匿名通貨Zcashの特徴から今後まであらゆる角度で徹底解説!

匿名通貨Zcashの特徴から今後まであらゆる角度で徹底解説! アルトコイン

ほとんどの通貨が2017年にかけて、値段を大きく伸ばしてきましたが、唯一大きく価格を落とした通貨、Zcash。

Zcashは大手銀行や他の通貨などとの提携が発表されるなど、今後値段が上がるポテンシャルをもつ通貨なので、この記事を参考にしてください。

Zcashの特徴とは

匿名通貨Zcashとは?

Zcashは「ジーキャッシュ」と読み、匿名通貨の1種です。

匿名通貨とは

ビットコインの送金では、送る人と受け取る人のそれぞれのアドレスや、送った数量が第三者から見えてしまうので、プライバシーが守られていません。

その点、匿名通貨はお金を送る人や受け取り人のアドレス、送った数量などの一部または全部が取引記録に残らないようにされているので、プライバシーが保護されるというメリットがあります。

ただし取引記録が残らないので、マネーロンダリングなどの違法行為の犯罪の温床になってしまうリスクが指摘されています。

匿名通貨として有名なものには、DashやMoneroなどがありますが、Zcashはそれらの通貨よりもさらに匿名性が高い通貨として知られています。

さらに、リリース前に多くの期待を背負って価格が53万円でスタートしましたが、直後に4000円まで暴落した過去をもつという変わった通貨でもあります。

基本情報

Zcashの基本情報をまとめておきます。

名称 Zcash(ジーキャッシュ)
単位 ZEC
開発組織 Zcash Company
アルゴリズム Proof of Work(POW)
発行枚数 2100万枚
半減期 4年

 

 

Zcashの最近のニュース

そんな将来性をもつZcashですが、今後どのように発展していくのでしょうか?最近のニュースから考えていきます。

大手銀行JPモルガンとの提携

暗号通貨Zcashの開発企業であるZcash Electric Coin Company(ZECC)は、世界最大の銀行JPモルガンと自身の持つエンタープライズ向けセキュリティ「Quorum」にZcashのゼロナレッジセキュリティーレイヤーを導入するためにパートナーシップを結んだ。

引用元: ブロックチェ―ンに欠陥?プライバシーを保護する匿名性暗号通貨

 

2017年5月に、世界最大級の大手銀行であるJPモルガンがZcashの持つ技術に注目して、提携を結ぶと発表したことで大きな注目を集めました。

 

ETHとの提携

スマートコントラクトという機能を持つ通貨として有名なのがETHです。そして実はZcashもスマートコントラクトを持つ通貨です。いわばETHの匿名版というイメージですね。そんなZcashはETHと提携を組んで、ZOEプロジェクトという企画を進めています。

 

Zcash,今後、Zcash,将来性

ZOEプロジェクトとはZcashの匿名性の技術をイーサリアムに追加することで資産のプライバシーの保護をしながらもネット上でプライバシーの保護をするという内容です。

 

ZOEプロジェクトが進むことによって、より様々な場面でZcashが使われるようになり、より有名にそして価格も上がっていくことになるでしょう。

 

著名人からの支持

ウイルス対策ソフトMcAfeeの創業者である、John McAfee(ジョン・マカフィー)氏がTwitterにZcashをはじめとする匿名通貨をおすすめする内容のツイートをしています。

 

≪日本語訳≫

「私はよくオススメの通貨を聞かれます。もし次に同じ内容の質問をされたら、将来有望なのは匿名通貨だと答えるでしょう。例えば、Monero (XMR), Verge (XVG), Zcash (ZEC)ですね。」

 

2018年に大型アップデート予定

Zcashは2018年に2回大型のアップデートを予定しています。

・1度目のアップデートがOverwinter

・2度目のアップデートがSapling

 

1度目のアップデート:Overwinter

1度目のアップデートは2018年6月頃に予定されています。

 

Overwinter is the first network upgrade for Zcash. Its purpose is strengthening the protocol for future network upgrades. It includes versioning, replay protection for network upgrades, performance improvements for transparent transactions, a new feature of transaction expiry, and more.

引用元:Zcash公式

 

簡単にいうと「今後のアップデートにむけてネットワークの安全性を高める」為のアップデートのようです。

 

2度目のアップデート:Sapling

2度目のアップデートは2018年の9月に予定されています。

 

こちらも引用を載せておきます。

Sapling will activate the Sapling protocol update, bringing orders of magnitude improvements in both time and memory to shielded transactions, making mobile wallet support feasible. Additionally, Sapling will rely on the Powers of Tau open-participation parameter setup, largely mitigating concerns about the parameter setup risks for zkSNARK applications (including other applications outside of Zcash).

引用元:公式サイト

 

簡単にいうと

・匿名性をさらに高める

・セキュリティの向上

・使いやすさの向上

を目的としたアップデートのようです。

Zcashの匿名性

Zcashの特徴は、なんといっても匿名性の高い通貨であることです。

匿名通貨と一口にいっても様々な通貨があるので、5種類の匿名通貨を比較してみました。

中でもZcashは、他の匿名通貨にはない「ゼロ知識証明」という高度な技術が使われていることもポイントのひとつです。

 

Zcashの現在の価格、チャート

2018年4月現在、Zcashは2万8000円前後で取引されています。

現在の価格はこちらです。

 


現在のチャートなどについては、こちらの記事にまとめました。

Zcashの現在価格とチャート

2018.04.21

 

Zcashの今後は?

匿名通貨Zcashの将来性とは

大手銀行のJPモルガンとの提携が発表されていたり、ETHと技術提携をするなどのいいニュースが立て続けに発表されるなど、今後に期待が持てます。

匿名通貨という通貨の特性上、規制される恐れとは常に隣り合わせですが、投資家の間で影響力のある人物が2025年までに680万円を超えるかもしれないと予想されています。

また、他の角度からも将来性を考えることはできます。

 

プラスとマイナス両面から検討する将来性

 

そんなZcashの将来性はどうなんでしょうか?

プラスとマイナスの両方から将来性を考えていきたいと思います。

プラスの情報

最強の匿名性と数々のアップデートや提携

 

Zcash,今後,将来性

のちほど「最近のニュース」でお伝えしますが、Zcashはアップデートや大手企業や銀行との連携など今後価格によい影響を与えるニュースが盛りだくさんです。

 

そして現時点ではどの仮想通貨にも負けない、最強の匿名性を持っています。匿名で送金をするというのはいつになっても一定の需要がありますので、今後少なくとも無くなるような仮想通貨では決してありません。

 

マイナスの情報

最強の匿名性が原因で犯罪に使われやすい

 

Zcash,今後,将来性

匿名性が強いために犯罪で用いられる可能性も多いに考えられます。その為、今後規制の対象となる可能性がないとは言えません。

しかしながら、各国の動きとして、マネーロンダリングや、犯罪に使用されることがないように、適切に規制していくとの姿勢があるので、

むしろその安全性が保証されるようなニュースが出れば、価格は上がりやすいと思います。

 

Zcashを購入できる取引所

Zcashは2018年4月現在、日本国内では唯一Coincheckでのみ取引を行うことができます。

しかしCoincheckがマネックスグループの子会社になり、金融庁に仮想通貨取引所として認められるために匿名通貨の取り扱いを廃止する可能性が取りだたされており、今後の続報に注目が集まります。

海外取引所ではBinanceやBittrexなどの有名取引所で取引ができるので、心配はいりません。

Zcashを購入できる取引所や詳しい購入方法については、こちらの記事を参考にしてください。

 

 

Zcashを買うことができる取引所一覧

Zcash,取引所

 

Zcashを買うことができる取引所は国内では1つ、海外で7つ以上あります。

国内の取引所はCoincheckのみ
現在、Zcashを購入できる国内の取引所はCoincheckのみです。ただし、Coincheckはネム流出事件があったためオススメはしません。

海外の取引所を利用しよう
国内の取引所は一つしかありませんので、Zcashを購入したい場合は海外の取引所を利用する方がいいです。

取引所の手数料比較

Zcashを取り扱う取引所の手数料の一覧です。海外の取引所のみを載せています。

 

取引所 手数料
Binance 中国 0.1%
Bitfnex 香港 0.1~0.2%
Bithumb 韓国 0.15%
bittrex アメリカ 0.25%
Hitbtc イギリス 0.1%
kraken アメリカ 0~0.26%
poloniex アメリカ 0~0.25%

 

手数料が一番安いのはBinanceとHitbtcです。取引手数料が安い方が投資をする上でコストを抑えることができるので、手数料は安い取引所を選んでみましょう。

 

日本語対応とアプリがある取引所は?

取引所を利用する際、ほとんどの人は日本語でアプリが使えるところがいいですよね。海外の取引所は日本語でアプリが対応しているかチェックする必要があります。

海外の取引所では日本語対応していない場合も
Zcashを購入する際、現在では海外の取引所を利用することになることがほとんどです。しかし、そこで問題になるのは言語の壁です。

 

海外の取引所では日本語対応していない場合があります。

 

日本語に対応していないとスムーズに取引を行うことが難しくなるのが現実。ほとんどの仮想通貨利用者は日本語以外に慣れていません。

アプリ対応している取引所は便利
仮想通貨で投資を行う人のほぼ全てはスマホ対応している取引所を利用します。価格チェックはすぐにいつでもできたほうが便利だからです。

 

国内の取引所ではほぼ全てアプリ対応していますが、海外の場合スマホに対応していない場合があるので、きちんとスマホ対応しているか知っておく必要があります。

 

下の表は日本語対応の有無、iPhoneかAndroidの対応早見表です。

 

取引所 日本語対応 iOS Android
Binance
Bitfnex
Bithumb ◯(サイトのみ)
bittrex
Hitbtc
kraken
poloniex

 

おすすめの取引所とその理由

Zcash,取引所

Zcashを購入する上でオススメしたい取引所はBinanceです。なぜBinanceがオススメなのかポイントを絞って説明していきます。

ポイント1:2017年7月創業に関わらず、最速で世界一の取引量
Binanceは中国でできた新しい取引所なのですが、瞬く間に世界一仮想通貨の取引が行われている取引所となりました。

 

今、世界で最も勢いのある取引所で日本にも進出しているようです。

ポイント2:取引手数料が安い
取引手数料は一律で0.1%であり、とても安いのが特徴です。また、「BNBトークン」というBinanceが発行する独自のポイントを使えば手数料は半額になるのです。

ポイント3:取り扱う仮想通貨の種類が圧倒的に多い
Binanceで扱う仮想通貨の種類はなんと100種類以上!国内取引所に比べると、その差は一目瞭然です。

 

Zcash以外にこれから伸びるであろう仮想通貨の取引ができるのも魅力です。

 

Binanceはオススメできる取引所である理由は以上です。

 

Binanceをオススメする理由まとめ

ポイント1:世界最速で取引量1位

ポイント2:取引手数料は0.1%で安い

ポイント3:取り扱う仮想通貨は100種類以上

 

取引所の登録方法

今回ご紹介したBinanceの登録方法はこちらからご覧になることができます。

世界最大の仮想通貨取引所「Binance」に最短2ステップで登録する方法

2018.01.08

 

登録方法がわかりやすいように図解で解説をしていますので、これから登録したいと考えている方はぜひこのページを見ながら登録してみましょう。

 

Zcashを保存できるおすすめウォレット

Zcashを保存できるウォレットについては、こちらの記事をご覧ください。

 

Zcash持つならウォレットは絶対これ!対応ウォレット一覧と特徴

2018.02.25

 

 

実はマイニングもできるZcash

Zcashは簡単にマイニングができることでも知られています。

こちらの記事にまとめています。

得したいのに損してる?Zcashマイニングの方法とリアル

2018.03.21

まとめ

今回は、2025年までに680万円まで到達すると予想されているZcashについて、特徴や現在の価格、今後の将来性まで含めて解説してきました。

まだまだ値段が上がるポテンシャルが高い通貨なので、ぜひ今のうちに購入することを検討してみてください。