【安心・安全】仮想通貨のウォレットとは?イチオシを紹介

【安心・安全】仮想通貨のウォレットとは?イチオシを紹介 その他

最近話題になった「取引所ハッキングによる不正流出事件」

安心・安全だと思って預けていた大切な資産が、悪意ある誰かによって無くなる、これは仮想通貨業界では割と起こります。

仮想通貨は間違いなく資産を増やすチャンスですが、自分の資産を守る方法をしっかり学んでおきたいので、今回の記事を執筆しています。

せっかくなので、じっくり時間をかけてお読みください。

仮想通貨のウォレットとは

ウォレットは「財布」を意味します。普段お金を財布に入れて持ち歩くように、あなたの仮想通貨(例えばビットコイン)を保管しておくためのものです。

ウォレットにはいくつかタイプがあり、それぞれどういう形で保管するかが変わってくるので、次に紹介していきます。

ウォレットのタイプは5種類

実は、仮想通貨のウォレットは5種類あります。それぞれメリット・デメリットがありますのでそれも合わせて紹介します。

デスクトップウォレット

仮想通貨ウォレットの種類:デスクトップウォレット

パソコンのデスクトップ画面で保管するお財布です。パソコンの画面で保管するので、うっかり無くしてしまう、ということは少なそうです。

【◎】無くしにくい
【△】 パソコンが壊れたり、ウイルスに感染するとデータが盗まれる可能性がある

ウェブウォレット

仮想通貨ウォレットの種類:ウェブウォレット

インターネット上のお財布に預けておくイメージです。お使いのパソコンやスマホが仮に壊れたとしても、あなたの仮想通貨は安全に守られるのが良いですね。

ウェブタイプのウォレットには、例えば「bitFlyer」「coincheck」「Zaif」のような取引所などに預けた場合に保管されます。

3大取引所のウェブウォレットの対応通貨比較

各ウォレットの対応通貨は以下です。

bitFlyer
ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、イーサリアムクラシック(ETC)、ライトコイン(LTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)、モナコイン(MONA)、リスク(LSK)
以上の7種類

Zaif
ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、ビットコインキャッシュ(BCH)、ネム(XEM)、モナコイン(MONA)
以上の5種類

coincheck
ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、イーサリアムクラシック(ETC)、リスク(LSK)、リップル(XRP)、ビットコインキャッシュ(BTH)、ファクトム(FCT)、モネロ(XMR)、オーガー(REP)、ジーキャッシュ(ZEC)、ネム(XEM)、ライトコイン(LTC)、ダッシュ(DASH)
以上の13種類

通貨の対応数についてはcoincheckが圧倒的ですね。

 

初心者におすすめのウォレット

今回紹介した中で初心者におすすめのウォレットは『bitFlyer』です。

初心者にオススメウェブウォレットはbitFlyer

coincheckと言いたいのですが、ネムの流出問題がありセキュリティ面での不安があるので現時点でのおすすめはbitFlyerになります。

以下のような点でbitFlyerをオススメします。

・アプリ内で取引ができる。
・送金が気軽にできる。
・セキュリティ面でも安心。

ダウンロードはこちらから

iPhone→アプリダウンロード
android→アプリダウンロード
パソコン→bitFlyer公式HP

※注意※
ウォレットアプリはダウンロードしただけでは使えません。
まず、取引所への登録が必要となります。

 

取引所以外のウェブウォレット

先ほどまでは取引所が運営しているアプリを紹介してきました。
ここからは「取引所以外のアプリが知りたい」「取引所に預けていたけど怖くなった」という方のために取引所以外のアプリを紹介していきます。

Blockchain

Blockchain」は非常に大きなウォレットサイトですので安心してご利用いただけるかと思います。

取引所以外のウェブウォレット:BLOCKCHAIN

【◎】二段階認証や指紋認証でセキュリティが厳重。
【◎】ビットコイン・ビットコインキャッシュ・イーサリアムに対応
【△】日本語に対応しているが日本語が少し変。

ダウンロードはこちらから

iPhone→ダウンロード
android→ダウンロード
パソコン→BLOCKCHAIN公式HP

Airbitz

取引所以外のウェブウォレット:Airbitz

【◎】複数のウォレットを一つのアプリで使い分けられる。
【◎】Bluetoothを使った送金ができる。
【△】海外の取引所限定なので、日本国内からのビットコイン購入はできない。

ダウンロードはこちらから

iPhone→ダウンロード
android→ダウンロード
パソコン→airBitz公式HP

breadwallet

取引所以外のウェブウォレット:breadwallet

【◎】読み取り用のQRコードが大きく表示される。
【◎】初心者でも送受金しやすいデザイン。
【△】取引やアルトコインを利用したい人には物足りない。

ダウンロードはこちらから

iPhone→ダウンロード
android→ダウンロード
パソコン→breadwallet公式HP

ただし、2018年初にコインチェックから不正流出があったように、取引所などのウェブウォレットに自分の手元から離しておいておくのはリスキーな一面もあります。

【◎】パソコンやスマホが壊れても問題なし
【△】 サーバーや取引所がダメになると、預けてたものが消えるかも(少しリスキー)

 

 モバイルウォレット(スマホ・タブレット)

仮想通貨ウォレットの種類:モバイルウォレット(スマホ・タブレット)

これは、スマホなどにお財布アプリを入れて、その中にビットコインなどを保管する形です。有名なところだと、Bitcoin.comのモバイルウォレット。ビットコインとビットコインキャッシュ専用のウォレットで、使い勝手が良いので実際私も利用しています。

また、スマホやタブレットが壊れたとき用にバックアップできる仕組みになっています。

【◎】持ち運びに便利、管理しやすい
【△】 スマホやタブレットを盗まれ、仮想通貨も盗まれる危険性

ハードウェアウォレット

仮想通貨ウォレットの種類:ハードウェアウォレット

仮想通貨を保管するように作られた「リアルなお財布」です。パソコンなどからデータを入れて、保管しておきます。インターネットに繋がっていないので、ウォレットの中ではもっとも安全なものの一つです。

ただし、どこに保管したっけなぁ、という事態もありますので、自分の中でわかりやすいところに隠しておくのがいいかと思います。

【◎】ネットから遮断されていて、安全
【△】 保管場所を忘れたり盗難にあう危険性、操作にコツがいる

ペーパーウォレット

仮想通貨ウォレットの種類:ペーパーウォレット

ペーパータイプはその名の通り、紙で保管します。ビットコインなどの仮想通貨には、それが保管してあるアドレス(銀行口座の口座番号のようなもの)があり、それを開くための秘密鍵(ATMで使う暗証番号のようなもの)がもともとあります。

それを、紙に書いて管理するという原始的な方法です。原始的ですが、ハードウェアウォレットと同様、完全にインターネットから離れたところにありますので、安全度が高いです。

紙なので、家が火事で全焼してしまうと同時に、ビットコインも燃えて無くなります。

【◎】ネットから遮断されていて、安全
【△】 保管場所を忘れたり盗難にあう危険性、燃えたら無くなる

どのタイプがおすすめ?

ズバリ、ハードウェアウォレットがおすすめです。その理由は以下の3つです。

①使い勝手がいい

②いろんな通貨を一括して保管できる

③ハッキングなどの被害を受けず、安全に保管できる

ハードウォレットの使い方と注意点

「ハードウォレット」という言葉自体が聞きなれない単語なので、使い方も難しそうと思ってしまいますよね。慣れてしまえば簡単なのですが、使い方を間違えると貴重なお金を無くしてしまうと思うと緊張します。

ハードウォレットの取扱いで気を付ける4つの注意点

ですが、気をつけるポイントは以下の4つだけです。

  • ハードウォレットの説明書をきちんと読む
  • 初期設定は必ず「自分で」行う
  • PINコードを忘れないようにメモをしておく
  • リカバリーフレーズ(秘密鍵)を無くさない

ハードウォレットの説明書をきちんと読む

ゲームの説明書を読まずにゲームをはじめてもなんとかなりますが、ハードウォレットの説明書を読まずに使うと、ほぼ100%取り返しのつかないミスをしてしまいます。

必ず説明書を読みましょう。

ハードウォレットの初期設定は必ず自分で行う

初期設定は必ず自分でやりましょう。

すでに初期設定がされている場合は、それは誰かが初期設定をしたということです。

初期設定を犯罪者が事前に済ましておき、PINコードや秘密鍵を記録して渡してくるケースがあるため、すでに設定してあるハードウォレットは使用しないようにしましょう。

PINコードを忘れないようにしておく

PINコードはウォレットにアクセスできなくなったり、出金ができなくなったりします。
リカバリーフレーズがあれば復元できますがかなり面倒なので、これも忘れないようにしましょう。

リカバリーフレーズ(秘密鍵)を無くさないようにする

これは絶対に無くしてはいけません。
ハードウォレットはリカバリーフレーズが全てと言っても過言ではありません。

リカバリーフレーズ(秘密鍵)とは24の英単語のことですが、これを紛失してしまうと、ハードウォレット内の仮想通貨にアクセスできませんし、入出金も何もできません。

おすすめのハードウォレット

今後は、ハードウェアウォレットが普及していくと思います。

おすすめのハードウォレットは2つあり、

・Ledger Nano S(レジャーナノエス)

・TREZOR(トレザー)

です。仮想通貨のウォレットのおすすめ2種類:Ledger Nano SとTREZOR

どちらもかなり有名で優秀なハードウェアウォレットですが、価格は1万円〜2万円します。少し高いと思われるかもしれません。逆に、安いと思われるかもしれません。

あなたの資産のボリュームにかかわらず、どれだけ大事に保管したいか、という部分が大きいかと思いますが、サラリーマンの方は1ヶ月の給料を超えるお金を扱う場合は、ハードウェアウォレットの購入を検討してみてもいいかもしれません。

注意:アマゾンなどではなく公式サイトからの購入をおすすめします。すでに開封済みの商品を購入し、それを利用したことで仮想通貨を盗まれたという事件が報告されています。

ウォレットに手数料はあるの?

手数料は発生しません。

ハードウェアウォレットなどを購入する場合は、その購入費を払ってしまえば、そのあと維持費が発生することはありませんのでご安心ください。

ウォレットに移す時の注意点

ウォレットに移すときに注意しなければならないことがいくつかあります。せっかく安全なウォレットに移そうとしても、注意散漫だと資産を失ってしまう可能性まであるので、ここで述べておきます。

注意点① セルフGOX

ウォレットに仮想通貨を移すとき、多くの人が陥るミスが「送り先のアドレスを間違える」というものです。例えば、BCHを送るのに、BTCのアドレスに送ってしまうとか。

これによって資産が返ってこなくなることを、昔日本にあった取引所Mt.GOXの事件になぞらえて「セルフ(自分で)GOX」と言います。

チェックしたい事項は、こちらです。

【確認してください】

・送り先のアドレスが確かに合っているか?

・ラベル(パスワードのようなもの)を同時に送らないといけない場合は、それも設定できているか?また、そのラベルをメモできているか?

以上を確認し、しっかり送れる状態か入念にチェックしましょう。

 

注意点② 不正ウイルス感染/不正アクセス

これも何件か報告されています。

パソコン自体に知らぬ間にウイルスが感染していた場合、

パソコンとハードウェアウォレットを繋いだときにハードウェアウォレットに移すデータを見られたり、送金先のアドレスを勝手に書き換えられたりするみたいです。

実際にパソコンがウイルスに感染していて、アドレスが書き換えられてしまっている様子↓

これを防ぐ方法としては、以下の方法が挙げられます。

【確認してください】

・パソコンは安全か(セキュリティソフトを入れずネット接続している場合は要注意)

・送信先のアドレスは正しいか

 

注意点③ ハードウォレットの保管場所

これは、ハードウェアウォレットをどこに置いたか忘れるというパターン。ウォレット自体をなくしてしまうと、当然お財布をなくすのと同様に、お金もなくなってしまいます。

【確認してください】

・普段よく使う場所に保管できているか

・保管場所について、自分にしかわからない表現でどこか別のところ(スマホのメモなど)に記録しておく

 

注意点④ バックアップパスワードの保管場所

ウォレットのタイプによっては、バックアップパスワードを紙に書いて保管します。

例えば、Bitcoin.comのBTC/BCH専用ウォレットはバックアップとして、ランダムな単語を並べて、その単語と順番をバックアップ用のパスワードとして紙に書いて保管しておく必要があります。

このような場合、紙をなくしてしまうと、もしウォレットを復元しようとした際に復元できないと言う事態になります。保管場所については注意しましょう。

【確認してください】

・バックアップパスワードの保管場所を、自分にしかわからない表現でどこか別のところ(スマホのメモなど)に記録しておく

 

注意点⑤ アップデート

ハードウェアウォレットだと、それを動かすシステムのアップデートが必要になります。このアップデートをしないと引き続き利用することができないなど、必須のものが多いです。

ここでは、自分が使っている端末のアップデートの情報に敏感になること(アップデートの有無は公式HPや公式Twitterなどで報告されるので、随時チェックすること)が大切です。

【確認してください】

・公式アカウントがフォローできているか(いつでもアップデートの有無を確認できるか)

以上、仮想通貨のウォレットに資産を送る際に注意しなければならないことを挙げました。自分だけは大丈夫、ということはないので、必ず確認するようにしてくださいね。

 

まとめ

コインチェックのネム不正流出事件では、その被害は26万人にも及びました。自分だけはならない、この取引所だけは安心!と過信しないことが大切ですね。(私の一部の資産も動かせない事態になったので、自分への戒めも込めてます笑)

自分の資産は自分で守る!という気持ちで、どういう形で保管しておくか、もう一度考えるきっかけになったら嬉しいです。