ライトコインは今後どうなる?将来性について徹底的に考えた!

ライトコイン,今後,将来性 アルトコイン

ライトコインについておさらい

この記事を読んでいる方のほとんどがライトコインについての内容を知っている方がほとんどだと思います。

しかし、ライトコインが今後どうなっていくのかを理解するためには、ライトコインの特徴をしっかりと抑えておく必要があると思うので、まずは、ライトコインの特徴を見ていきましょう!

ライトコインの詳しい内容についてはこちらをチェックしてください!

ライトコインとはどんなコイン?気になる情報を一斉解説。

ライトコインの現在の価格

こちらがライトコインの現在の価格となっています。

時価総額4位の大規模仮想通貨となっています!

 

ライトコインの強みから見る将来性

ビットコインと技術のベースが変わらないのがライトコインの特徴ですが、どんなところがライトコインの強みとなっているのでしょうか?

その強みが強ければ、強いほどコインの将来性があると言えます。

ライトコインの強みを見て行きます。

ライトコインの方が決済スピードが早い

ライトコイン,将来性,今後

技術の改善によりビットコインよりもライトコインの方が決済のスピードが早いということが特徴の一つです。

 

ビットコインの問題の一つとして決済のスピードが10分近くかかるということが一つの問題となっていました。その為、ビットコインが実際に決済に利用されることが難しいということがあります。

その点を改善したのがライトコインということになります。ビットコインの時間を1/4までに縮めたということはより実用的なコインと言えるかもしれません。

その点はライトコインの強みと将来性の関係にある言えます

ライトコインのマイニング報酬

ライトコイン,将来性,今後

決済スピードの技術の延長線上として、ライトコインはマイニング報酬を得やすいという特徴があります。

 

マイニングとは?という方はこちら!

https://kaso-trade.com/2018/02/18/mainingu-toha/

 

これはマイニングをするのに、ビットコインのマイニングほどは計算量が必要ではないのが特徴です。個人でのマイニングが厳しいのライトコインのマイニングも同じですが、ライトコインの方がマイニングの面で強いと言えます。

 

計算量だけでなく、コインの発行上限数がビットコインの4倍あります。その点をみても、マイニングの可能性がまだまだ高いことが言えます

 

これはライトコインの決済スピードだけでなく、ビットコインに比べてマイニング報酬の面で強みと言えます

安全面に問題があるというのは嘘?

ライトコイン,将来性,今後

 

この決済のスピードを重視した結果、ビットコインよりも安全性が減ったということを言われる人もいますが、それはほとんど嘘と言って良いでしょう。

決して、安全面を軽視されているわけではありません。

安全面に関してもきちんと配慮されています。segwitという技術が使われています。このsegwitという技術のおかげで、決済のスピードを上げて、かつ、安全面も保たれるということが可能になっています。

ライトコインとビットコインキャッシュを比べると?

ライトコイン,将来性,今後

ここまで読んできて、賢明なあなたは気づいているかもしれませんが、ライトコインは全体的にビットコインキャッシュに似ているんです。

 

ビットコインキャッシュもビットコインの技術のベースは変わっていません。ただ、ビットコインの問題のスケーラビリティ問題を解決していると言う違いがあります。

ビットコインキャッシュについて詳しく知りたい方はこちらをチェックしてください!

ビットコインキャッシュとは?BCHの2018年や今後の将来性まとめ

ライトコインとビットコインキャッシュを比較することは難しいですが、強いて言うのであれば、スピードを求めたライトコイン・安定性を求めたビットコインキャッシュと言えるかもしれません。

では、どちらが将来性があるのかが一番気になるところではあると思いますが、はっきり言ってどちらも将来性はあります。しかし、現段階で実用化が進んでいるのはライトコインだと言えます。
ライトコインの方が決済に使われていたりするのを見ると、少なくてもライトコインの方が実用的であることは間違いありません!その話についてはこの先を見ていきましょう!

創始者がライトコインを大きく動かす?

どんなコインでももちろんそうなのですが、ライトコインは典型的に創始者が大きくコインの状況を動かします。それは良い面も悪い面もあります。

ライトコインの創始者はCharlie Leeという創始者です。下がCharli LeeさんのTwitterになります。

こちらのCharie Leeさんがライトコインを大きく動かします。詳しく見ていきましょう!

保持しているコインを全て売却

ライトコイン,将来性,今後

2017年に12月に自分が保有しているライトコインを全て売却するといったことをしました。

コインの開発者の多くは自分たちが開発したコインの多くを持っていることはあり得るのですが、そのコインはみんなが持っているコインと同じ価値です。

Charie Leeさんもコインをたくさん保持していました。それを一気に手放すことをしました。

理由はそのコインの価格を上げるためにTwitterなどで嘘の発言をするといったことが言われていたからです。嘘の発言をして、自分の持っているコインの価格を上げているのではないかと疑いをかけられたわけです。

それを払拭するために、自分の保有しているコインを全て売却したと本人は言っています。

それでもどこに真意があるかはわかりません。

LitePayを中止

ライトコイン,将来性,今後

今回は正直、悪いニュースです。LiteCoinを使用したVISAカードLitepayというものが開発されてきました。そのLitepayが発表された時にはライトコインの価格が30%ほど上がるなど、大きく動かしました。

 

しかし、最近になってLitepayを中止すると、この創始者が言ったのです。限界を感じたからなのか…それとも、最近仮想通貨の規制が激しくなっているからなのかわかりませんが、大胆な行動を取ったのは言うまでもありません。

 

このように世間を大きく騒がせる行動をする創始者の動きは今度も目を離せません。悪い方向に大きく動かす可能性もあれば、良い方向に大きく動かす可能性もあります。

 

ライトコインの今後

現在は、ライトコインもますます大きなものとなっていく可能性は高いです。

多くの通貨だと、どこの取引所で上場するかという噂が重要になっています。

 

上場とは何?という方は、こちらの記事をチェックしてください!

仮想通貨が上場するとは?今後、上場する仮想通貨を予想!

もちろん、ライトコインも上場する情報を知っておくのは重要なことだと思います。しかし、ライトコインの特徴をよく考えると、『どこの決済に使われるようになるのか』も重要になってきます。

ライトコインは実際に決済で使われることが増えてきました。

steamがビットコイン決済をやめてライトコイン決済を導入

ライトコイン,将来性,今後

steamというゲーム会社があります。そこでは、もともとビットコイン決済が導入されていました。ビットコイン決済を導入すること自体がまだまだ珍しい中で、さらに便利なライトコイン決済を導入することは新しい試みだと言えます。

それだけライトコインの将来性を感じている企業が多いということも言えます。

 

このような形で決済に使われるようになると、今後ライトコインは伸びて行くでしょう。

 

まとめ

  • ライトコインの特徴はビットコインの技術をベースにしているところです
  • ビットコインよりも決済スピードが早いといったところが一つの強みです
  • これからライトコインはどこかの取引所での上場を見るだけでなく、どこで実用化されるかを注目することも重要な観点の一つと言えます