注目の仮想通貨ADK(エイドスクニーン)の特徴とは?

注目の仮想通貨ADK(エイドスクニーン)とは?特徴と将来性、取引所やウォレットについて 仮想通貨

こんにちは、森下です。

密かに人気の「ADK(エイドスクニーン)」と呼ばれる仮想通貨とは

ADKは、テレビに出演していた有名な方が持っていたことでも有名になりました。

ビットコインなどの他の仮想通貨とは違った特徴的な最新技術を採用したり価格高騰も見込まれたりするため、2018年以降の注目仮想通貨となっています。

今回はその注目の仮想通貨、ADK(エイドスクニーン)についてその特徴将来性をまとめてみましたので、ADKに関してはこの記事を読めばバッチリです!

仮想通貨のADK(エイドスクニーン)とは?

仮想通貨ADK(エイドスクニーン)について

 

Aidos Kuneen (エイドスクニーン)通称ADK は、仮想通貨です。開発者は、Ricardo Badoer (リカルド・バドエル)氏という人で、16年以上オフショア銀行や金融機関の職員をしていて、その後5年間は暗号通貨のトレードしていたそうです。

 

ちなみに画像の彼がリカルド・バドエル氏です。

仮想通貨ADK(エイドスクニーン)のドン・リカルド

 

ADKの歴史は浅く、公開されたのは2017年6月6日でまだ新しい仮想通貨です。しかし、他の仮想通貨と違い「DAG」という最新技術を採用しています。簡単にいうとブロックチェーンの最新版です。

基本情報

ADKの基本情報をまとめました。

通貨名 Aidos Kuneen

(エイドスクニーン)

発行枚数

(単位:ADK)

25,000,000ADK
公開日 2017年6月6日
公式サイト http://aidoskuneen.com/

ADKのホワイトペーパーはこちらです。

ADKの歴史

ADKの歴史はまだ浅いですが、その成り立ちは他とは違います。

仮想通貨ADK(エイドスクニーン)の歴史とICO

仮想通貨立ち上げで、良くあるパターンが「ICO(Initial Coin Offering)」です。

ICOとは簡単に言うと、

「私たちはこんな事業をします!将来的に私たちのコインの価値がすごく高くなるので、買っておいた方がいいですよ!」と呼びかけ資金調達をすることです。

 

この資金調達をするときに、どんな事業を展開するのかまとめたものがホワイトペーパーです。マニフェストのようなイメージですね。

 

しかし、このICOはハイリスク・ハイリターンです。当たる可能性もあれば、詐欺の可能性も高いです。資金を集めるだけ集めて、逃げる可能性もあります。これは、ICOは実質的に「寄付」として扱われるからです。

 

では、ADKはどうなのか?実はADKではICOで資金を調達しませんでした。なぜなら開発者のリカルド・バドエル氏がかなりのお金持ちなので自己資金で賄えたからです。

 

ADKの目的

仮想通貨ADK(エイドスクニーン)が作られた目的やビジョンとは

ADKがやろうとしていることは、オフショア銀行との提携です。

オフショア銀行とは、預金者の住んでる国外にあり、税制上の優遇を受けることのできる金融特別区にある銀行のことです。

 

バハマやケイマン島やイギリスのバージン諸島など、たくさんあります。無税とまではいかないですが税率が日本と比べかなり優遇されている香港やシンガポールにもオフショア銀行が存在します。

 

ADKはこのオフショア銀行で資産管理をしていく事を狙っています。
タックスヘイブン(租税回避地)に眠っている資産は「約3300兆円」と言われていて、ADKはこの市場を狙っています。

ADKの特徴とは?

ADKの特徴として以下の2つを紹介します。

ADKの特徴
・「DAG」を採用している

・独特の強みがある

順に補足説明していきます。

DAGとは?

DAG(ダグ)とは「Directed Acyclic Graph(有向非巡回グラフ)」の略です。直訳すると「方向が定められた直線で環が一つもないグラフ」となります。

少し言葉が難しいので、下のイメージを見てください。

 

ADK,仮想通貨

今までのブロックチェーンは基本、取引情報を1つにまとめてブロック1つに対して1つのブロックが繋がり1本のチェーンになっています。

一方、DAGはブロックを形成しないで、取引情報を1つ1つ承認していき、1つの取引情報に対して、複数の取引情報が繋がっている形です。

さらにブロックチェーンでは、取引の際にマイナーと呼ばれる担当者が間に入り承認し、その一部を報酬として貰います。なので、マイナーに報酬を払わないといけません。

一方、「DAG」では、マイナーと呼ばれる担当者が存在せず、実際に取り引きをしている人が承認を行うので、報酬を払わなくても承認作業が行われます。

「DAG」のセキュリティーも従来のブロックチェーンで使われている、プルーフオブワークの仕組みより高度で、もし改ざんなどが行われたらすぐに見つけ出すことができます。

ADKの強みとは

ADKの特徴的な強みを紹介します。

ADKの強み
・取引スピードが異常に速い
・手数料が無料(なし)
・匿名性が高い

これらがADKの特徴であり強みになるので、それぞれ見ていきましょう。

取引スピードが異常に速い

ビットコインは取引に約10分程度かかるのに対し、ADKは取引に要する時間を限りなく0に近づけることができます。

1秒以内に取引が完了するほどトランザクションが高速なので、通貨としての素質があると言えます。

手数料が無料

2018年5月現在、ビットコインは1回の取引あたりに1000円〜2000円程度の手数料がかかります。

この手数料はなぜかかるのかというと、お金を送る人と受け取る人の他の「マイナー」と呼ばれる第三者がチェックをし、報酬としてビットコインをもらうからです。

しかしADKは、マイニングをすることがないので手数料がかかりません。

ビットコインでは1000円〜2000円程度かかるものが、無料で送金できるのは嬉しいですよね。取引スピードも速いので、とても送金向きの通貨とも言えます。

匿名性が高い

ビットコインなどの通貨だと、送った人や受け取った人、取引数量などのすべての情報が丸見えです。プライバシーのかけらもありません。

しかしADKは匿名性が高い通貨なので、それらの情報が記録に残ることはありません。どのような取引をしているか見られたくない場合には嬉しい機能ですよね。

こちらの記事で匿名通貨の比較を行なっていますので、ぜひ合わせてご覧ください。

5種類の「匿名通貨」を徹底比較!今後伸びる匿名通貨は!?

2018.04.01

 

仮想通貨ADKの現在の価格とチャート

ADKの現在の価格とチャートを載せます。

現在の価格

現在の価格(単位:円)です。

 

リアルタイムチャート

チャートやその分析は以下のページで詳しく記述しているので、購入を検討されている方も、ぜひこちらで情報を整理してみてください。

仮想通貨ADK(エイドスクニーン)のチャートから将来性を大予想

2018.02.25

ADKって詐欺じゃないの?

仮想通貨ADK(エイドスクニーン)って詐欺じゃないの?

ADKが開発されてから、常によくない噂が立ち回っていました。今でも、一部の人たちからは「詐欺じゃないの?」という声が出ています。

ADKが詐欺だと思われている理由は主に2つあるので、それぞれについて解説していきます。

取引所がそっくり

ADKはAidos Marketという、ADKの取引専用の取引所で扱われています。

そのAidos Marketが、1BTCXEという取引所のデザインとそっくりなことが、詐欺だと思われている一つの要因のようです。

ちなみに上が1BTCXEで、下がAidosMarketです。

1BTCXEとADK(エイドスクニーン)の取引所AidosMarketがそっくり 1BTCXEとADK(エイドスクニーン)の取引所AidosMarketがそっくり

 

そっくりですね。

ただしよく調べてみると、同じテンプレートを使っているだけのようです。ちなみに使われているのは、「仮想通貨のオープンソーステンプレート」というものです。

この疑惑は勘違いのようですね。安心しました。

ちなみに、両取引所のリンクを載せておきます。

【1BTCXE】:https://1btcxe.com/
【AidosMarket】:https://aidosmarket.com/index

ADKの購入を検討されている方のために、Aidos Marketについての記事「ADKの独自取引所AidosMarket」も公開しているのでご覧ください。

ソースコード盗用疑惑

もう一つは、ADKの開発ソースコードのほとんどが、IOTAという仮想通貨と同じだということです。確認してみたところ、確かにほとんど同じでした。

ちなみにIOTAもADKと同じく、ブロックチェーン技術ではなくDAGを使っている通貨です。

そもそもソースコードが同じだからといって盗用になるかと言われるとそういう訳ではなく、ほとんどの仮想通貨はビットコインと同じようなソースコードを利用しています。

ですのでここの部分も特に問題ないと思います。

ADKは詐欺ではない

結論としては、ADKは詐欺ではないと考えています。
Twitter上では、このような声も見られます。

今後の開発の進捗によりますが、現状ADKは詐欺ではないです。

ADKの今後の将来性は?

ADK,,仮想通貨

ADKの今後の将来性や、価格がどうなるのかも気になるところです。仮想通貨の価格を占う数少ない方法として時価総額があります、現在の仮想通貨市場の時価総額は50兆円ほどです。

そしてADKがターゲットとするオフショア銀行の市場はおよそ3300兆円と言われています。つまり、オフショアの資産の数%が流れれば、単独で仮想通貨市場を上回ることになります。

ADKがビットコインの時価総額(約15兆円)に並んだ時点で、ADKの価格は現在の約100倍になります。

 

他にも以下のような様々な話題があり、将来性があると言えます。

・ADKをユーロとドルで売買可能→ユーロとドルでデビットカード使用可能
・タンザニア(AEOI非加盟国)の銀行株の買い占め(51%以上目標)進行中。
※2018年1月1日にタンザニア中央銀行から承認されたと発表がありました!
・ホワイトペーパーはまだ公開されていない(現在進行中)
・中堅取引所2か所への上場予定
・ETFのへの上場を目指している
・オンラインカジノでADKが使用可能になる。
※ゲーム会社モンスターバイト(Monster Byte Inc.)とADKとのパートナーシップが締結とニュースが出ました!2017年11月20日
Twitterでも話題になってますね!

https://platform.twitter.com/widgets.js

 

https://platform.twitter.com/widgets.js

仮想通貨ADKの専用ウォレット

ADKを管理する専用ウォレットは1つだけです。

それが”Aidos Wallet”です。

ADKを取引所からウォレットに移動させたい方は、以下の記事で紹介しているので参考にしてください。

ADK(エイドスクニーン)のウォレットってどんなものがあるの?どこで作れるの?

2018.03.01

ADKの独自取引所Aidos marketについて

仮想通貨ADKの独自取引所であるAidos marketについて、説明していきます。

・Aidos marketとは

・Aidos marketの登録方法

・Aidos marketでADKを購入するまでの流れ

これらを順に見ていきます。

Aidos marketとは

簡単に言うと、ADKのための取引所です。ADKの開発者たちが立ち上げた取引所になります。

ADK,取引所
独自取引所ですので、万が一、取引所が破綻してしまったとしても自己責任となります。リスクを負うことは覚えておきましょう。

 

Aidos marketへの登録方法

さっそく登録方法を確認していきましょう。

1.まずは登録ページへ入ります。(https://aidosmarket.com/index)

2.「REGISTER」をクリック☝

ADK,取引所

 

3.必要事項を入力✐

4.2つのボックスにチェックをいれる✔

5.「Register」をクリック☝

ADK,取引所

 

6.先ほど入力したメールアドレスにユーザーIDとパスワードが送られてきますので、それを入力✐

7.「Login」をクリック☝

ADK,取引所

 

これでログインが可能となります!

ADK(エイドスクニーン)購入の流れ

「ADK(エイドスクニーン)を買うにはどうすればいいの?買いたいけど英語表記だし買い方がわからない」という方のために、

こちらの記事でADKの買い方をわかりやすく説明しているので、下記ページから見てください。

仮想通貨ADK(エイドスクニーン)の買い方

2018.02.27

まとめ

2018年以降注目のADK(エイドスクニーン)とは、どのような特徴をもち、どこでどのように買えばいいのか、という点を説明しました。

詐欺でもないコインとして有名になってきていますし、ADKはAidos marketから購入可能なので、一度買ってみてはどうでしょうか?