2018年注目の仮想通貨ADKとは?特徴と将来性をまとめてみた

ADK,仮想通貨 アルトコイン

密かに人気の”ADK(エイドスクニーン)”と呼ばれる仮想通貨。

テレビに出演していた「億り人」の方がこの通貨を持っていたり、ビットコインや他の仮想通貨とは違った最新技術を採用していたり、2018年の注目仮想通貨となっています。

 

今回はその注目の仮想通貨、ADK(エイドスクニーン)についてその特徴将来性をまとめてみましたので、ADKに関してはこの記事を読めばバッチリです!

ADK(エイダスクニーン)とは?

ADK,仮想通貨

 

Aidos Kuneen (エイドスクニーン)通称ADK は、仮想通貨(アルトコイン)です。開発者は、Ricardo Badoer (リカルド・バドエル)氏という方で、16年以上オフショア銀行、金融機関の職員をしていて、その後5年間は暗号通貨のトレードしていたそうです。

 

ちなみに彼がリカルド・バドエル氏です。

ADK,仮想通貨

 

ADKの歴史は浅く、公開されたのは2017年6月6日でまだ新しい仮想通貨です。ですが、他の仮想通貨と違い「DAG」という最新技術を採用しています。簡単にいうとブロックチェーンの最新版という感じです!

 

基本情報

基本情報をまとめてみました。
概要

通貨名 Aidos Kuneen (エイドスクニーン)
発行枚数(単位:ADK) 25,000,000ADK
公開日 2017年6月6日
公式サイト http://aidoskuneen.com/

 

ADKの歴史

ADKの歴史はまだ浅いですが、その成り立ちは他とは違います。
ICOとホワイトペーパー
ADK,仮想通貨

仮想通貨立ち上げで、良くあるパターンが「ICO(Initial Coin Offering)」です。

ICOとは簡単に言うと、

「私たちはこんな事業をします!将来的に私たちのコインの価値がすごく高くなるので、買っておいた方がいいですよ!」と呼びかけ資金調達をすることです。

 

その資金調達をするときに、どんな事業を展開するのかまとめたものが「ホワイトペーパー」です。マニフェストみたなイメージですね。

 

しかし、このICOはハイリスク・ハイリターンのコインで、当たる可能性もあれば、詐欺の可能性も高いものなのです。資金を集めるだけ集めて、逃げる可能性だってあり得る代物です。

 

では、ADKはどうなのか?

実はADKではICOを使っていません。

 

というもの、開発者のリカルド・バドエル氏が超お金持ちなので資金調達の必要がなかったのです。

 

なので事業展開を説明するためのホワイトペーパーもありません。

※現在は作成中だそうです。

 

そうやってスタートしたのが、ADKです。

 

ADKの目的

ADK,仮想通貨

ADKがやろうとしていることは、オフショア銀行との提携です。

オフショア銀行とは、預金者の住んでる国外にあり、税制上の優遇を受けれる金融特別区にある銀行のことです。

 

バハマやケイマン島、イギリスのバージン諸島など、無税とは行きませんが税率が日本と比べかなり優遇されている香港やシンガポールもオフショア銀行の一種ですね。

 

ADKは「このオフショア銀行で資産管理をしてもらう」という事を狙っています。
市場の大きさとしてはタックスヘイブンの総資産は「約3300兆円」と言われていて、ADKはこの市場を狙っています。

 

ADKの特徴とは?

ADKの特徴としては2つ存在します。

ADKの特徴
・「DAG」を採用している

・マイニングを必要としない

「DAG」とは?

「DAG(ダグ)」とは、有向非巡回グラフという言葉で「Directed Acyclic Graph」の略です。直訳すると「方向が定められた直線で環が一つもないグラフ」となります。

 

少し言葉が難しいので、簡単に説明しますね!

 

ADK,仮想通貨
今までのブロックチェーンは基本、取引情報を1つにまとめてブロック1つに対して1つのブロックが繋がり1本のチェーンになっています。

 

一方、DAGはブロックを形成しないで、取引情報を1つ1つ承認していき、1つの取引情報に対して、複数の取引情報が繋がっている形です。

 

さらにブロックチェーンでは、取引の際にマイナーと呼ばれる担当者が間に入り承認し、その一部を報酬として貰います。なので、マイナーに報酬を払わないといけません。

 

一方、「DAG」では、マイナーと呼ばれる担当者が存在せず、実際に取り引きをしている人が承認を行うので、報酬を払わなくても承認作業が行われます。

「DAG」のセキュリティーも従来のブロックチェーンで使われている、プルーフオブワークの仕組みより高度で、もし改ざんなどが行われたらすぐに見つけ出すことができます。

ADKの強み

ADKは「DAG」のセキュリティーのおかげで高い匿名性の仮想通貨となっています。それ以外にもどんな特徴があるのか見てみましょう!

ADKの強み
・取引時間がほぼない
・手数料が無料(なし)
・匿名性が高い
これがADKの特徴(強み)になります!

ADKは高い技術力により、その時間をほぼなしにすることができ、取引に要する時間を限りなく短くすることができますちなみにビットコインは10分程度かかります。

・ビットコインはマイニングをする人がいるため、手数料がかかりますが、ADKは、マイニングをすることがないので手数料がかかりません。

 

そして、まだ公開して間もない通貨と言うことで注意すべき点もあります。

・取引所のメンテナンス・バグがまだまだ多い
・発展途中のためリスクも他の仮想通貨に比べて多い

今の価格と値動き

現在の価格

現在の価格(単位:円)はこのようになっています。

 

 

リアルタイムチャート

チャートやその分析はこのページでご覧ください!

仮想通貨『ADK』のチャートとともに今後の将来性を大予想!!

今後の将来性は?

ADK,,仮想通貨

ADKはまだ新しい仮想通貨なので、「ほんとに購入して大丈夫なのか」という意見も多いそうです。

 

その価格がどうなるのかも気になるところです。

仮想通貨の価格を占う数少ない方法として時価総額があります、現在の仮想通貨市場の時価総額は50兆円ほどです。

 

そしてADKがターゲットとするオフショア銀行の市場はおよそ3300兆円と言われています。つまり、オフショアの資産の数%が流れれば、単独で仮想通貨市場を上回ることになります。

 

ADKがビットコインの時価総額(約15兆円)に並んだ時点で、ADKの価格は現在の約100倍になります。

 

他にも様々な話題があります。

・ADKをユーロとドルで売買可能→ユーロとドルでデビットカード使用可能
・タンザニア(AEOI非加盟国)の銀行株の買い占め(51%以上目標)進行中。
※2018年1月1日にタンザニア中央銀行から承認されたと発表がありました!
・ホワイトペーパーはまだ公開されていない(現在進行中)
・中堅取引所2か所への上場予定
・ETFのへの上場を目指している
・オンラインカジノでADKが使用可能になる。
※ゲーム会社モンスターバイト(Monster Byte Inc.)とADKとのパートナーシップが締結とニュースが出ました!2017年11月20日
Twitterでも話題になってますね!

https://platform.twitter.com/widgets.js

 

https://platform.twitter.com/widgets.js

ADKの専用ウォレット

専用ウォレットと言いましたが、ADKを管理するウォレットは1つだけです。

それが”Aidos Wallet”です。

ADK,仮想通貨

ADKのウォレットについて詳しく知り方はこちらの記事からどうぞ!

ADKのウォレットってどんなものがあるの?どこで作れるの?

購入できる取引所

ADKはどこで扱っているんだ!?という方は「ADKを取り扱っている取引所は世界に一つだけ?」という記事で解説しています。

ADK(エイドスクニーン)が買える取引所は世界で1つだけ!?

購入方法

ADKを買うにはどうすればいいの?という方はこちらの記事にて買い方をわかりやすく説明しているので、下記ページから参照ください。

英語が苦手でも簡単にできるADKの買い方を詳しく解説

まとめ

2018年以降、大逆転が期待できるADK(エイドスクニーン)ですが、当サイト仮想通貨トレードでもその躍進を追っていきます。大きなニュースや最新情報等は、当サイトが運営する公式ツイッターでも発信していますのでぜひご覧ください。