仮想通貨のICOとは何だろう?それについて解説してみた

仮想通貨,ICO,とは その他

仮想通貨を調べているとよく『ICO』という言葉を見ませんか?

確かに見たことはあるけど、実際よくわからない・・・。

 

このように考えている人は多いのではないでしょうか?

それでは今回はこのような疑問を解消するために『ICO』について話したいと思います。

仮想通貨で耳にするICOとは?

仮想通貨,ICO,とは

それではいきなり本題に入ります。

仮想通貨の『ICO』は「Initial Coin Offering」の略で「クラウドセール」や「オープンセール」とも呼ばれています。

 

仮想通貨のICOは「トークン」と呼ばれる仮想通貨を発行し、それを販売することで開発費や研究費を調達する方法です。

 

トークンとは、暗号通貨において「代用貨幣」として意味しています。

つまり新しく作られた仮想通貨のことを指します。その使い方は様々で独自のトークンを会員限定にして証明代わりにしたり、株式のように発行して資金集めに使用したりします。

 

『株式』を発行するのは、新たに事業や何かを購入する際の資金を調達するために発行するように『トークンを作ることで、開発するお金を調達します!そのために発行された仮想通貨を『ICO』と言います!

 

株式と用途が似ているのでわかりやすいですね!

トークンは株式と同じように基本的に個人ではなく会社や取引所が発行していています。

ICOを購入するときのメリット

仮想通貨,ICO,とは

資金調達のために発行されたからといっても購入する側になんのメリットもない場合、そのICOを購入したいとは思いませんよね?

それは株式を購入する際も同じ事だと思います。

 

そのために発行した側は様々なサービスを設けます。それは各ICOによって異なりますが、そのサービスを利用するために投資するというやり方があります。

 

また、ICOを発行する際、先行販売(プレセール)といってかなり安い価格で販売されます。なんとこの先行価格、購入が早ければ早いほど安くそのICOの仮想通貨を購入することができます。なので、安い価格で購入することができるのメリットの一つと言えるでしょう。

 

実際、国内取引所Zaifで発行されたCOMSAトークンがあります。このトークンは2017年11月6日にトークンセールは終了しましたがプレセールス価格はなんと1トークン、0,1円で取引されていました。驚きの安さですね!

 

また、今や第二のビットコインと言われるほど高騰した仮想通貨イーサリアムも元々ICOで資金調達していました!なんとプレセールス価格は26円!今の価格からして26円なんて考えられないですよね!

 

また、トークンを購入することでその仮想通貨のプロジェクトそのものが成功することでICOそのものの価値が上昇するのが大きなメリットといえるでしょう。また成功して爆発的に上昇すれば、かなりの利益を獲得できるに違いありません。

 

先ほどのイーサリアムで例えると、プレセールス価格で購入していた場合、2018年2月で1ETH(イーサリアムの単位)=約8万円なので約3,000倍も高騰しているのでかなり利益を得ているのです!

 

これらがメリットと言えます。これだけでもかなりワクワクできるようなメリットがありますね!

ICOを買うときの注意点

これだけのメリットがありますが、注意点もあります。

 

『ICO』ではサービス開発前に資金を集めるので

  • 実際に開発が行われない
  • 実現可能な技術が元々存在しない
  • 最初から開発する気がない

といった詐欺のICOも存在します。

 

なので、ICOを購入する際にはかなりの注意が必要になります。

ICOに参加する際は情報収集をキチンと行って、必ず余裕のある資金で投資しましょう。

まとめ

いかがでしたか?ICOは夢や様々なメリットがある分、ルールが明確になっていない部分もあるので注意点もあります。

 

なので、投資をする際は注意してくださいね!!