仮想通貨『NEO』を管理できるウォレット3選

neo,ウォレット アルトコイン

コインチェックの事件をきっかけに、ビットコインをはじめとする『仮想通貨を安全に管理したい』という方が増えています。

これを機にあなたも仮想通貨をウォレットに移すようにしてみませんか?

 

今回は仮想通貨『NEO』を保有できるウォレットを紹介・比較したいと思います。

ウォレットについておさらい

先ほど『ウォレット』という言葉を使いましたが、『そもそもウォレットってなんだろう・・・』と思う方々のためにウォレットについて詳しく解説された記事を紹介します!

 

この記事を読めばウォレットについて完璧に把握できますので是非ご覧ください。

https://kaso-trade.com/2018/01/17/kasotsuka-wallet/

neoを管理できるウォレット3選

ウォレットは5種類存在しています。

 ・モバイルウォレット

 ・デスクトップウォレット

 ・ウェブウォレット

 ・ハードウォレット

 ・ペーパーウォレット

今回は各々のウォレットの詳細はこちらの記事で解説されていますので是非こちらを参照ください。

【安心・安全】仮想通貨のウォレットとは?イチオシを紹介

 

『NEO』には公式のウォレットにいれておくだけで『GAS』というトークンを配当として貰うことができる嬉しいシステムがあります。

ウォレットに入れている『NEO』の数で、貰える『GAS』の数は変化するのでウォレットにたくさん『NEO』を入れれば入れるほど、たくさん『GAS』が貰えます。

なので、『NEO』をウォレットに入れる方が断然お得ですね!

この配当はすべての公式ウォレットに該当しています。

トークンって何!?』と困ってしまったら、この記事をチェックしてください!

≪初心者向け≫仮想通貨におけるトークンとは?分かりやすく解説!

 

現在、『NEO』を保有できるウォレットは10個ほど存在しますが、今回はこの中から3つを紹介します!

O3 Wallet(モバイルウォレット)

neo,ウォレット

 

iOSとAndroidの両方に対応している公式ウォレットで『対応していないから使えない・・・』といった事態はまず起こりませんので、安心してダウンロードできます。

 

また、『NEO』の最新情報を取り入れているので、『NEO』の情報が知りたいときはアプリから情報を仕入れることが出来ます。

 

何よりサポート体制がしっかり整っていて不明点や困ったことがあったときには公式サイトから『CONTACT US』をクリックすることでそこから質問メールを送ることでその質問を解決することが出来るので、初心者にはありがたいサポートですね。

 

neo,ウォレット

 

【特徴】

・  iOSとAndroidの両方に対応している。

・『NEO』の最新情報を入手できる。

・ サポート体制が充実している。

 

→O3の公式サイトはこちらから

NEON Wallet(デスクトップウォレット)

 

neo,ウォレット

 

このウォレットはなんと初めての人でも出来るように操作方法が非常に簡単になっているのが大きな特徴です。

 

また、WindowだけではなくMacにも対応していますのでWindowユーザーやMacユーザーといった多くの利用者がこのウォレットを使用することが出来て嬉しいですね。

 

NEOの開発者がリリースしたものではないものの、NEO開発者から承認を得て公式ウォレットとして運用されていて、『GAS』を入手することが出来ます。

 

【特徴】

・  登録、操作が方法が非常に簡単で初心者が使いやすい。

・  Macにも対応していて様々なユーザーが使用できる。

・  公式ウォレットに認定され『GAS』を受け取ることができる。

→NEON walletの公式サイトはこちらから

Ledger Nano S(ハードウェアウォレット)

neo,ウォレット

 

このハードウェアウォレットはオフラインで仮想通貨が管理でき、ウォレットの種類の中では特に安全と言われているコールドウォレットに分類されます。

 

しかし、パソコン1台で管理できる仮想通貨が限られているというデメリットがあります。

また、予めハードウェアウォレットを購入する必要があり、その場でウォレットを手に入るまで操作が出来ないので、操作できるまでに少々時間がかかってしまいます。

 

【特徴】

・  オフラインで管理ができて安全性が高い。

・  パソコン1台で管理できる仮想通貨が限られている。

・  予めハードウェアウォレットを購入する必要がある。

 

→Ledger Nano Sの公式サイトはこちらから

各種ウォレットの比較とおすすめのウォレット

先ほどはウォレットの特徴の紹介しましたが、次は各々のウォレット比較したうえでどのウォレットがおススメなのか、紹介していきます。

neo,ウォレット

O3 Wallet(モバイルウォレット)

モバイルウォレットはアプリで管理するので使い勝手が良く持ち運びに便利です。

サポートも充実していますので困ったときにはすぐに質問できるのは初心者の方には嬉しいですね。

 

しかし、スマホは大体の人が持ち歩いていますので紛失して、盗まれてしまうとそのまま仮想通貨を抜かれてしまう可能性がありますので注意が必要になります。

NEON Wallet(デスクトップウォレット)

こちらは初心者でも登録・操作を簡単に扱うことが出来るのがメリットと言えるでしょう。

パソコンのデスクトップで管理するウォレットですのでパソコンごと無くさない限り、まずウォレットをなくすことはあり得ません。

 

しかし、コンピューターウイルスが原因で消えてしまう可能性があるので注意が必要です。

Ledger Nano S(ハードウェアウォレット)

ウォレットの中ではハッキングなどの被害を受けず安全性はかなり抜群です。

しかし先ほど言ったようにデスクトップウォレットと連携しないと使うことが出来ず、連携しないと『GAS』を受け取ることはできません。

また他のウォレットと比べて1万円ほど費用がかかってしまいます。

初心者には使いにくく操作にコツが必要になります。

おすすめのウォレットは?

 

以上のことからおすすめのウォレットは・・・・

 

neo,ウォレット

 

 

『NEON Wallet』です!!!

初心者に限らず、やはり簡単に登録・操作できる使いやすさが大きな決め手と言えるでしょう!

・ウォレットそのものをを無くしてそこで管理している仮想通貨ごとなくなるということはないといった点も安心して使えるポイントです。

登録方法を紹介

『NEON Wallet』の登録方法を簡単に紹介します。
1、インストールが完了したらNEONウォレットを開き、新規のウォレットを作成するので赤枠の『Create a new wallet』をクリックします。
neo,ウォレット

2、パスフレーズ(パスワード)の入力を求められるので、自分で考えたパスフレーズを入力して『Generate keys』をクリックします。
neo,ウォレット

 

3、『Name this key』に任意の名前を入力して『Save Key』をクリックします。
neo,ウォレット

この画面で表示された『Passphrase』『Public Address』『Encrypted key』『Private Key』が必ずメモしておきましょう。
・『Passphrase』→自分で入力した任意のパスワード
・『Public Address』→入金アドレス
・『Encrypted key』→暗号化されたキー
・『Private Key』→プライベートキー。いわゆる秘密鍵

4、その後、ホームに戻り、『Login using a private key』をクリックして『Private Key』秘密鍵を入力して『Login』をクリックします。
neo,ウォレット

 

これでウォレット作成は完了です。

まとめ

コインチェックの事件をきっかけに、ビットコインをはじめとする仮想通貨を安全に管理したいという方が増えています。

 

これを機にあなたも仮想通貨をウォレットに移すようにしてみませんか?

なので、NEOを保有できるウォレットはこの記事を見て参考にしてくださいね。

 仮想通貨 neoに関するまとめ記事はこちら