ビットコインのウォレットについて徹底解説!

ビットコイン,ウォレット ビットコイン

『ウォレット』という言葉は何度も耳にしたことがあるかと思います。

 

ウォレットは仮想通貨を語る上で欠かせない存在です。

 

今回は、『そもそもウォレットとは何なのか?』という所から、ビットコインを保有できるおすすめのウォレットなど、ビットコインのウォレットを徹底解説していきます。

仮想通貨に必須のウォレットとは

そもそも仮想通貨のウォレットとは何なのでしょうか?ここでは、ウォレットとは何かを簡単に説明していきます。

 

まず、仮想通貨を始めようとしたらどうしますか?いきなり取引をようとしても、そもそも仮想通貨を入れておく場所がないですよね。

 

そこで、まずは仮想通貨を入れておく場所(口座)が必要になります。実は、ウォレットとはこの口座のことを指します。

 

普通に日常でも、全財産を家で保管しているという人は少ないと思います、大抵の人が銀行口座などにお金を預けていますよね。

 

それと同じです。なので、銀行口座で、『残高照会』や『振り込み』、『振り出し』ができるように、ウォレットでも『残高照会』『送金』『着金』ができます。

 

ウォレットとは?

仮想通貨におけるウォレットとは、銀行口座のこと。

 

ビットコインを保有できるウォレット一覧

銀行もりそな銀行や三井住友銀行などの種類がありそれぞれに銀行口座があるように、ウォレットにもいくつかの種類があります。

 
ビットコインを保有できるウォレット一覧

・Electrum

・Copay

・Coinbase

・BitGo

・GreenAddress

・Xapo

・breadwallet

・Bitcoin Wallet

・Coinomi

・Bither

・Trezor

・Ledger Nano S

・Keepkey

・EXODUS

・Jaxx

・GateHub

 

おすすめのウォレット

先ほどビットコインを保有できるウォレットの一覧を紹介しましたが、多すぎて結局どれが良いの?と思う人も多いと思います。

 

そこで、ここでは、先ほど紹介した中でおすすめのウォレットを3つ紹介します。

 

Copay

ビットコイン,ウォレット

 

まず、1つ目はCopayです。

 

Copayの特徴

ウォレットを入れてあるデバイスを、ネットワークから切り離したオフラインの状態で管理することにより、安全性を高めている。

 

Copayの良いところ
・保有できる通貨はビットコインに限るが、何といっても無料。

・オフラインで管理するので、ハッキングなどの心配がない

 

Ledger Nano S

ビットコイン,ウォレット

 

次は、Ledger Nano Sです。

 

Ledger Nano Sの特徴

USBのようにパソコンにさしてパソコン外部で管理するウォレットで、入出金やメンテナンスをする場合以外は、完全にネットワークから切り離されますので安全性が最強。

 

Ledger Nano Sの良いところ

・比較的安価でビットコインをはじめ26コインに対応している。

・普段は完全にネットワークから切り離されるので安全性が最強。

 

国内取引所のZaifを運営するテックビューロ社が輸入代理店となっており、Zaifのサイトに日本語マニュアルが公開されています。

 

breadwallet

ビットコイン,ウォレット

 

3つ目は、breadwalletです。

 

breadwalletの特徴

スマホはiPhone版・Android版の両方がありますが、PC版はありませんので、スマホのみで保管したい人におすすめのウォレット。

 

breadwalletの良いところ

・スマホをネットワークから切り離した状態で保管すれば、安全性を引き上げることができる。

・無料で使える上に、国内取引所のbitflyerが出資しているため安心感がある。

 

ウォレットの作り方や使い方

最初にウォレットとは、銀行口座のことであると説明しました。では、ウォレットはどこでどうやって作れば良いのでしょうか?

 

Copayとbreadwalletの作り方

Copayとbreadwalletはアプリなので、アプリをインストールしてその画面の指示通りに進めていくとウォレットを作ることができます。

 

Ledger Nano Sウォレットの作り方

Ledger Nano S本体を購入する。

Ledger Nano S本体をUSBケーブルでパソコンに接続する。

PINコードの設定

4桁の暗証番号を設定する。

※Ledger Nano Sを使う際、毎回必要なコードですので、PINコードは絶対に忘れないようにしてください。

リカバリーフレーズをメモする

リカバリーフレーズは24個の英単語です。

これを保管しておくことで、万が一Ledger Nano Sが壊れた際にも、復元することができます。

リカバリーフレーズの確認

「Confirm your recovery phrase」と出てきたら、先ほどメモした番号の英単語を選択してください。


「congratulations」と表示されたら、初期設定は完了。
[/aside]  

Ledger Nano Sを使用するためには、アプリのダウンロードが必要です。

以下から、管理したい仮想通貨のソフトウェアをダウンロードしてください。

Ledger Nano Sアプリをダウンロード

ウォレットの使い方

先ほど紹介した3つのウォレットは全てアプリを起動して使用することになります。

 

アプリを起動して、後は画面の指示に従って、送受信を行いましょう。

 

まとめ

いかがでしたか?

 

ウォレットは仮想通貨取引をしていく上では切り離せない存在です。

 

ウォレットによっては、オンライン上で管理するものもあるので、安全性には十分に注意して、ウォレットを使用するようにしましょう。