lisk(リスク)の特徴、チャート、取引所、将来性を見た

lisk(リスク)の特徴、チャート、取引所、将来性を見た アルトコイン

今回は、仮想通貨「lisk(リスク)」についてどんなコインなのか何を目指して作られたのかなどまとめていきます。特徴、取引所、wallet、チャート等全ての情報を網羅したので、最後まで読んで下さいね。

lisk(リスク)の特徴、説明

何を目指して作られたの?

Liskとは、実は仮想通貨そのものではなくてアプリケーションを形成する土台のことなんです。

「自由で使いやすい、分散型アプリケーションの土台」を目指して作られました。

そのシステムの中で使われている仮想通貨が、LSK(単位)になります。

 

このliskと似ているといわれるのが、Ethereumなんです。

Ethereumも、liskと同じアプリケーションを形成するための土台なんですよ。

ではliskとEthereumはどこが違うのか、みていきましょう。

 

契約の自動化

liskは契約を自動化させるコインです。

契約の自動化とは、取引のやり取りを確認から締結まですべてを自動化してしまうということです。

 

これを利用することで、

・決済期間の短縮

・不正防止

・仲介者を介さないことによるコスト削減

・契約が改ざんされないことが保証される

・人を介すことなく確実に執行される

このようなメリットがあります。

 

現在、各国で取り組みが始まっているようです。

liskのほかにETH(イーサリアム)もこのスマートコントラクトに属する通貨です。

 

イーサリアムとの違いは?

Liskと共通点のあるEthereumを対比

liskとEthereumの大きな違いは使っているプログラミング言語
では、どう違うのか解説していきますね。

使っているプログラミング言語

lisk→Javascript(ジャバスクリプト)

Ethereum→Solidity(ソリディティ)

 

liskは先ほど説明したように世界的に有名なプログラミング言語を使っているのに対し、Ethereumはイーサリアムが独自に開発したプログラミング言語を使っています。

これにより、liskは多くのエンジニアが参加しやすくEthereumは一部のエンジニアしか参加できないという違いがあります。

 

liskの仕組み

「仕組み」は少し難しいので、難しい話はイヤだ・・という方は飛ばして読んでください。

liskの仕組みという事で説明したい事は3つあります。

順番に説明していきますね。

スマートコントラクト

先ほど↓のような説明をしました。

liskとは、実は仮想通貨そのものではなくてアプリケーションを形成する土台のことなんです。「自由で使いやすい、分散型アプリケーションの土台」を目指して作られました。

このアプリケーションを形成する土台であるための仕組みがスマートコントラクトです。これはEthereumと同じ仕組みです。

スマートコントラクトとは・・

契約をプログラム上で記録に残し、何か特定の条件を満たした時に、仮想通貨などのデジタル情報で取引を行うという仕組みです。

例えばオンライン上のギャンブルで勝てば自動的に勝者にお金が振り込まれるようにしたりもできます。

スマートコントラクトを使うことで契約を無かったことにしたり、改ざんすることができなくなります!

サイドチェーン

サイドチェーンとはサブのブロックチェーンのことです。

メインのブロックチェーンの他にサブのブロックチェーンがあることを言います。

liskではサブのブロックチェーンで詳しい取引内容を書いておき、その簡単にした物をメインのブロックチェーンに書くことができます。

 

そうすることでこのようなメリットがあります。

・メインブロックチェーンでバグが発生してもサブのブロックチェーンを使ってすぐに元に戻せる。

・手数料を少なくしたり処理時間を短くできる

・機能を追加することができる

DPoS

これはマイニングの仕組みです。

(ちなみにliskではマイニングではなく、フォージングと呼ばれます)

マイニングは「取引が正常に正しくされている」ことを認める作業のことです。

例えばビットコインでは速いもの勝ちの機械の電力や計算能力が高い人が承認作業ができるPowという仕組みを採用しています。

一方のLiskはDPoSという仕組みを使っています。

DPoSとは

liskを持っている人の中で投票が行われ、取引の承認作業を誰にするのか、ということを決定します。そして、選ばれた人が承認作業をすることを言います。liskでは101人の人が選ばれます。

この仕組みによって、liskでは承認作業にかかる時間を10秒ほどに抑えることができます。

 

リスクの現在の値段、チャート

そんなliskの現在の価格はどうでしょうか?

これまでのチャートと現在の値段をこちらの記事でまとめましたので確認してください。

仮想通貨lisk(リスク)のチャートを見てliskについて知る

2018.02.21

 

リスクの将来性と最新ニュース

マイクロ社や大手企業とのパートナーシップが決まっているlisk(リスク)、将来性はかなり高いといえるでしょう。

 

LiskついにbitFlyerに上場

1月31日

日本では最大手の仮想通貨取引所bitFlyerに新たなアルトコインとしてLiskが上場しました。

このニュースによって、一時は63%の高騰が見られました。

 

Liskの創業者のマックス氏は、日本市場への参入に積極的な姿勢を持っていたこともあり注目を浴びる出来事となりました。

 

リブランディング・リローンチ

仮想通貨のリブランディング・リローンチはとは、ウェブサイトやロゴをはじめとしたブランドイメージをガラッと一変することになる注目イベントです。

どんな内容が発表されるのか期待大です。

 

ベルリンで2月20日(日本時間2月21日)に実施予定です。

 

 

2018年のうちに様々なイベントが予定されているようです。しっかりと情報をキャッチしてチャンスを逃さないようにしたいですね。

 

liskを買うことができる取引所一覧

そんな将来性の高いlisk(リスク)をお得に買えるのは今だけですが、

現状、liskを買うことができる取引所は非常に少ないです。ここでは、liskを買うことができる取引所一覧を紹介します。

 

 

国内の取引所

Lisk 取引所

 

・bitFlyer(ビットフライヤー)

・Coincheck(コインチェック)

 

海外の取引所

 

Lisk 取引所

 

・Binance(バイナンス)

・Poloniex(ポロニエックス)

・Bittrex(ビットトレックス)

・HitBTC(ヒットビーティーシー)

・Yobit(ヨビット)

 

国内でliskを扱う取引所は今のところ2つだけとなっています。

おすすめの取引所とその理由

では、実際にどの取引所がおすすめなのでしょうか?ここでは、おすすめの取引所を紹介していきます。

 

bitFlyer

Lisk,取引所
bitFlyerは、もともとはビットコイン1本で頑張ってきた国内の仮想通貨市場を引っ張ってきた取引所ですが、最近になってアルトコイン方面にも力を入れはじめました。
おすすめの理由

・手数料が無料

・国内の取引所なので安心

・多くの大手企業が出資していて、取引所の質が良い

・国内初の不正ログイン補償サービスなどセキュリティーが高い

 

BitFlyerの登録方法はこちら

仮想通貨取引所のbitflyerの登録の仕方は?

2018.01.06

Binance

Lisk,取引所
Binanceは、2017年にできた中国にある仮想通貨の取引所で、世界最大の仮想通貨の取引所と言われています。
おすすめの理由

・手数料が安い

・日本語対応している

取引出来高が世界一

上場する仮想通貨を投票で決めている。

 

Binanceについて詳しく知りたい方はこちら↓

世界最大の仮想通貨取引所「Binance」に最短2ステップで登録する方法

2018.01.08

liskを管理できるウォレット

先日、Coincheckの流出問題があったようにしっかりと管理しないと折角の儲けが無かったことになってしまいます。

「取引所」の管理も大切ですが、「自分」でできる対策を取っておくのも大切です。

liskを安全に管理できるウォレットをご紹介しています。

Liskのウォレットを比較して1番使いやすいものを発見しました

2018.02.22

 

まとめ

・liskは仮想通貨そのものではなく、アプリケーションを形成するための土台

・イーサリアムと似ているが別のプログラミング言語が使われる

・今後の将来性が期待される仮想通貨

今はまだそれほど有名ではないですが、これからどんどん人気になっていくであろうliskに注目していきたいですね!