ADK(エイドスクニーン)の独自取引所AidosMarket

ADKの独自取引所AidosMarketの登録方法と使い方 仮想通貨

こんにちは、森下@the_trade_jp)です。

日本国内でも人気を集めている仮想通貨ADK(エイドスクニーン)の取引所であるAidosMarketについて説明します。

海外のサイトなので英語表記です。使いにくいという人も多いので、AidosMarketの登録方法や使うときの注意点などをまとめました。公式ページ「AidosMarket」はブックマーク推奨です。

ADKの独自取引所AidosMarket

ADK(エイドスクニーン)の取引所Aidos Market

ADKのみを取り扱う取引所として、AidosMarketを押さえましょう。AidosMarketは簡単に言うと、ADKのための独自取引所です。これはADKの開発者たちが立ち上げた取引所になります。

ADKの取引所AidosMarketは安全なのか

ADKの取引所としてAidosMarketを作ったADKのエンジニアは技術力が高いと言われています。しかし、元々はコインを作ることに優れた方々です。彼らは取引所を作るのは専門外だったようで、セキュリティ面は気になりますね。

結論から言うと、ADKの取引所AidosMarketは安全です。安全性のポイントは二つあります。一つは技術面です。もう一つは運営元の信用面です。

安全性のポイント二つについて詳しく見ていきましょう。

ADKの取引所AidosMarketの技術力は高い

ADKの取引所であるAidosMarketの技術力は高いと言えます。高いと言える根拠は「取引所のセキュリティレベルを改善するために高度な技術を持ったプロを招いた」ことにあります。

しかし初期の頃は不完全な出来であり、安全というには程遠かったかもしれません。先ほども言ったように、AidosMarketはADKを作った開発者たちが独自に立ち上げた取引所なので、最初の取引所のレベルは低かったと思います。

実際にバグが起きたりサーバーが落ちたり、これまでたびたび出金ができなくなったりしていました。しかしプロを招いてから高度な技術が使われるようになり、改善していきました。

ADKやAidosMarketの運営元を信用できるエピソード

ADKやAidosMarketの運営トップは、リカルド・バドエル氏です。開発者であり、ビジネスを進めている最重要の人物です。リカルド・バドエル氏は「ドン」という愛称で呼ばれていますが、彼とライトコインのホルダーの間には胸を打たれる実話があります。

ビットコインがここまで有名になる前、CryptoDAOという取引所ではADKが取り扱われていました。CryptoDAOはある日ハッキングを受け、ADKを盗まれました。

CryptoDAOを利用していたADK所有者は、大切な資産を失ったことになりますよね。

しかしドンは「自分が選んで上場させた取引所のシステム不備のせいで、大切なADKを無くした人がいる。申し訳ない。」と謝罪しました。その後に無くなった分のADKをプレゼントした、というエピソードです。

 

ドンが200枚のADKを無料でプレゼントしてくれたことがわかります。日本国内でADKの大きなコミュニティが存在するのも、ドンのこういった人間味溢れる優しさがあってこそなのかもしれません。

つまりADKを管理する取引所のAidosMarketは安全性で問題がないということです。

ADKをAidosMarketで購入する流れ

まずは、ADKをAidosMarketで購入するまでの流れを確認します。流れは以下の通りです。

  1. 国内取引所いずれかに登録(口座開設)する
  2. 口座へお金を入れる
  3. 国内取引所でビットコインを購入する
  4. AidosMarketに登録する
  5. 国内取引所からAidosMarketへビットコインを送金
  6. AidosMarketでADK購入

6つのステップで、ADKを購入することができます。

ADKの取引所AidosMarketに登録する

さっそくADKの取引所であるAidosMarketの登録する方法を確認していきましょう。

1.登録ページへ入ります。

2.「REGISTER」をクリックします。

ADKの取引所Aidos Marketの登録手順①:「REGISTER」を押す

 

3.必要事項を入力します。

4.2つのボックスにチェックを入れます。

5.「Register」をクリックします。

ADKの取引所Aidos Marketの登録手順②:「必要事項の入力」

 

6.先ほど入力したメールアドレスにユーザーIDとパスワードが送られてくるので、それを入力します。

ADKの取引所Aidos Marketのログイン画面の操作説明

7.「Login」をクリックします。

 

以上でログインが可能となります!

AidosMarketにビットコインを送金する

ADKを買うためにAidosMarketにビットコインを送金します。ほとんど他のFX社と同じように使用します。

ただAidosMarketの場合は送金先アドレスをどのように表示させるのかがわからないという方も多いので、画像付きで重点的に説明していきます。

まずは登録したAidosMarketにログインします。

そのあと、ページ上部にある「Deposit」を選択し、通貨がBTCになっているかを確認して「Manage Crypto Adress」をクリックします。

Aidos Marketへの送金手順①:アドレスの作成

 

そこまでいけば次の画面になるので、通貨がBTCになっていることを確認し「Get New Adress」を選択します。

そうすると右下に送金先のアドレスが表示されるので、bitFlyerやZaif、Coincheck、bitbankなどの取引所からビットコインを送金してください。

Aidos Marketへの送金手順②:アドレスの完成

1度使った送金先アドレスを2回目以降に使うことはできません。

AidosMarketにビットコインを送金する場合、その都度この方法でアドレスを作成し直してください。

ADKをAidosMarketで購入する

ADKをAidosMarketで購入する方法を見ていきます。

「TRADE NOW」を選択すると、以下のような画面になります。

ADKをAidos Marketで購入する手順:「Trade Now」から購入する

ADKの注文の手順は次のようになります。

ADKの注文手順

1.「BUY」を選択

2.Amount to Buyで「ADK」を選択

3.購入するADKの数量を記入

4.「Buy ADK」ボタンを押して注文完了

以上です。

なお、「Limit Price」にはADKの指値を入れます。ここでは「1ADKはビットコインいくつ分か」という値を入れます。

Limit Priceで設定した価格にADKが到達したら、そこでようやく購入完了になるのでご注意ください。

まとめ

ADK(エイドスクニーン)の独自取引所AidosMarketを紹介しました。

登録は簡単ですし、使い勝手も悪くないです。使っていれば慣れるので、まずは自分で体験してみてくださいね。

ADKの価格変動に関する情報は「仮想通貨ADK(エイドスクニーン)のチャートとともに今後の将来性を大予想!!」をご覧ください。