仮想通貨が上場するとは?2018年上場する仮想通貨を予想!

仮想通貨が上場するとは?2018年上場する仮想通貨を予想! 仮想通貨

今回は仮想通貨の上場とは何か解説します。

最近、仮想通貨の取引がとても熱いです。先日Liskという仮想通貨が上場し話題になりました。

ただ上場と聞くと「ん?株?なんで仮想通貨で上場?」と考える人もいます。

今回は上場って何という所から上場すると価格が上がるという噂は本当か?また今後上場が予想される仮想通貨についてご説明していきます。

仮想通貨が上場するとは?

仮想通貨が上場するということは、取引所で取引できなかった仮想通貨が取引可能になるということです。

この間、bitFlyerにてLiskという仮想通貨が取引開始となりました。この場合のことを「bitFlyerでLiskが上場した」といいます。

仮想通貨が上場することは取引できなかった仮想通貨が取引可能になるということ

取引所はbitFlyerだけでなく、ZaifやCoincheck以外にもたくさんの取引所が国内外にあります。

各々の取引所では、扱っている仮想通貨の種類や数が違います。取引所によって上場する仮想通貨も異なります。

上場する仮想通貨は安全?その条件とは?

もちろん上場した後に価格が下がってしまうことはあるので、価格の面では安心とは言えないです。

 

今回は世界でも最大規模といわれるBinanceという取引所での上場の条件を紹介していきます。

Binanceでコインを上場させるにはCEOかファウンダー(つまりは代表)が機密保持契約書にサインをした後、オンラインフォームを提出させます。その後、Binanceでの審査が始めるという流れになります。

その審査の時に注目されるポイントは「良いコインかどうか?」です。

ただこれではざっくりすぎてよく分からないということで、さらに詳しい項目をBinanceで発表していたので、記載します。

・ユーザーが多いこと。
・プロダクトがあること。
・よく知られたチームであること。

各項目について説明していきます。

上場の審査で重視する3つの評価基準

ユーザーが多い

ユーザーが多いということは、たくさんの人が「このコインには価値がある」と考えているという風に言いかえてもよいかもしれません。

ユーザーが多いの基準は公開されていなかったので、具体的に何人以上ということは分かりませんでした。

しかし、ある程度ユーザーがいることで、コインの信頼性を測り、仮に価格が急落しても価値が0になるような事態を防ぐという狙いがあるのでしょう。

プロダクトがある

プロダクトとはそのコインが「何を目的としているか?」ということです。例えば、ビットコインであれば「誰にも管理されていない通貨を作ろう」とか、Rippleであれば「送金をさらに安く、速く」であったり。

明確なプロダクトが存在しているか?またそのプロダクトは実現するのか?プロダクトに価値はあるのか?というとこが一つの基準になっています。

よく知られたチーム

先ほどもあったように「詐欺コイン」を上場させないようにする基準です。詐欺コインとは、資金を集めるだけ集めて、プロダクトを進めないコインのことです。

プロダクトが進まないことで、次第に価値が無くなっていきます。その危険を防ぐためにも、プロダクトの進行チームの知名度を基準にしているということですね。

 

また上場の時には、ある程度お金を支払う必要があります。文面を見る限り、具体的な金額は記載していませんでしたが、以下抜粋します。

Most projects get a few times multiple in value after they list on Binance. Feel free to propose a fee that you think listing on Binance is worth to you, no need to stretch yourself. A high fee does not guarantee listing, but it may increase your review priority. If you don’t want to pay a listing fee, put 0. We will prioritize accordingly.

引用元:Binance申請フォーム

簡単に日本語訳すると以下の通りです。

バイナンスに上場した後、ほとんどのプロジェクトのコインの価値が数倍になります。強制ではありませんが、よろしければバイナンス上場に見合うと思われる金額を提示してください。金額が高ければ上場が保証されるというわけではありませんが、審査の優先度が上がるかもしれません。上場のための料金を払いたくない場合は0を入力してください。それに沿って優先順位を決めます。

要するに、払っても払わなくてもいいけど、払った方が優先的に審査がされる可能性がありますよ!ということですね。

実際にほとんどのコインで上場の時には、多額のお金を払っているみたいです。

 

ここまでBinanceを例に説明してきましたが、他の取引所もBinanceとそれほど基準は変わらないと予測されます。

どこの取引所でも上場するのは「良いコインなのか?」「しっかり資金源があるコインなのか?」=お金目的の詐欺コインではないか?という事を審査しているということですね。

つまり、上場される仮想通貨はかなり信頼性が高く、安全で価値が0になることはあまりないということです。

仮想通貨が上場すると価格は必ず上がる?

仮想通貨は上場すると価格が上昇する

仮想通貨は上場するとほぼ100%価格が上昇します。

なぜなら、仮想通貨がより多く取引されることになるからです。

つまり、流れは以下の通りです。

上場する→多くの人が購入する→価格が上がる

もちろん、100%価格が上がるわけではないですが、ほとんどの確率で価格は上がります。

今まで日本の取引所で購入することができなかった仮想通貨が、bitFlyerで取引可能になったとしたら、多くの日本人が買うことが予想できますよね。

そして、たくさんの人が購入したら、流通量が増えて価格が上昇する仕組みとなります。

実際に、bitFlyerでLiskが上場した時には、価格が80%の高騰を見せました!

実際に、bitFlyerでLiskが上場した時には、価格が80%の高騰を見せました!

他の上場した仮想通貨の価格が上がっているのか見てみましょう。

WePower

ご紹介するのはWePowerというグリーンエネルギー関係の仮想通貨です。2018年3月29日にBinanceに上場しました。下の画像でいう赤丸の部分です。

仮想通貨WePowerの上場と価格の推移

上場前には10円だったWePowerですが、上場後すぐに14円まで上昇。その後、また10円まで下がってから、約1ヶ月で最大価格を更新して約18円になりました。

こちらは一番多い上場後のチャートの流れになります。他の仮想通貨でもこのような流れで価格が上昇、下落している仮想通貨が多いです。

つまり、上場後すぐに価格上昇→価格調節のため一度下落→長期的に回復していき、価格が更新されるという流れです。

Bankera

今年の6月5日に上場したBankeraという仮想通貨時代の銀行の役割を果たす仮想通貨の上場後の金額をご紹介します。

早速ですが、下のチャートをご覧ください。Bankeraが上場したのは2018年6月5日です。ちょうど赤丸の部分ですね。見て頂ければ分かるようにグラフが急上昇していますね。

仮想通貨bankeraの上場と価格の推移

この時点で金額は1円から2円と倍まで上昇しています。しかし、その後、価格はどんどん下落していき最終的には上場した時の価格を割って、0.7円ほどに落ち着いています。

ここから上がっていく可能性はもちろん0ではありません。ただこのようにコイン自体の価値によっては価格が一度下がったまま、上がってこないようなコインもあります。

OmiseGo

まずは昨年の7月に上場したOmiseGoの価格の上場後の価格に関して紹介します。

ちなみにOmiseGoとは、簡単にいうとモバイル決済アプリで使用される仮想通貨です。さらに詳しくはこちらの記事でご説明していますので、よろしければご覧ください。

ICOから大注目のOmiseGoとは?特徴や購入できる取引所を特集!

2018.04.29

では早速ですが、OmiseGoの上場後の価格の推移をみていきましょう。

下の図が上場前からのチャートになっています。OmiseGoが上場したのは、2017年7月14日です。下の図でいう、赤丸の所ですね。
(正確にはチャートは7月16日からの公開だったので、7月16日になってます)

 

仮想通貨OmiseGoの上場と価格の推移

2017年7月16日時点で、金額は43円です。そして徐々に価格が上がっていき、2ヶ月後には約1,300円ほどど約30倍まで上昇しました。

OmiseGoの価値や将来性が非常に高いことから上場してから順調に値段を上げていきました。

上場後すぐは価格が上昇しましたが、その後引き続き価格が上昇するのか?とれとも価格が下がるのかはそのコインの価値次第です。

上場することのすごさがわかった以上、気になるのが上場する可能性のある通貨になりますよね。それを知っていれば、大きなチャンスになるということです。

2018年上場する予定の仮想通貨

2018年に上場が予定されている仮想通貨を紹介します。

国内取引所での上場予定のTRON

国内取引所での上場予定のTRON

一つ目の上場予定のTRONという仮想通貨を紹介します。

TRONというのはアーティストのための仮想通貨です。TRONについて詳しく知りたい方は以下の記事をチェックしてください!

仮想通貨トロン(TRON,TRX)の今後や将来性を予想。上場やバーンで相場は?価格チャートやおすすめ取引所も

2018.04.03

以下のツイートはTRONを作っている人のツイートです。

何が書いてるかというと、「日本の取引所にて上場を申請します」ということを言っています。

日本のどの取引所かまでは公開していないものの、日本の取引所での上場が決まっているようです!

開発している人が言っているという事はかなり信頼性高いく、必見の仮想通貨の一つです。

現在(2018年6月15日追記)の時点では、まだTRONの日本の取引所への上場は確認されていません。

上のツイートにもあるように、3月にBittrexという海外の大手取引所に上場したことにより金額を伸ばしました。ネット上では、次は日本の「Zaif」ではないか?という声が上がっています。

日本は仮想通貨の取引量が非常に大きいと言われているので、Zaifでの取引開始は大きく価格に影響を与えるでしょう。

近い未来もっと人気上昇するリップル

近い未来もっと人気上昇するリップルも上場予定

リップルはビットコイン、イーサリアムに次ぐ時価総額3位の超人気コインになっています。リップルとは何かわからない方は以下の記事をチェックしてください。

リップルは時価総額3位で、BitBank、BitTrade、GMOコインという取引所では上場しているものの、bitFlyerやZaifといった大手取引所では取引することができません。

これだけの人気コインですので、いつ上場してもおかしくありません。

現在(2018年6月15日追記)時点で、国内外問わず多くの取引所ですでに上場しています。そして引き続き、アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど様々な取引所で上場の交渉を進めているようです。

日本の取引所でいうと、まだbitFlyerやZaifといった大手取引所では上場していない状況です。今後上場が予想されている取引所は以下の通りです。

  • bitFlyer
  • SBIバーチャルカーレンシー

SBIバーチャルカーレンシーはSBIホールディングスという日本の大手企業が開設予定の話題の取引所です。

詳細は以下の記事でご紹介しているので、気になる方はぜひご覧くださいね。

以上のように、大手取引所や話題の取引所で上場することによって大幅に価格が上昇することも予想されます。

また、リップルは時価総額第3位と大損する可能性は少ない仮想通貨なので、今のうちに購入するのも一つの手です。

まとめ

今回は仮想通貨の上場とは何か、2018年に市場に出る予定のコインを紹介しました。

まとめると以下のようになります。

  • 仮想通貨の上場というのは、取引所にて新しい仮想通貨が取引可能になるということです。
  • 上場すれば、ほぼ100%の確率で価格が上昇します。
  • TRONは日本の取引所にて、上場予定と言っています。
  • リップルもbitFlyerやZaifで上場するのは時間の問題です。
  • 仮想通貨のリスクが少ないのはリップルの方です、時価総額3位なので大損することはないです。

取引で重要なのは、その仮想通貨が今後伸びるかどうか分析することです。しっかりとコインの情報を調べてから購入するようにしましょう。