ライトコインとは?特徴や今後の将来性を解説

ライトコインとは?特徴や今後の将来性を解説 アルトコイン

ライトコインとは、アルトコインの中でも人気の高い仮想通貨の一つです。

これを読めば、誕生から特徴、将来性まで、ライトコインのことは、一通りわかるように解説していきます。

ライトコインの知りたい情報があれば、どんな情報でも載っているのでぜひご覧ください!

ライトコインとは仮想通貨の1つ

ライトコインの概要については、以下の通りになっています。

ライトコインとは

名称 ライトコイン(LTC)
発行日 2011年10月7日
発行上限数 8400万枚
創始者 Charlie Lee(チャーリー・リー)

では、ライトコインはどんなものなのかもう少し詳しくて見ていきましょう!

取引所などで、LTCと上の画像のようなコインのマークが出てきたら、それがライトコインです。

ライトコインの歴史

ライトコイン(Litecoin)は2011年10月7日に誕生しました。実は、ビットコインの次に開発された1000種類以上もある仮想通貨の中で、2番目に歴史の古い通貨です。

生みの親はCharlie Lee(チャーリー・リー)さん、アメリカ人です。元Googleエンジニアです。このCharlieさんがとても破天荒です。仮想通貨は創始者の発言1つで価値が動きます。創始者のTwitterもチェックするのが、良いでしょう。

色々な発言を起こして波紋を呼ぶことも多く、可能性を大きく秘めながらも、たくさんの問題も起きている破天荒な通貨です。

ビットコインが開発された後にビットコインの問題点を改良したコインとして開発されたのが、ライトコインです。

 

歴史上、ビットコインの次にできたライトコインの特徴は、どんなものがあるのでしょうか?

そして、どんな目的で通貨が作られたのでしょうか?

それをみていきましょう!

ライトコインが作られた目的・コンセプト

「ビットコインをとするなら、ライトコインはを目指す」とCharlie Lee氏は述べています。

もちろん、ビットコインとライトコインは違います。しかし、ビットコインと基本的な仕組みは同じです。

ライトコインの作られた目的・コンセプト

ビットコインよりも流通量(埋蔵量)が多く発掘・取引の労力もかからないように設計されています。

流通量が多いことや取引の労力もかからないということについては、後で詳しく紹介しますが、より手軽なものを目指しているということです。

 

日本円などを想像していただければわかりますが、100円玉などの硬貨に銀は使われていますが、金は使われていません。

その理由は、単に銀の方が持ち歩くのが軽くて便利だからという理由なだけです。

ビットコインよりも手軽に使えるコインを作ろうとしたのが、ライトコイン誕生の目的・コンセプトというわけです。

 

ライトコインはビットコインと敵対視しているわけではありません。

しかし、最近ライトコインを導入するのであれば、ビットコインはいらないのではないかという声が増えてきました。

確かにその通りで、実際にビットコイン決済からライトコイン決済に移ろうという企業も増えています。

ライトコインの特徴

ライトコインとはビットコインよりも利便性を追求したコインであります。そのため、コインの基本的な特徴は変わらないものの、ビットコインと違う点がいくつかあります。

ライトコインとビットコインの比較

 

特徴①〜埋蔵量(発行枚数)〜

ビットコインが2100万枚の発行枚数に対して、ライトコインは8400万枚あります。

ライトコインの発行枚数は8400万枚

ここでのポイントは、マイニングです。

マイニングについて詳しく知りたい方は、下記記事をチェックして下さい。マイニングについて、ある程度知っている方は、そのまま読み進めて下さい!

≪初心者向け≫マイニングとは?意味とやり方を徹底解説!

2018.02.18

2100万枚を上限にしていたビットコインのマイニング報酬は、かつて1ブロック生成ごとに50枚でした。

しかし、その80%ものコインがすでにマイニングされてしまったため、マイニング報酬が著しく低下しています。

それに対して、ライトコインはマイニングを得られやすいものとなっています。また、発行上限数もビットコインより多いので、まだまだマイニングに挑戦できるという良さがあります。

特徴②〜ブロック生成時間〜

ビットコインの1つのブロック生成時間は10分前後を必要とします。つまり、どれだけ早く送金したくても最低10分はかかるということです。

ブロック生成時間というのは、取引の時間ではありません。ブロック生成時間を、取引にかかる時間と勘違いしている方もいます。しかし、実際はそうではありません。

ライトコインのブロック生成時間は2.5分

ブロック生成時間とは、取引がきちんとネット上で承認されるまでの時間です。この早さがビットコインの1/4といえます。

ビットコインが10分、ライトコインが2.5分ということです。

承認されるまで10分かかるということは、1つの取引をした後に、10分の時間を空ける必要があるということです。つまり、1つ買い物した後に、10分空ける必要があるということです。

この時間をライトコインは2.5分に縮めました。

これはSegwitという技術のおかげでもあります。Segwitについて詳しくみていきます。

特徴③〜Segwit導入〜

ライトコインは導入が難しいとされているSegwitの導入にアルトコインの中でもいち早く成功しています。

スケーラビリティ問題というものがあります。スケーラビティ問題とは、仮想通貨では取引が増えることでデータ量が大きくなり、情報処理が遅くなってしまうという問題です。

ライトコインにはSegwitが導入されている

これを解決してくれるのがSegwitという技術です。

segwitとは

ブロックの容量(取引履歴)を圧縮してデータ量を小さくする技術です。

圧縮することで空きができ、より多くのデータを一度に送ることができます。

Segwitとは

現在のライトコインの価格とリアルタイムチャート

現在のライトコインのリアルタイムチャートと価格を知ることで、ライトコインがどんな状況にあるのかについて見ていきましょう。

ライトコインの現在価格は以下の通りになっています

 

ライトコインのリアルタイムチャートはこちらでチェックしてください。チャートの見方なども書いているので、参考までに見てください。

ライトコインの最新のチャートと将来性を検討してみた

2018.03.04

ライトコインを購入できる取引所

ライトコインはどこで手に入るのでしょうか。ライトコインは海外取引所、国内取引所の両方を扱っています。

一覧やおすすめの取引所などご紹介していきます。どこで買おうか迷っている方はこちらを参考にしてくださいね。

 

 

スマホで簡単に取引したい方は、bitbankへ!

セキュリティが強く、安心して取引したい方は、BTC BOXへ!

トレード機能を重視して取引したい方は、Bit Tradeへ!

 

こちらの3カ所でライトコインを購入することができます。

また、購入したライトコインを安全に管理したいときはウォレットに入れましょう。

ウォレットはコインを保有するために必要で、コインを保有する財布選びなのできちんと選ぶ必要があります。

ライトコインのウォレットについてはこちらへクリックしてくださいね。

ライトコインのウォレットについて徹底解説!

2018.03.11

ライトコイン購入者の声

ライトコインを購入された方からは、価格が上がって得をしたという声や下がって損をしたという両方の声があがっています。

 

しかし、仮想通貨で最も重要なのは、情報です。

どんな投資でも同じかもしれませんが、仮想通貨は特に情報が重要です。

上場の話・創始者の発言・企業の導入といった情報が、通貨の状況を左右します。後悔しないためにも最新情報をチェックすることはとても重要です!

ライトコインの最新情報を知りたい方はこちらをチェックしてください。

ライトコインの最新情報・ニュースを大公開!

2018.03.31

まとめ

ライトコインとは仮想通貨のなかでは歴史が古く、時価総額も4位のコインです。

現在も活用や導入が世界中で検討されています。また、一般に仮想通貨市場が盛り上がることで保有ユーザーも増え価格は上昇すると予想できます。

ライトコインはいろんな憶測がある中でも時価総額の順位を守り続けていることから、ライトコインが今後も将来性があると推測できますね。

ライトコインは実用性に富んでいて、多くの企業が目をつけています。これかの成長が期待できるので、今買っておくのもいいですね。