ブロックチェーンとはいったい何なのか?!

ブロックチェーンとは 初心者編

仮想通貨が何かと聞くと、ブロックチェーンという言葉がよく耳に入ります。

しかし、ブロックチェーンとはいったい何なのか。今日はそんな疑問を解消していきます。

仮想通貨でよく聞くブロックチェーンとは

ブロックチェーンは色々なところで注目を集めていたようですが、仮想通貨が登場して一般にも有名になりましたね。

 

言葉を分解して意味を考えていきたいと思います。

ブロック=取引のデータ(履歴)がまとまったもの

チェーン=連なっている状態

つまり、ブロックチェーンとは物事の履歴が複数繋がりあっていることです。

 

ブロックチェーンのここがすごい

ブロックチェーンがどのようなものかというのはわかりましたが、何故これほどまでに注目され様々なところに取り入れられているのでしょうか。

 

管理する人や会社がない

ブロックチェーンは情報を分散させ、複数のユーザーが管理しています。

ブロックチェーンとは

 

この形式を「P2P(ピアツーピア)方式」といいます。「分散型取引台帳」とも呼ばれるようです。

この仕組みによって、管理・運営する会社や金融機関を介す必要がありません。

 

抜群の安全性

取引内容はすべての人に公開されています。

しかし、取引内容はハッシュ関数によって「暗号化」されています。

 

ハッシュ関数とは、元となるデータから一定の文字数の不規則な文字列(ハッシュ値)を作る関数です。

作られた文字列から、元のデータを読み取ることができない「不可逆性」を持っているのが特徴です。

ブロックチェーンとは

 

履歴は複数個所で管理され残っていても、暗号化されて簡単に解読されることはないので安心できます。

さらに、取引履歴がオープン化され複数個所から確認できるので、不正防止につながりますね。

 

ブロックチェーンは今後ほかの分野にも使われる

現在、仮想通貨で実用され大変注目が集まっているブロックチェーンですが、今後私たちの生活の様々な分野に取り入れていかれると考えられています。

 

支払いに

ドルや円、ユーロなど現実通貨の支払いなどにもブロックチェーンは活用されています。

veemという会社が提供しているサービスです。

円やドル・ユーロなど世界の主要通貨をユーザーが負うリスク(為替ヘッジや手数料、送金時間)を負うことなく、資金移動ができるというものです。

ブロックチェーンとは

 

ポイント制度

私たちの生活には、あらゆるところで登場するポイントは今やお金と変わらぬ価値を持ちます。

 

ネット販売などで注文が殺到するとき、サーバーには処理しきれず注文が滞るなんてことはよく起こります。

それに比べて、分散されたブロックチェーンは、高負荷にも強く、スムーズであることから期待が寄せられています。

 

履歴書の管理に

履歴書や経歴書の詐欺…良い人材を採用したいという企業としてはなかなか防ぎたくても大変なところがあるのが現状です。

人口の減少とともに人材不足に悩む企業は、高額な金額を投与して人材サービスに頼らざる負えないのが現状と言えます。

この問題をブロックチェーンによって解決しようという試みがリクルートによって行われているようです。

ブロックチェーンとは

 

データの証明・領収書

ワードやメール、計測データ、領収書などの文書たちの信憑性を高めるためのサービスです。

 

個人や企業でこういった文書を公式な証明書とするためには、紙に印刷→第三者に依頼→証明という流れを踏む必要があります。

これには時間とお金がかかり過ぎます。

 

これをブロックチェーンを利用することで、「データの存在・所有権・完全な状態であること」の証明を記録として残し安価に提供するというものです。

 

まとめ

ブロックチェーンとは特定の機関や組織を通すことなく、複数個所でデータを管理する仕組みのことを言います。

仮想通貨に多くの人が期待している理由は、この安全性仕組みが要因になっていると考えられますね。

 

今、実用化が確立されているのは仮想通貨くらいですが、活用方法は無限大!

様々なところで導入が研究・検討されています。