCMに出演していることで話題になった、DMM Bitcoinです。動画や書籍、ゲームやスポーツなど様々な事業を手がける超有名企業のDMM.comが運営母体なので、信頼性や知名度は抜群に高いです。

またDMM Bitcoinでは、ビットコインだけではなく、6種類のアルトコインでもFXができますし、日本の取引所なので入金なども簡単です。

DMM BitconでFXができる通貨

・ビットコイン

・イーサリアム

・ビットコインキャッシュ

・リップル

・ネム

・ライトコイン

・イーサリアムクラシック

さらに今なら、DMM Bitcoinに登録するだけで1000円もらえるキャンペーンを実施しているので、ぜひ今すぐ登録しましょう!登録は簡単5分で完了し、登録料や口座維持費もかかりません。

詳しい登録方法は、こちらの記事を参考にしてください。

 

bitFlyer

仮想通貨FXにおすすめの取引所「bitFlyer」

・流動性…★★★★★

・最低取引額…0.001BTC

・レバレッジ…最大15倍

・追証…あり

・総合評価…

続いては、おなじみのbitFlyerです。bitFlyer Lightningという名前で仮想通貨FXを提供しています。初めてbitFlyer Lightningに入るとキラキラした音がなります。うるさければ設定から消しましょう。

bitFlyerは日本最大のビットコイン取引高を誇る取引所なので、サーバーダウン対策が十分になされています。流動性も高く、使いやすい取引所であることは間違いありません。

詳しい登録方法は、こちらの記事を参考にしてください。

仮想通貨取引所のbitflyerの登録の仕方は?

Zaif

・流動性…★★★★☆

・最低取引額…0.0001BTC

・レバレッジ…最大25倍

・追証…なし

・総合評価…

Zaifは最低取引額が小さく、数百円単位から取引を行うことができます。追証がないので元金以上に損失を出す可能性もないので、小さいリスクで大きな利益を狙える取引所だと言えます。

詳しい登録方法は、こちらの記事を参考にしてください。

仮想通貨の取引所・Zaif(ザイフ)の登録方法をわかりやすく解説!

bitbank

・流動性…★★★☆☆

・最低取引額…100ドル(約1万1000円)

・レバレッジ…最大20倍

・追証…なし

・総合評価…

最後に紹介するのは、Bitbankです。ただ実は、Bitbankではレバレッジ取引をすることができないので、Bitbankに登録した後にBitbankトレードに登録する必要があります。

Bitbankへの登録方法は、こちらの記事を参考にしてください。

仮想通貨取引所bitbankの登録方法は?口座開設を解説!

BitbankからBitbankトレードに引き継ぐ方法

①Bitbankにログインし、トップページ右上部の人型アイコンをクリック

②「アカウント提携」から「提携」ボタンをクリックし、提携パスワードを取得する

③パスワードを入力して完了

仮想通貨FXのやり方

仮想通貨FXは簡単に始めることができます。基本となる手順を見ていきましょう。

仮想通貨FXの始め方

・取引所を開設して、取引所に入金する

・チャートを見ながら、勝てると思ったタイミングでエントリーする

・ポジションを決済する

今回は、bitFlyerを例に話を進めていきます。(取引所の開設は終わっている前提です。まだ開設していない方は、こちらから登録をしておいてください。)

仮想通貨取引所のbitflyerの登録の仕方は?

取引所に入金する

いざ「ビットコインFXを始めよう!」と思った時にお金が入金できていないと、取引を始めることができません。まず最初に行うのが、取引所への入金です。その入金手順を見ていきましょう。

まずはbitFlyerにログインし、左側のメニューからbitFlyer Lightningを選択します。

仮想通貨FXの手順①入金する①

続いて左側のメニューから「入出金」を選択

仮想通貨FXの手順①入金する②

ここに表示されている口座に振込して入金完了です。

仮想通貨FXの手順①入金する③

チャートを見ながら、勝てると思ったタイミングでエントリーする

続いて、実際に注文を出していくのですが、ここでひとつポイントがあります。

「勝てる」と思ったタイミングでのみ注文をすることです。

勝てないタイミングで無理してエントリーしても、勝率が下がって残高がどんどん減ってしまうだけです。勝てるタイミングが1日中来なければ、その日はエントリーすべきではありません。

無理してトレード回数を増やす必要はどこにもありません。

このことを頭に入れた上で、実際の注文方法を見ていきましょう。

仮想通貨FXの注文の仕方

注文は、bitFlyer Lightning中央付近にある、上の画像の赤枠のところから行います。

注文の種類が3つあるのですが、特殊注文は初心者には難度が高いので、指値注文と成行注文をマスターすればいいでしょう。

指値注文とは?

指値注文とは、自分が設定した金額で注文をだす方法です。

ただし、指値注文は相場の動き次第では約定しないこともあります。

例えばビットコインの現在の価格が100万円ちょうどで、99万円で指値買い注文を入れたとします。その時、価格が99万円以下にならないと注文は成立しません。

仮想通貨FXの指値注文

数量はビットコインの量で、価格は指値(自分で設定する)です。

成行注文とは?

成行注文とは、現在の価格で「買い」または「売り」の注文を入れるスタイルのことです。

指値注文では注文が通らない場合があったのに対し、成行注文では確実に注文が通ります。ただし、相場が急激に変動している時に成行注文を出すと、思わぬ価格で注文が成立してしまう可能性があるので注意が必要です。

仮想通貨FX 成行注文の仕方

ポジションを決済する

注文を通したら、決済しないといけません。評価損益がプラスの値になっていてもそれは「含み益」で、確定した利益ではありません。しっかりと利確と損切りをする必要があります。

利確と損切りとは?

利確=含み益が出ている状態で決済をすること。利益確定だと思うとわかりやすいです。

損切り=含み損が出ている状態で決済すること。含み損を大きくしすぎないことが大切です。

そのために決済方法を見てみましょう。

建玉タブをクリックし、一番上の赤く囲っているあたりをクリックすると、反対注文ができるようになり、決済が可能になります。

 

まとめ

今回は、ビットコインFXをはじめとする仮想通貨FXにおすすめの取引所から、仮想通貨FXの具体的なやり方まで詳しく解説してきました。

FXに馴染みがない方にとっては難しく感じる部分もあったかもしれませんが、少ない資金からでも大きな利益を狙えるのが仮想通貨FXなので、ぜひ挑戦してみてください。