仮想通貨のNEOとは何?NEOの取引所や価格・将来性などを解説!

仮想通貨,NEO,NEOとは アルトコイン

仮想通貨NEOについて知ろう!

まずは、仮想通貨NEOについての大まかな内容について知っていきましょう!

これはあまり覚えておいても役立つことはありませんが、前提知識として知っておく必要があります。

NEOについての基礎の基礎

通貨の名前(トークン) NEO/(NEO GAS)
開発国 中国
発行開始時期 2016年10月
発行上限数 1億NEO
採用技術 DBFT

 

NEOは中国で開発された仮想通貨です。2014年に発足した、NEOの開発団体により作られました。そして、2016年10月に発行開始がれました。発行上限が1億NEOになっていて、DBFTという独自の技術が使われています。

 

NEOとはどんな通貨?

仮想通貨,NEO,NEOとは

 

NEOは中国版イーサリアムと言われています。イーサリアムについては、ここでは詳しく書きませんが、仮想通貨のプラットフォームです。NEOも仮想通貨のプラットフォームとなっています。

プラットフォームについて、イーサリアムについてはこちら

将来ビットコインを抜く?イーサリアムの特徴と最新情報

NEOにもイーサリアムと同様にスマートコントラクトという技術があり、仮想通貨のプラットフォームとなる可能性を秘めています。そのため、中国版イーサリアムと言われています。また、イーサリアムと似た特徴があるのも事実です。

イーサリアムとの違いは?

実際に、イーサリアムとの違いももちろんあります!中国が中国ではないかの違いももちろんですが、他にも違いがあります。

その大きな違いの一つとして、スマートコントラクトの技術そのものが違います。

NEO独自のNEO Contractという技術で、プラットフォームの汎用性取引スピードという二つの強みを持っています。それぞれについて見ていきましょう!

プラットフォームの汎用性

仮想通貨,NEO,NEOとは

多くのプログラミング言語で使用可能といってもわかる人とわからない人が半々ぐらいではないでしょうか。

プラットフォームを使用するいった時に、プログラミングをしてプラットフォームを使用する必要があります。そのため、多くのプログラミング言語で使用可能というのはそれだけ汎用性があるということです。

 

わかりやすく例えると、一冊の本があって、その本を読むのに中国語や英語だけでなく、日本語や韓国語もあったら日本人も韓国人も読めるということです。プログラミング言語は使用している会社や人によって言語が違うので、多くの言語があることは開発者にとって大きなメリットになるということです。

取引スピード

仮想通貨,NEO,NEOとは

取引スピードの一覧を見ましょう!

ビットコインの問題の一つとなっていたのが、この取引スピードです。ビットコインの取引スピードが遅く、問題になっていました。それを解決しようとたくさんの通貨が作られてきました。

中でもリップルはその取引のスピードが最も早かったのですが、それと同等のスピードを持っているのがこのNEOです。

ビットコイン 7 取引/秒
イーサリアム 15取引/秒
リップル 1,000取引/秒
 VISAカード 3,000~4,000取引/秒
NEO 1,000取引/秒

これは仮想通貨の中ではトップの取引スピードになっているということです。

 

NEOが今後問題になるかもしれない事柄

NEOはこれからイーサリアムのように大きな成長を遂げていくことが予想できます。

しかし、全く問題がないかというとそういうわけでもありません。どういった問題があるのかについて見ていきましょう!

NEOの保持率の半分がNEO協議会

NEOの発行量は1億NEOと言われてはいるものの、その半分はNEO協議会が分配しています。その半分は、消費者に分配されるのではなく、NEO協議会が保持していたり、開発者への動機付けのために開発者に分配すると書かれていたりします。また、何かの時のための保障として15%も残していたりします。

これは、どんな目的があるのかはわかりませんが、いつでも逃げる覚悟があるかのような危険性が見て取れます。

 

まぁすぐには問題になったりはしないと思いますが、若干の怪しさを持っているようにも思えます。

中国の規制問題

仮想通貨,NEO,NEOとは

中国は仮想通貨の規制が激しいところです。

NEOは時価総額が6位(時期によって違う)ですが、これは中国の中に留まるからだと思います。イーサリアムは世界規模なのに対して、中国政府も注目しているNEOは中国のものとなっている感じなのです。

そのため、今後、中国の規制問題などがどうなって行くかに着目する必要があります。中国が仮想通貨を完全撤廃するなんて言った日には、NEOは潰れますし、逆に規制を緩和すればNEOの普及率は広まります。

今はまだまだ、規制しているので、そこが不安要素となっています。

 

NEOの問題点と将来性

仮想通貨,NEO,NEOとは

 

中国次第と言えるかもしれません。

Ethereumが現在、時価総額2位となっていて、最もbitcoinの時価総額に近づいています。Ethereumに負けず劣らずの技術を持っているNEOはもっと上位に来ていてもおかしくない仮想通貨ですが、まだなかなか来ていないという事実があります。

 

それは、中国の中で収まっていることが大きな要因でしょう。中国は経済規模がとても大きいので、中国だけで普及すると言っても、とても大きなことです。

これから、中国が仮想通貨の規制を緩和して、世界との取引にNEOを使うようになったら、もっと大きな通貨となって行くのは間違い無いでしょう。

 

NEOの現在価格

こちらが現在のNEOの現在の価格となっています!

NEOを保管するオススメのウォレットについて

NEOを保管するためには、ウォレットが必要になります。

まだ、ウォレットを決めていない方は、ウォレットが必要になるので、ウォレットを持ちましょう!ウォレットが必要な方はこちらから

仮想通貨『NEO』を管理できるウォレット3選

NEOが取引できる取引所

NEOを実際に取引するのには、国内の取引所では扱っていないのが現状です。

海外で取引所が必要となりますが、NEOを取引するのにオススメな取引所はこちらなので、チェックしてみてください!

仮想通貨「NEO」を扱える取引所を徹底解説!

まとめ【NEOは将来性ある通貨!】

イーサリアムに負けず劣らずの技術力を持っているNEOはもっと普及していいはずですが、中国がメインということもあって、普及には少し時間がかかっていると言えそうです。

中国次第で、もっと広く普及していくと考えられますが、もう少し時間はかかりそうです。

今のうち買っておくと、今後大きくなっていく可能性はとても高いように思えます!