仮想通貨におけるトークンとは?詳しく解説

仮想通貨におけるトークンとは?分かりやすく解説! 初心者編

今回は仮想通貨におけるトークンとは何かわかりやすくまとめました。

仮想通貨の話題になると、トークンという言葉をよく聞きますね。この記事ではトークンは仮想通貨と何が違うのか、トークンのメリットは何かといったことを説明します。

トークンについてこの記事を読めば完璧です。

仮想通貨のトークンとは何だろう?

仮想通貨のトークンとは何かを話す前にまず、トークンの辞書的な意味の説明を紹介します。

プログラミングでは、ソースコードを解析する際にそれ以上細かい単位に分解できない文字列の並びの最小単位(要素名や演算子など)のことをトークンという。

引用元:IT用語辞典

上記の意味はあくまで辞書的な意味で、実際は仮想通貨におけるトークンの意味は定義されていません。強いていうと、代替通貨ですね。

一般的に理解されている意味では、トークンとは独自の技術ではなく既にあるビットコインのブロックチェーンシステムから作った通貨のことを言います。

仮想通貨とトークンの違いを比較

仮想通貨とトークンは、厳密には分けられていません。例えば、このコインは仮想通貨、またはトークンのどちらかと聞かれると答えるのが難しいです。

しかし、それぞれの意味を理解しないことには仮想通貨とトークンの区別をすることはできません。

そこで仮想通貨とトークンの違いを比較していきます。

発行者が存在し、発行者が総量をコントロールできる

トークンは発行者が存在し、発行者が総量をコントロールする事ができます。

一方、仮想通貨の場合は発行者がいるか総量をコントロールできるかのどちらかの条件が欠けています。

例えば、リップルは発行者はいます。しかし、既にコインの数は決められているので、総量をコントロールすることは出来ません。

株式のような働き

トークンは株式のような働きをします。

先ほど説明した通り、発行者がいることや総量をコントロールすることができることも株式と似ている点です。しかし、他にも株式と似ている所があります。

仮想通貨のトークンとは株式のような働きをしている

開発した会社や人が成功して価値が上がれば、トークンの価値も上がるという点です。

例えば、あるマンガ家さんがトークンを販売したとします。その後、彼のマンガが売れて大人気マンガ家になれば、トークンを皆が欲しがり、その価値がどんどん上がってきます。

トークンのメリット

仮想通貨のトークンとはお金のやり取りだけではなくビジネスを売ることができる可能性を持ちます。そのメリットを紹介していきます。

ビジネスを売ることができる

トークンの発行はお金だけの発行というよりお金と一緒にビジネスを売る側面が大きいです。

例を挙げてみます。先ほどもマンガ家の例をあげましたが、10人ほどのマンガ家が株式会社マンガ社を作ったとします。

このマンガ社が10人の書いたマンガを買うためにトークンを作ります。そうすると、トークンを買う=マンガを買うことなので、ビジネスを一緒に売る事ができます。

仮想通貨のトークンのメリットはビジネスを売ることができる

この例はあくまで一例です。他にもさまざまな使い方ができる可能性が秘めています。

コストを下げてコインを作ることができる

完全にコインを使う側ではなくて、コインの作る側のメリットですが、コインを作るコストがかなり安くなります。

システムから仮想通貨を作ろうとすれば莫大なコストがかかりますが、トークンでは、すでにあるシステムを使うので、かなりコストが下げる事ができます。

誰でも作りやすく、大きな可能性があるのがトークンです。

トークンのデメリット

仮想通貨のトークンに関するメリットを話しましたが、メリットがあればもちろんデメリットもあります。メリットだけではなくデメリットも把握しましょう。

トークンを買っても必ずしも価値が上がるとは言えない

株式と一緒ですが、トークンを買っても必ずしも価値が上がるとは言えません。

特に、個人で発行しているトークンに関しては、よほど有名人が発行しないと価値はなかなか上がりません。

なので、購入する際は誰が発行するのか確認してから購入しましょう。

発行者の状況に大きく左右される

発行者の状況に大きく左右されるという点も、デメリットとして挙げられます。

例えば、会社が発行しているトークンの場合、その会社が倒産すれば無価値になってしまいます。

実際に、過去にトークンを発行している会社が倒産して、そのトークンも全く価値が無くなったことがあります。

 

コインを買う側にはリスクがあるので、どのトークンを買うのか慎重に考えないといけません。

トークンを数多く取り扱っている取引所

仮想通貨のトークンは取引所で購入することが出来ます。トークンをたくさん扱っている取引所を紹介します。

Zaif

仮想通貨のトークンをたくさん取り扱っている取引所とはZaifのことである

Zaifは、自分の会社独自のトークンであるZaifトークンを発行しているほどトークンを積極的に取り入れています。

現在、Zaifでは8種類のトークンが、日本円で購入する事ができます。

Zaifで多くのトークンから選んで購入したい方はZaifへ!

 

登録方法に関しては下の記事で紹介しているので、この記事を読みながらZaifの登録を進めてくださいね。

仮想通貨の取引所・Zaif(ザイフ)の登録方法をわかりやすく解説!

2018.01.07

Binance

仮想通貨や独自のトークンを持っている取引所とはBinanceである

Binanceは取り扱い仮想通貨が多いという事で有名ですが、もちろん取り扱っているトークンもたくさんあります。

BinanceもBNBトークンというトークンを発行しており、このトークンを上手く使うことで取引手数料を軽減できます。

Binanceのトークンを購入して、取引手数料を減らして仮想通貨を購入した方はBinanceへ!

 

登録方法に関して下の記事で紹介していますので、下の記事を見ながらBinanceの登録を進めてくださいね。

世界最大の取引所Binance(バイナンス)の登録方法を紹介

2018.01.08

まとめ

今回はそもそも仮想通貨のトークンとは何かという話からトークンを購入することができる取引所の紹介まで幅広くトークンについてご紹介してきました。

この記事を読んで、トークンを買う時に参考にしてくださいね。

トークンは可能性を秘めているが、その分注意も必要となりますのでしっかりと判断した上で購入しましょう。

慎重にトークンを選ぶことは今後伸びてくるトークンを探す宝探しのような楽しみもありますよ。