アルト(オルト)コインとは?今後注目すべき銘柄なども解説!

アルトコイン(オルトコイン)について アルトコイン

仮想通貨を最近勉強し始めた方ならば”アルトコイン(オルトコイン)”という名前を聞いたことがあるのではないでしょうか?

「名前は聞いたことがあるけど、いまいちよく分からない」「イーサリアムやリップルとどう違うの?」

こんなことを思っている方へ、アルトコイン(オルトコイン)について詳しく解説しました。

アルトコインがどんなものなのかという概要だけでなく、アルトコインを購入する方法やアルトコインの今後の将来性などについても書いていきます。

このページでしか見られない貴重な情報も提供していくので、見ていきましょう!

仮想通貨のアルトコイン(オルトコイン)とは

アルトコインとは、ビットコイン以外のコイン全ての総称となっています。

仮想通貨はビットコインが始まりとなって普及していきました。

そのため、仮想通貨=ビットコインという風潮がありました。しかし、ビットコインにはいくつかの問題がありました。

ビットコインの問題を解決するため、そして、仮想通貨を使って世界をよりよくする目的で様々なコインが作られました。

アルトコインについてもう少し詳しく見ていきましょう!

アルトコイン(オルトコイン)はAlternative Coinの略語

アルトコインは、Alternative Coinの略称となります。Alternative Coinを発音すると、アルターネイティブと言ったりオルターネイティブと発音したりすることから、アルトコイン(オルトコイン)と言われます。

Altenative Coinを直訳すると、「代替コイン」という意味になります。

代替ってなんの代替なのか。それは、ビットコインの代替コインという意味です!

これまで、「仮想通貨=ビットコイン」のような風潮がありましたが、ビットコインに替わる仮想通貨を作ろうとしてできたコインがアルトコインとなります。

アルトコインとビットコインの違い

ビットコインの代替コインとして定義されているアルトコインですが、ビットコインと何が違うのでしょうか?

アルトコインとビットコインの違いを知る為には、二つのアルトコインの種類を知る必要があります。

一つは、ビットコインの技術改善を目的としたアルトコイン。もう一つが新しい価値観作りを目的としたアルトコインです。

ビットコインには以下のような問題があります。

ビットコインの問題点
  • 送金スピードが遅い
  • 取引手数料がとても高い

このような問題を含んでいるビットコインは通貨としての役割を果たすことが難しいと考えられている為、通貨として実現するためのイーサリアムやリップルなどが誕生しました。

また、ゲームや映画などの著作権問題を解決するためのTRONがあったり、ブロックチェーン技術によってIOTと繋げたIOTAというアルトコインなどがあります。これは、ビットコインとは全く別の価値観を持った通貨です。

このようにアルトコインはビットコインと違う点が技術改善目的の違いの2種類あります。

アルトコイン(オルトコイン)は何種類くらいあるの?

アルトコインは1500種類以上になる

 

現在(2018年2月15日)では、1530種類ものアルトコインが存在しています。

先ほども述べたように、仮想通貨には通貨ごとに理念や目的が違っています。

例えば、

  • 送金システムの早さにこだわりを持つ(Ripple)
  • 仮想通貨のプラットフォームを作ろうとする(イーサリアム)

こういった代表的なものだけでなく、全ての通貨に目的があるといっても過言ではありません

多様な通貨が存在します。1530種類もの通貨がある理由はこの理念や目的の違いによるものだということです。

仮想通貨を簡単に開発することができるプラットフォーム(XCP)なども開発されているので、仮想通貨を開発するハードルも下がっています。

そのため、今でもたくさんのコインが新しく開発され続けています!

これからアルトコインの具体的な銘柄について紹介して行きます。1530種類全てを紹介するわけにはいかないので、厳選して紹介して行きます。

大きく2種類のコインについて紹介して行きます。

知っておくべき代表的なアルトコインと今後注目すべきアルトコインの2種類です。

どっちも見ておいてほしいと思っていますが、気になる方があれば先にそちらをチェックしてください。

まずは代表的なアルトコインを紹介して行きます。

アルトコインで有名なコイン

アルトコインとして、有名なもの

  • Ethereum
  • RIpple
  • MONA
  • NEM
  • Ethereum Classic
  • Litecoin
  • Bitcoin Cash
  • lisk

 

アルトコインとは

上記の8種類以上にも、有名な通貨はあります。

しかし、今回は仮想通貨において絶対に目を話すことができない8つの通貨について少し詳しく見てます。

8種類の通貨はここでは紹介しきれない詳しい内容を書いた別の記事があります。

気になる通貨があれば、それぞれの通貨の紹介ページを記載しているのでチェックしてください。

Ethereum(イーサリアム)

Ethereum(イーサリアム)という仮想通貨があります。Ethereumは時価総額がビットコインに次ぐ2位という人気を誇っています!

Ethereumがビットコインと違う点は、スマートコントラクトという技術を導入している点です。スマートコントラクトは取引を正式に安全に進められるようにした技術と言えます。スマートコントラクトがEthereumを大きく成長させて、高い評価を得ていると言えます。

Ethereumについてもっと詳しく知りたい方はこちらの記事をチェックしてください。

イーサリアム(ETH)とは?特徴、取引所、チャート、ウォレット全てを解説

2018.02.25

Ripple(リップル)

Ripple(リップル)は、Googleなど有名企業が投資していることで有名です。日本の三菱UFJなどとも提携しています。

リップルはビットコインやイーサリアムに次ぐ時価総額3位のアルトコインとなっています。

Rippleは国際送金などに特化しています。送金スピードが早く手数料も安く抑えることができます。

ビットコインの目的の一つが海外への送金の手数料の問題の解決です。ビットコインではまだ難しい送金の早さと手数料問題を解決するコインです。

Rippleについてもっと詳しく知りたい方はこちらをチェックしてください

リップル(XRP)とは?特徴や取引所、チャートやウォレットまとめ

2018.01.18

NEM(ネム)

NEM(ネム)は先日のCoincheckの事件以来、認知度がとても高くなりました。

NEMはイーサリアムと同じようなアルトコインです。しかし、NEMはイーサリアムと違い、POI(プルーフ・オブ・インポータンス)というシステムを導入しています。これはNEMをたくさん保有している人を重要視しています。

また、オープンソースとクローズドソース違いがあります。イーサリアムは汎用性を重視していて、NEMは安全性を重視しているという見方も取れます。

NEMについてもっと詳しく知りたい方はこちらをチェックしてください!

ネム(NEM)とは?特徴、取引所、チャート、ウォレット、将来性まとめ

2018.02.01

モナーコイン(MONA)

モナコインは2chのモナーがモチーフに使われていることで有名です。日本初の仮想通貨で、送金スピードの速さが長所のアルトコインです。実際に決済に使われているところが本当に増えてきていて、コアなファンに愛されている通貨の一つです。

仮想通貨として、目新しい技術はないもののコミュニティが強いアルトコインで、実用化がとても早いアルトコインです。

モナコインに関してもう少し詳しく知りたい方は以下の記事をチェックしてみてください!

モナコイン(MONA)の特徴、チャート、取引所、将来性まとめ

2018.02.03

Ethereum Classic(イーサリアムクラシック)

イーサリアムクラシックは、イーサリアムから分裂してできたアルトコインです。イーサリアムがTHE DAO事件という不正送金される事件が起きた際にイーサリアムから分裂してできたコインです。イーサリアムとは相反する関係になっていますが、技術的にはイーサリアムと変わりません。目が離せない通貨となっているので、今後に期待です。

Ethreum Classicについて詳しく知りたい方はこちらをチェック!

イーサリアムクラシックの特徴、取引所、将来性、チャートまとめ

2018.02.11

Litecoin(ライトコイン)

ライトコインは、ビットコインの技術をベースにしつつ、ビットコインの問題点を解決しました。ビットコインのブロック生成・決済スピードが遅い問題をライトコインは解決しました。そのため、高く評価されているコインです。

技術的には高く評価されているコインなので多くの人が注目しますが、開発者が破天荒で色々な良いことも悪いことも起こっています。

日本ではそれほど評価を受けていません。アメリカ人などに多く買われているイメージのある仮想通貨です。

ライトコインについて詳しく知りたい方は下記記事をチェック!

ライトコインとは?取引所、チャート、ウォレット、将来性、全て解説

2018.03.04

Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)

先ほどのライトコインとよく比べられるのが、このBitcoin Cashです。こちらのBitcoin Cashもビットコインの技術をベースにしています。

イーサリアムとイーサリアムクラシックの関係とビットコインとビットコインキャッシュの関係は同じような関係となっています。ットコインが問題を抱えているので、ビットコインキャッシュがビットコインに変わる時代が来るかもしれません。

ビットコインキャッシュについて詳しく知りたい方は下記記事をチェック!

ビットコインキャッシュ(BCH)とは?取引所、チャート、将来性など解説

2018.01.28

lisk(リスク)

こちらは国内最大手の取引所のbitFlyerで上場してから、一躍有名になりました。その時に価格も上がりました。

特徴はイーサリアムと一緒です。liskは基本的な概要はイーサリアムと同じですが、イーサリアムとプログラミング言語が違っていて、開発者に優しいアルトコインとなっています。開発がしやすいのがliskの特徴ということです。

Liskについてもっと詳しく知りたい方はこちら!

lisk(リスク)の特徴、チャート、取引所、将来性を見た

2018.02.25

それ以外にも有名な仮想通貨はたくさんあります。

それぞれの仮想通貨によって、理念だったり目的が違うのでとても面白いです。

これからはアルトコインの時代

8種類ほどのアルトコインについて紹介させていただきましたが、どれも違った特徴があります。

1530種類ものアルトコインには全て違った特徴があると言っても過言ではありませんが、これからはビットコインではなくアルトコインの時代です。

ビットコインが完全になくなることまでは想像できませんが、今後の仮想通貨を先導していくのは間違いなくアルトコインでしょう。

アルトコイン,とは

先ほども紹介したアルトコインの代表的なコインはビットコインに取って代わってしまう可能性のあるコインばかりです。

それほど技術的に高いものが多くあります。一部の投資家ではどんどんイーサリアムなどに投資をする方も増えてきています。

ビットコイン投資よりもアルトコイン投資、そして、自分なりに勉強してアルトコインに投資をすることをお勧めします!

しかし、アルトコインを知るといっても1500種類全てをチェックするのは難しいでしょう。

そのため、この記事で特別に今後注目すべきアルトコインについて紹介していきたいと思います!

今後注目すべきアルトコイン

それでは、今後注目すべきアルトコインについて紹介していきたいと思います!

はっきり言って、先ほど紹介した代表的なアルトコイン8種類は全てチェックしておくことは重要です。これは全体的に重要性の高い仮想通貨で、仮想通貨業界全体を大きく動かす可能性があります。

代表的な8種類のコイン以外にも注目すべきアルトコインがあるので、そのチェックすべきアルトコインについて紹介していきます。

TRON

注目のアルトコインのTRON

こちらのTRONというコインは、著作権問題を解決しようと立ち上がったコインです。

作品にブロックチェーンをつけることで、著作権問題などが解決されることを目的としたコインです。

アーティストにきちんとお金が入ることを目的としたエンターテイメントの仮想通貨です。

このコインは正直なところ、まだ実装には遠いですが、とても理想的なコインだと考えています。

TRONについて詳しく知りたい方はこちらをチェックしてください!

仮想通貨トロン(TRON,TRX)の今後や将来性を予想。上場やバーンで相場は?価格チャートやおすすめ取引所も

2018.04.03

Aidos Kuneen

注目のアルトコインのAidos kuneen

Aidos KuneenはiMeshという技術を導入したことで、スケーラビリティの問題解決・取引手数料が無料になったことで大きな人気を持っています。

2000万円を投資した人が5億円になったということでも話題になっていますが、2000万円を投資するほど価値を感じられたことがすごいと思っています。

多くの方が期待を寄せるAidos Kuneenは今後注目すべき銘柄の一つです。

Aidos Kuneenについてもっと知りたい方はこちらをチェック!

仮想通貨ADK(エイドスクニーン)のチャートとともに今後の将来性を大予想!!

2018.02.25

MOLD

注目のアルトコインのMOLD

MOLDはゲームのための仮想通貨です。日本人による開発とe-sportsをはじめとしたゲームプレイヤーのためでもある仮想通貨なので、今後も大きな人気になっていくのではないかと思います。ゲームのための仮想通貨でゲームファンにとってはこれ以上ないアルトコインとなっていると思います。

MOLDについてもう少し詳しく知りたい方はこちらをチェック!

仮想通貨MOLDとは?ゲーム業界を引っ張るMOLDを知ろう!

2018.05.05

草コインと呼ばれるものも

アルトコインには草コインという分類も入っている

 

上記で紹介した8種類以外にも有名なコインはたくさんあります。その有名なコインとは別で草コインというものがあります。この草コインには厳密な定義はありません。しかし、草コインには有名なアルトコインとは違う特徴があります。

アルトコインの特徴
  • とにかく安い
  • 誰が作ったかわからない
  • 詐欺コインと見分けがつかない

アルトコインの一部に草コインがあります。誰が作ったかもわからない、機能を十分に果たせるかどうかも怪しいといった理由からアルトコインと別に草コインという定義が出ました。

草コインは、すごく安いです。1コイン0.01円以下のようなものばかりです。

ただし、草コインから大きく成長して、1コインの価格が100倍200倍になったものもあります。大きく成長して、有名コインになるものも少なくありません。

最近では億り人という言葉もたくさん耳にするようになりました。億り人になる人は草コインに投資をする人です。投資をした草コインが急成長することで億り人になります。

つまり、それが草コインであったとしても、たくさんの人に認められた通貨であるならば大きく価格が跳ね上がる可能性もあるということになります。

草コインもたくさんの種類があります。その中から厳選して有望な草コインを紹介したいと思います!

有望な草コインを知りたい方はこちら

知られざる有望株!2018年オススメの草コインランキング

2018.03.23

アルトコイン各種のリアルタイムチャートを見て分析をしよう!

上記で紹介した、アルトコインのリアルタイムチャートを見て分析をしましょう。

チャートを見ることで、今後の価格予想や過去の成長を知ることができます。

アルトコイン各種のリアルタイムチャートを知りたい方は下記記事をチェックしてください

アルトコインのチャート一覧をイッキ見!!

2018.02.17

アルトコインを購入するには

欲しいアルトコインが見つかったとしても、アルトコインの買い方を知っていなければ購入することができません。

アルトコインの買い方は決して難しいことはなく、誰でも簡単に行うことができます。

しかし、取引所はどこに登録したらお得にコインを購入することができるのでしょうか。海外の取引所とかに登録するのは難しくないのかなどの疑問もあると思います!そのため、アルトコインのおすすめの取引所や買い方についても解説しました。

アルトコインを購入しようと考えている方は下の記事に詳しく書いているのでチェックしてください!

アルトコインの買い方は?おすすめの取引所についても解説!

2018.02.12

まとめ

 

アルトコイン=Alternative Coinで、ビットコインの代替コインという意味があります。ビットコインには機能的に不完全な部分が多くあるので、それを改善しようと開発されたものがアルトコインです。

機能的な改善だけでなく、ブロックチェーン技術を利用した新しい目的を持った仮想通貨などもあります。

これからの時代は技術的にも優れている、新しい価値観を持っているアルトコインが仮想通貨の時代を先導していくでしょう。

イーサリアムやリップルをはじめとするアルトコインは目を離す事はできませんが、TRONやADK、MOLDなども今後注目すべきアルトコインです。

また、アルトコインの中には、草コインというハイリスク・ハイリターンの通貨があります。億り人を狙いたい方はこちらをチェックすることも重要です