仮想通貨における半減期とはどういうものなのか?

仮想通貨,半減期 その他

仮想通貨の半減期とは

仮想通貨の半減期というのは、マイニングの報酬が半分になる時のことです。

マイニングについては、以下の記事で詳しく書いているのでチェックしてください!

(マイニングとは →   リンク)

マイニングの報酬が半分になる時のことを仮想通貨の半減期と言います。

どうして半減期が存在するの?

仮想通貨,半減期

 

仮想通貨の代表として、ビットコインを例にあげます。

ビットコインは取引の検証をしている人に対して、報酬としてビットコインをマイニング報酬としてあげています。

ビットコインは流通量を2041年までに2100万ビットコインを上限にしています。

取引検証をしている方へのマイニング報酬を半分にすることで、この上限を越えないようにする工夫をしています。

これが半減期が存在する理由となります。

半減期の前後で価格はどう動く?

仮想通貨,半減期

マイニングの報酬が半分になることって、普通の人にとって関係あるの?

と思った方もいるのではないでしょうか。

この半減期にマイニングの報酬が半分になることは、仮想通貨の価格そのものに変動を与える可能性が高いです。

なので、半減期の前後で価格がどう動くのかについて知ることは重要です。

半減期だからと言って、100%その通りに動くわけではありませんが、半減期を知り、半減期の前後でどのように価格が動くかを知っていることは仮想通貨を投資するのにとても役立ちます。

それを見ていきましょう!

半減期前

仮想通貨,半減期

仮想通貨の半減期前はどうでしょうか?

半減期前は、価格が減少します。

その理由は通貨が流通しているときが半減期前だからです。

通貨の流通が増えれば、その通貨の価値は当然減ります。

半減期後

仮想通貨,半減期

 

半減期後には、仮想通貨の価格は上昇します

その理由はビットコインのようにマイニング目的で取引の検証をしている人たちにとって報酬が半分になるということはマイニングをする流れが止まる可能性があるからです。

会社で給料が半分になると言われたら、多くの人が、転職を探すという行為をすることが普通なのと一緒です。

流通が遅くなると、仮想通貨一枚の価値は上昇するので、半減期後には価格が上昇していきます!

半減期は谷底の証拠

半減期前が減少。半減期後が上昇。つまり、半減期は谷底の証拠となります。

仮想通貨,半減期

過去の半減期のチャートの動きを見てみよう

ビットコインにおける過去の半減期を見ていきましょう!

ビットコインは約4年ごとに半減期がくると言われていますが、正確には21万コインがマイニングされた時に半減期がきます。

ビットコインの半減期は過去に2回ありました。

2009年にビットコインが流通してから4年後、一回目が2013年、そしてその3年後、二回目が2016年です。

仮想通貨,半減期

こちらは2回目の半減期の2016年の半減期のものです。

画像の通り、半減期を直前に価格が減少して、半減期直後には価格が上昇しているのがわかります。

半減期を知り、半減期前に仮想通貨を購入し、半減期後に購入すると、あなたの十分な利益となるでしょう。

各コインの半減期一覧

このように半減期を知ることで、投資の予想を立てやすくすることができます。

つまり、半減期を知ることは、投資を有利に進めます。

色々なコインの半減の一覧知りたくなると思います。半減期の一覧を知りたい方は以下のリンクを記事をチェックして見てください!

仮想通貨 半減期 一覧 → リンク

まとめ

一般的に、半減期を知ることができれば、半減期より前に価格が減少し、半減期後には価格が上昇していくことがわかります。

半減期を知り、今後の情報を知りましょう!