仮想通貨で大儲けのヒントはここに!?仮想通貨半減期一覧!!

仮想通貨,半減期,一覧 その他

突然ですが「仮想通貨の半減期」って聞いた事ありますか?

 

今回はその「仮想通貨の半減期」を上手に使うすることで上手に利益をだす方法、そして2018年半減期を迎えるコインをご紹介していこうと思います。

この情報を知っているかどうかで稼げるかどうかがかなり変わってきます!

 

仮想通貨の半減期を知って利益をだそう

仮想通貨の「半減期」を知ることで利益を出せる確率がかなり上がります。

仮想通貨,半減期

 

なぜならば「半減期」の前には仮想通貨の価格があがるからです。そのため半減期がいつなのかが分かっていれば半減期前にその仮想通貨を買えば、その後に価格があがります。それから買った仮想通貨を売れば「利益」をだすことができるのです。

そして重要な事として「半減期」は公開されているのです。この記事で「半減期の一覧」を公開していますので、確認してみてください。

 

そもそも半減期って何?

一言でいうと「マイニング」でもらえる報酬が半減する時のことを言います。

 

 

仮想通貨,半減期,一覧

 

 

それぞれの仮想通貨に半減期がありますので、半減期を迎える時期は仮想通貨によって違います。また、半減期は1度だけではなく何度か定期的にきます。例えば1年なら約1年毎といったように半減期がやってくるのです。

 

さらに詳しく知りたいという方はこちらのページで分かりやすく説明しておりますので、確認してみてください。

 

仮想通貨における半減期とはどういうものなのか?

 

半減期前は価格が上昇する

仮想通貨,半減期,一覧

半減期前には価格が上昇します。

 

なぜ半減期前に価格が上がるのかを説明します。

半減期前には「マイニングで得られる仮想通貨が少なくなる」という考えから仮想通貨を持っている人は「売らずに持っておこう」、仮想通貨を持っていない人は「早めに買っておこう」とします。その結果、売る人が少なく、買う人が多くなります。

 

そういう状況では価格が上がっていきます。

「競り」を思い出してください。

仮想通貨,半減期,一覧

 

欲しい人がたくさんいるのに「売るもの」が少ないので、どんどん価格が上がっていきますね。そんなイメージです。結局何が言いたいのかというと半減期前は価格があがります!

 

各コインの半減期一覧

それではお待ちかね、各コインの半減期をご紹介していきます。こちらの半減期一覧を参考に気になる仮想通貨を買ってみましょう。

あくまで予定なので前後する可能性もあります。

 

Bitcoin(ビットコイン)

公開日 2009年
発行上限 2100万枚
半減期周期 約4年
次回半減期予定 2020年6月20日頃

 

ビットコインの半減期カウントダウンはこちらから!

 

 

Litecoin(ライトコイン)

公開日 2011年
発行上限 8400万枚
半減期周期 約4年
次回半減期予定 2019年8月18日頃

 

ライトコインの半減期カウントダウンはこちらから!

 

 

Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)

公開日 2017年8月
発行上限  2100万枚
次回半減期予定 2021年8月

 

GameCredits(ゲームクレジット)

公開日 2014年2月14日
発行上限 8400万円
次回半減期予定 2019年10月頃

 

 

2018年半減期を迎えるコイン

仮想通貨,半減期,一覧

続いて気になる2018年に半減期を迎える仮想通貨をご紹介します。こちらの仮想通貨は既に金額が上がり始めているものもありますので、気になる方はできるだけ早めに買ってください!

 

OKCash(オーケーキャッシュ)

公開日 2015年4月17日
発行上限 105万枚
次回半減期予定 2018年3月18日

 

オーケーキャッシュの半減期カウントダウンはこちらから!

 

 

Lisk(リスク)

公開日 2016年5月
発行上限 なし
次回半減期予定 2018年10月31日

 

Lisk(リスク)は発行上限を決めていない仮想通貨なので発行上限はなしと記載しています。

 

 

Namecoin(ネームコイン)

公開日 2011年4月18日
発行上限 21万枚
次回半減期予定 2018年12月9日

 

 

Vertcoin(ヴァートコイン)

 

公開日 2014年1月8日
発行上限 84万枚
次回半減期予定 2018年12月12日

 

まとめ

今回はビットコイン始め、色々な仮想通貨の半減期を見てきました。半減期を上手く使って、しっかりと「利益」をつかむようにしましょうね。

 

ちなみにリップルコインなどのように半減期がないコインも存在しますので、自分の持っている仮想通貨がどのような仕組みで成り立っているのか確認してみるのも確認してみてください。