【3分でわかる!】仮想通貨ADK(エイドスクニーン)とはなに?

ADKとは アルトコイン

ADK(エイドスクニーン)という仮想通貨を知っていますか?

ビットコインと比較しながら、エイドスクニーンについて解説していきます!

ADKについての特徴や取引所について知りたい方はチェックしてみてください!

そもそも仮想通貨とは

そもそも仮想通貨って最近よく聞くけど、なんなのでしょうか?

仮想通貨とは、規制されていないデジタル通貨の一種で、開発者によって発行され、通常は管理され(Bitcoinは例外)、特定の仮想コミュニティのメンバー間で使用され、受け入れられているものを指す。
参考文献:wikipedia

 

参考程度にWikipediaに載っている情報を書かせてもらいましたが、これでもなんのことやら?

 

ADKとは
簡単に仮想通貨についてまとめると、

  • インターネット上で利用される通貨のこと。基本的に世界どこでも運用することができる
  • 送金時の手数料を安くする・時間を短くすることができる
  • たくさんの種類のコインがある
  • 流通量に変動がたくさんあるので、価格が上がったり下がったりする(上手くやれば儲けることができる)

これが仮想通貨の特徴です。元々は、インターネット上で通貨を作ることで、金時の手数料を安くしたり、中央集権という国家の枠組みを無くそうとすることが目的で作られたものです。

ADKの特徴

ADKは、1500種類以上もある仮想通貨の種類の一つです。

ADKは、Aidos Kuneenを略したもので、匿名性を重要視した仮想通貨と言っています。

匿名性を重視した、ADKとはどんな特徴を持っているのか?ADKとはどんな仮想通貨なのかをビットコインと比べながら見てみましょう。   ADKとは これが、ADKの特徴となります。 これらの特徴をもう少し詳しく説明すると、このようなことです。

ADKの特徴

  • ビットコインは10分に一度という間隔で取引の保存がされているので、だいたい10分時間がかかります。それに比べて、ADKは高い技術力により、その時間をほぼなしにすることができ、取引に要する時間を限りなく短くすることができます。
  • ビットコインはマイニングをする人がいるため、手数料がかかります。それに比べて、ADKは、マイニングをすることがないので手数料がかかりません(マイニングしない理由が不正取引をチェックする必要がないから)。

マイニングとは何かはこちらをチェックしてください!

https://kaso-trade.com/2018/02/18/mainingu-toha/

  • ビットコインは不正が行われないようにやりとりが公開されています。ADKは、やり取りを公開しなくても不正が行われないようにすることができたので、匿名で取引することが可能です。

以上がADKの特徴になります。

これだけ、ビットコインの問題点を解決した、仮想通貨ということです。 とても将来性のあるコインと言えます!

ADKを買える取引所は一つだけ

取引所と言えば、CoincheckやbitFlyerなどが思いつくでしょう。 しかし、そういった取引所では扱っていません。

ADKが買える取引所はAidos MarketというADKオリジナルの取引所のみです。
ADKとは

こちらのみの取り扱いとなります!

ADKに興味を持った方は、Aidos Marketで取引を開始してみましょう!

Aidos MarketにてADKの取引の仕方について詳しく知りたい方は、こちらをチェックてください!

ADK(エイドスクニーン)が買える取引所は世界で1つだけ!?

ADKの現在の価格

ADKの現在の価格はこちらになります!

ADKの現在の価格は、5,847.34円となっています!

一時期は9000円近くに登ったこともあるようです。今は、少し落ちています。

しかし、先ほども記述したように将来性のある通貨です。

今後伸びることが期待できそうです。

まとめ

  • ADKの特徴は手数料が安い・取引が早い・匿名性が高いといった良い特徴があります!
  • ADKはAidos Marketというオリジナルの取引所のみで購入することができます
  • 現在の価格は日本円で、5,847.34円です。