【世間を賑わせた】エイダコイン(ADA)の特徴・取引所・将来性・チャート

エイダコイン,ADA アルトコイン

2017年の仮想通貨界隈の流行語大賞は「億り人」でしょう。

このコインをICOで購入していれば、ほぼ無条件で億り人になれたという通貨があります。

その名も、エイダコイン(ADA)。

2018年も目が離せないエイダコインについてまとめてみました。

エイダコイン(ADA)とは?

エイダコイン,ADA

 

エイダコインは略号がADAの仮想通貨で、カルダノ財団によって運営や管理が行われています。

2017年1月にプレセールが開始され、同年10月にBittrexに上場しました。現在はBinanceでも取引が可能になっています。

プレセールの価格が0.3円程度で、ICOが第1期〜第4期まで開催され、無事に完売しました。

ICOでの発行枚数が多かったにも関わらず完売まで至ったのは、開発に携わっているのがチャールズホスキンソンという人物だからだと言われています。

チャールズホスキンソンとは

天才数学者であり、仮想通貨業界では知らない人がいないほどの影響力をもつ人物。
現在ビットコインに続いて時価総額2位のイーサリアムを開発した人物で、他にもビットシェアーズというコインを開発し、時価総額20位圏内に食い込ませています。

 

プレセールがはじまった当初は「詐欺コイン」との噂もありましたが、10月にBittrexに上場してからはその声も小さくなり、プレセール時点で購入していた人は多くの人が「億り人」になっています。

 

エイダコイン(ADA)の特徴

エイダコインには、他の仮想通貨にはない特徴がいくつかあります。

エイダコインの特徴
・ビットコインよりも圧倒的に処理速度が速い
・日本のATMでエイダコインを引き出せるようになる予定
・他の仮想通貨が獲得できなかったユーザーを定着させられる可能性がある
・エイダコインのデビットカードでの支払いが可能になる

 

エイダコインは処理速度が速い

ビットコインは1秒間に7回の取引ができます。

エイダコインとは

これを聞くとビットコインの処理速度は結構速いと思ってしまいそうですが、これは全世界で1秒間に7回しか取引ができないということで、平均すると1回の取引に5分〜10分の時間がかかってしまいます。

買い物をするときに、ひとりがレジを通過するのに5分も10分もかかってしまったら、レジは瞬く間に行列になってしまいますよね。

エイダコインとは

つまり、ビットコインは日常生活で使う通貨としては向いていないのです。

 

しかし、エイダコインは1秒間に数千回の取引ができるので、1回の取引にかかる時間が1秒程度です。

取引スピードも十分早いので、日常生活でも使うことができますし、ビットコインよりも使いやすいのは間違いありません。

 

日本のATMでエイダコインを引き出せるようになる

エイダコインは仮想通貨なので、基本的に仮想通貨取引所で行うことになります。

しかしエイダコインはATMの設置を計画しており、日本国内に5カ所がまず作られ、公開後1年以内に25カ所の設置を目指しています。

 

他の仮想通貨が獲得できなかったユーザーの定着ができる可能性が高い

現状日本に限らず、全世界的に仮想通貨市場に入っているお金は「投機・投資目的」です。

わかりやすく言うと、「仮想通貨ってなんか稼げるらしい!」と思っているユーザーがほとんどだということです。

エイダコインは投機・投資目的以外の層を取り込むために、オンラインカジノやオンラインゲームの市場へ進出しています。

エイダコインとは

オンラインカジノやオンラインゲームで、エイダコインでのみ課金できるような仕組みを採用することで、エイダコインが使われるようになります。

オンラインカジノが4兆円、オンラインゲームが1兆円ほどの規模なので、エイダコインが使われるとなると時価総額が大きく跳ね上がりますね!

エイダコインのデビットカードでの支払いが可能になる

Cardanoデビットカードというカードが発行され、エイダコインを使って支払いが可能になります。

詳細は近日中に発表される予定とのことです。

エイダコインとは

 

現在の価格とチャート

現在のエイダコインの価格は以下のようになっています。

より詳しいリアルタイムのチャート分析は、こちらの記事を参考にしてください。

潜在市場は5兆円!エイダコイン(ADA)の相場とチャート

2018.03.23

エイダコインについての市場の反応

3月に仮想通貨市場が軒並み暴落しましたが、ポテンシャルの高いADAはこの暴落を乗り越えました。

エイダコインについては期待している人が多そうです。

 

エイダコイン(ADA)の将来性

エイダコインについていいニュースが絶えず聞こえてきます。今後についても、期待ができる通貨だと思って間違いないのではないでしょうか。

エイダコインの将来性についてはこちらの記事を参考にしてください。

エイダコインは今後価格が上がるのか?最新情報と価格予想!

2018.03.04

 

エイダコイン(ADA)を購入できる取引所、買い方

エイダコインは現在、日本の取引所では取り扱われていないので、海外取引所で購入することになります。

 

エイダコインを購入できる海外取引所を一覧にしておきます。

エイダコインを購入できる取引所
・Bittrex
・Binance
・Cryptopia
・Upbit

Bittrex

Bittrexはアメリカに本社をおく取引所で、かつては世界仮想通貨取引高1位を誇りました。

取引できるアルトコインの数が200種類を超え、Bittrexで買えない通貨はないと言っても過言ではないので、ここはぜひ登録しておきましょう。

エイダコインとは

 

Binance

続いて紹介するのは中国の香港に本社を置くBinanceです。

Binanceもかつて世界仮想通貨取引高1位を誇った取引所であり、現在も3位をキープしています。

Binance内で使える独自トークンBNBを購入することで手数料が0.05%と圧倒的に抑えられるのが魅力で、アルトコインも150種類ほど取引することができます。

エイダコインに限らず、アルトコインの購入を考えている人はぜひ登録をしてみてください。

エイダコインとは

Binance登録はこちら。

世界最大の仮想通貨取引所Binanceの特徴、手数料、送金、買い方について

2018.01.19

 

無事にバイナンスにビットコインを送金することができたら、次にエイダコインを購入してみましょう。

左上にある「Exchange」から「Basic」を選択します。

その後、右側からADA/BTCを選択します。

エイダコイン,買い方,取引所

 

その後、「Buy ADA」を選択して、数量を決めて購入完了です!

 

エイダコイン,買い方,取引所

Cryptopia

続いて紹介するのはニュージーランドに本社を置くCryptopiaです。

Cpyptopiaの特徴は、なんといっても取り扱っているアルトコインの種類の多さですね。

なんと約450種類もの通貨を取り扱っており、ICO直後のコインを最速で上場させるケースも多いです。

ただ、Cryptopiaに上場している通貨でも開発が進んでいない、いわゆる詐欺コインも多いので、Cryptopiaだけに上場している通貨を購入することはある程度リスクがあることもわかっておきましょうね!

エイダコインとは

Upbit

最後に紹介するのは、日本のお隣韓国に本社を置くUpbitです。

韓国は日本と同様仮想通貨がとても流行っている国で、Upbitはその韓国で取引高1位の取引所です。

また本社は、カカオトークを運営しているカカオ社なので安心もできますね。

取り扱い通貨数も110種類以上なので、かなり大規模な取引所だと思ってもらったら大丈夫です。

エイダコインとは

 

エイダコイン(ADA)のウォレット

エイダコイン,ウォレット

 

エイダコインは「ダイダロス」というなんともカッコいい名前のウォレットで保管できます。

ダイダロスのダウンロードや使用方法については、この記事で解説していますので参考にしてください。

エイダコイン(ADA)を管理できるウォレット『ダイダロス』のダウンロードと使用方法

2018.03.03

まとめ

今回は、エイダコインの基本情報・特徴から最新情報、購入できる取引所まで、エイダコインについてのあらゆる情報をまとめてきました。

今後の成長が楽しみなコインのひとつなので、引き続き注目していきましょう。