モナコイン(MONA)の特徴、チャート、取引所、将来性まとめ

モナコイン,とは アルトコイン

あなたはモナコインをご存知ですか?ビットコインなどとは違って、聞いたことがないという人も多いのでしょう。

今回はモナコインについてお伝えしていきます。この記事を読んで『モナコインとは?』という疑問を解消しましょう。

仮想通貨のモナコインってどんな通貨?

モナコインは今流行りの仮想通貨(暗号通貨)の一種です。仮想通貨はビットコインをはじめとして、約2000種類以上も仮想通貨があると言われています。

そのうちの1つがこのモナコインです。

 

こちらがモナコインの大まかな概要となっています。

名称 モナコイン(MONA)
発行開始日 2014年1月1日
開発国 日本
発行上限数 1億512万枚

 

記事最初の画像はコインの画像ですが、コインの真ん中のキャラクターは、2ch発祥のアスキーアートで描かれた「モナー」というキャラクターです。

ただし、モナコインと2ch運営との直接的な関わりはありませんのでご注意ください。

日本人が開発

モナコインを語る上で欠かせない内容になりますが、モナコインは巨大掲示板(旧2ちゃんねる 現5ちゃんねる)のソフトウェア板にいた『わたなべ氏』という方が開発したコインです。

仮想通貨は外国人が開発しているイメージが強い方もいると思いますが、珍しく日本人が開発しています。

かのビットコインの発案者も『サトシ・ナカモト』という名前ですが、日本人であるかどうかは定かではありません。

モナコインは海外からも注目を集めていますが、これは日本への注目といってもいいのかもしれません。

ライトコインが元となっている

モナコインは2014年に発行されましたが、実はライトコイン(LTC)が元になっており、ソースコードや通貨の特徴がライトコインととても似通っています。

モナコインはライトコインが元になっている

2018年8月現在、ライトコインが6000円前後で取引されているのに対し、ほとんど同じ機能をもつモナコインが170円前後で取引されています。

モナコインの特徴や性能の良さが世間に知られれば、ライトコインと同じだけの金額にポテンシャルを秘めています。モナコインがライトコインの価格に追いつくことを期待したいところです。

発行量の多さ

多くの仮想通貨には『発行上限数』が決まっていて発行される枚数が決まってます。

ビットコインと比較してみましょう。

ビットコインとモナコインの発行枚数の違い

 

有名なビットコインの発行上限量は2100万枚ですが、モナコインは約1億枚とビットコインの約50倍ほど多く設定されています。

コインの枚数の違いの意味は?
モナコインは現在、だいたい170円前後で価格が動いていて、ビットコインはだいたい70万円前後で動いています。これは、もちろん、人気の差が価格の差という理由も1つあります。

しかし、この発行枚数の差が違うという認識が必要です。一枚あたりの希少価値が違うということです。

仮にモナコインが時価総額でビットコインを抜いても一枚の価格はビットコインほど多くはならないということです。

『モナ払い』できるお店が多い

現在約2000種類以上のアルトコインがありますが、開発途中で使うことができないものが多いのが現状です。

しかし、モナコインは実際に使用できる仮想通貨です。モナコインで支払いができるお店がたくさんあります。

 

バー、カフェ、メイド喫茶、美容クリニックなど『モナ払い』ができるお店がたくさん存在します。日本のオタク文化のコミックマーケット、通称コミケではいち早くモナコイン決済を導入していました。

日本国内ではビットコインに次いで、2番目に使用できる店が多い仮想通貨になります。実際にモナコインを使用した決済をした方がいます!

 

また、サイトでもモナコインを使用することが出来ます。

使用可能サイト サイトの説明
『monappy』 モナコインで買い物できるオンラインショップで、漫画やイラスト、コーヒーやお米などの食品も買うことができます。

また、フリーマーケットのように自分で出品することも可能です。

『tipmona』 twitter上で相手に対してモナコインを送ることが出来るサービスです。

twitterアカウントがあれば誰でもできるサービスで「@tipmona tip (ユーザー名) (数量)」とツイートするだけで気軽にモナコインを送れます。

『Ask Mona』 「いいね!」の代わりにモナコインを投げ銭できる掲示板サイトです。

良いと思った投稿に対してチップとしてモナコインを投げることが出来ます。

 

このように、幅広く通貨として使用できるのがモナコインです。使うという目的があるので、これからも需要が無くなることはないでしょう。

モナコインは今後もさらに需要が増えていき、それに応えるように価格も高騰していくでしょう。

 

 モナコインのコミュニティが強い

モナコインのコミュニティ(ファン)は日本国内では規模が大きいです。

モナコイン関連サービスが次々と増えていることから分かる通り、たくさんのファンがいて、モナコインを成長させようという意志が強いです。

先ほども述べたように、コミックマーケットもモナコイン決済を導入しています。

 

2017年10月25日から1週間の間、個人が自腹で出資して秋葉原UDXと秋葉原ラジオ会館の大型ディスプレイで、モナコインのプロモーション動画が放映されるイベントがありました。

このように『モナコインをもっと広めよう』という人たちがたくさんいるのが、モナコインの魅力と言えます。

モナコインが暴落した理由

実は2200円以上にも高騰したにもかかわらず、価格がすごい勢いで下降しました。現在、170円前後です。

どうして、それほど価値が下がってしまったのかそれを見ていきましょう。

モナコインが暴落した裏側〜たくさんの億り人〜

モナコインが暴落した理由の裏側には、たくさんの億り人がいたからという理由があります。

どういうことかといいますと、モナコインは多くのコアなファンに愛されていたのが特徴です。2chのキャラクターが使われていて、小さなコミュニティの中でたくさんのコインが保有されていました。

 

しかしbitFlyerでモナコインが上場したりしたことから、多くの人にモナコインが知れ渡りました。実際に購入する人も増え、価格が上昇して、2200円にも上がりました。もともと、モナコインを持っていた人たちは40倍近く(50円→2200円)の利確になり、多くの人がそのタイミングでモナコインを売却しました。

 

モナコインを利確する人が相次ぎ、暴落した

多くのモナコインを持っていた人がモナコインを一気に売却したことで、価格が一気に暴落してしまいました。

つまり、人気になった分価格が急上昇したが、その時に価格が上がって売却した人が多く、たくさんのコインが売却され価格が下がったという結果になります。

 

モナコインが暴落した裏側〜コインチェック事件〜

モナコインが暴落した原因の一つはコインチェック

モナコインが扱っているのは日本国内だとZaifとbitFlyer(のちに、bitbank)のみです。コインチェックは扱っていません。だから、コインチェック事件はモナコインの暴落とは関係ないんじゃないの?と思う方もいるかもしません。

しかし、モナコイン保有者のほとんどが日本人ということがあります。

 

「やっぱり仮想通貨はダメなんだ」

「通貨を持っておくのは危険だ」

コインチェックでのネム流出事件によって、こう考える日本人が増えました。

 

そうして、モナコインだけではなく、仮想通貨を手放した日本人は多くいました。そして、モナコインは日本人の影響が大きいため、価格の暴落に繋がりました。

つまり、コインチェックが間接的にモナコインの暴落の一因になったのです。

モナコインはまだまだ終わらない!

急激に暴落を経て、今はモナコインも500円前後に価格が落ち着いてきてはいます。

そして、今後また上昇する可能性が見えてきました。

なんで、そんなにモナコインが上昇する可能性があるのか?その可能性の理由を見ていきましょう!

モナコイン復活劇〜bitPlaceにて上場〜

モナコインがbitPlaceに上場して価格が上昇

「モナコインがbitPlaceという取引所に上場する」というニュースが入ってきました。bitPlaceはアメリカの取引所です。

モナコインが上場して、取引することができるの取引所の数が増えます。bitPlaceでモナコインが上場して、たくさんの人がモナコインに興味を示すようになり、買う可能性が高まるということです。そして、値段も上がるということになります。

モナコイン復活劇〜bitFlyerがアメリカでの取引所となる〜

bitFlyerがアメリカの取引所となる

モナコインは日本の取引所では、bitFlyerもしくはZaifでの取り扱いのみです。

モナコインはもともとコミュニティの狭いコインでした。

しかし、bitFlyerがアメリカで取引ができるようになると、これから、もっとコミュニティが広がるでしょう。上記の画像はアメリカ在住者を対象としたページです。つまり、アメリカに大きく広がっていくことを示しています。

モナコインは実用的なコインとなので、これからますますチャンスになるでしょう!

モナ払いが実現できる理由は?モナコインの大きな強みにせまる!

仮想通貨ビギナー みほ
どうして、モナコインってそんなに日本で導入されているの?日本の仮想通貨だから?
仮想通貨のプロ 森さん
もちろん、それも理由の1つだ。しかし、それ以上に決済の承認スピードが速いというのがモナコインの強みの1つなんだ
仮想通貨ビギナー みほ
決済の承認スピードってどういうこと?
仮想通貨のプロ 森さん

決済の承認スピードは、取引があった時にその決済がきちんと正式なものになるまでの時間ということだ

 

この時間がビットコインは10分かかると言われていて、モナコインはその約6分の1の1.5分です。

決済そのものが10分かかると勘違いする人もいますが、そうではありません。実際にビットコインで決済しようとしたら、レジで10分待つしかないということではありません。

しかし、取引があって、次の取引をするためには10分の時間を空けなければならないということです。

その時間がモナコインの場合は1.5分で済むということ、特に店舗などで使う時には重要です。

 

モナコインの価格とリアルタイムチャート

モナコインの現状と軌跡を見てみましょう。今、いくらぐらいでどのように成長してきたのかを見ることはとても重要です。

モナコインの現在価格

そんなモナコインですが、現在の価格を見てみましょう。

モナコインは現在の価格は、170円前後で動いています。

時価総額も40位前後で動いています。今後、どうなっていくのかが気になるところですね!

モナコインのチャートについて下の記事に詳しく載せてあります。

モナコイン(MONA)の価格とリアルタイムチャート

2018.02.07

モナコインの将来性

モナコインの将来性についてお話ししましょう!一番気になるところですよね。

正直、モナコインはこれからますます伸びると言えます!

もちろん、100%と言えるわけではありませんが、モナコインの将来性について教えます!

日本で最も人気が高いモナコイン

日本で作られているコインは、結構少ないですが、その中でもトップの人気を誇っているのがこのモナコインです。

日本でトップの人気誇っているというのは将来性があると言えるのではないかと思います!

モナコインの保有者はほとんどが日本人

こちらの表を見ると、モナコインの約3分の2以上が日本円との取引で扱われているということです。モナコインの保有者はほとんどが日本人だということですね。

ビットコインでの決済が可能になっているお店やサービスなども増えていますが、ほかのコインを使った決済などはまだまだ少ないです。

しかし、モナコインは日本のコミックマーケットやそれ以外にもモナコインを使った決済ができるお店が増えて来ています!これはモナコインの強みと言えます。

モナコインの実用性

モナコインの実用性

遊びで作られたコインだとか、役にも立たないコインだと言われていることもありますが、モナコインの真の強みはその決済スピードにあります。

実は、仮想通貨の機能役割としてモナコインは決済のスピードが速くてとても高い評価を受けています。その高い技術力が買われていて、Zaifの扱っているコインの主軸にされています。

これは、仮想通貨がこれから普及していく時代としてとても重要なことで、これからますますの人気になることが予想できるというわけです!

 

 

このように、モナコインは日本の中でも特定の小さなコミュニティに愛されているコインからスタートしました。しかし、そのコミュニティもだんだん広がっていき、ますます日本の代表的な仮想通貨になる可能性を秘めていると言えます。

だから、とても将来性があり、もっともっと価格が伸びていくことが見込めるでしょう。

 

モナコインの投げ銭文化

モナコインの投げ銭文化

モナコインの将来性を語る上で、「投げ銭(なげぜん)」を抜きでは語れません。

投げ銭とは…いわゆる大道芸人やストリートミュージシャンに対し、その芸や音楽などを楽しんだ謝礼として、あるいは賞賛の意味を込めてお金を渡すこと

(出典:ニコニコ大百科)

モナコインは送金スピードが速くて実用性が高く、また強力なコミュニティがモナコインを支えているという特徴もあり、モナコインのおかげでネット上で投げ銭をするという文化ができています。

tipmonaのようにネット上で投げ銭ができるサービスもすでにスタートしており、ネット投げ銭文化がモナコインの将来性に繋がると思います。

tipmona

tipmonaとは、誰かのTwitterアカウントに対して、モナコインを送金するサービスです。

@tipmonaのTwitterアカウントはこちら

 

アトミックスワップを実装している

 

モナコインの将来性を高めているもう一つの特徴が、アトミックスワップというものです。

アトミックスワップとは、簡単にいうと「異なる通貨を第三者を介さずにリスクなしで」交換する方法です。具体的な場合を見ていきましょう。

ケース①:直接取引の場合、持ち逃げされる可能性がある。

直接交換だと持ち逃げされる可能性がある

ケース②:取引所を経由した場合、時間と手数料が余分にかかってしまう

仲介者が入ると、時間と手数料が余分にかかってしまう

しかし、アトミックスワップというシステムを使うと、時間と手数料がかからない直接取引が可能になります。

アトミックスワップでは、直接取引ながら持ち逃げの心配はない

モナコインはこのアトミックスワップを実装しており、モナコインの将来性を高めています。

ちなみにモナコイン以外にはビットコインとライトコインに実装されており、モナコイン開発者がいかに努力をしているかが見てとれます。

モナコインを扱っている取引所は?

モナコインは日本発祥ということもあり、国内取引所でも取り扱いがあります。国内取引所で取り扱いがあると、日本円から直接購入できるので便利ですよね。

モナコインは、日本ではbitFlyerとZaifで取り扱いがあります。モナコインの購入方法は以下の記事で詳しく解説しているので、合わせてご覧ください。

モナコインを買い方がわからない?モナコイン購入する方法を解説!

2018.02.02

モナコインを保管するにおすすめのウォレットは?

モナコインを取引所で取引をした後には、ウォレットに保管する必要があります。

実際に店舗で使用したりするのにもウォレットが必要がです。モナコインを保管するためのオススメのウォレットを紹介します。

おすすめのウォレットを知りたい方は下記記事をチェックしてください!

モナコインを持つならこのウォレット!~損しないウォレット選び~

2018.02.25

モナコインをマイニングしたい場合

モナコインのマイニングについて、こちらでまとめています。

買わずにモナコインを手に入れるならマイニング!

2018.03.23

まとめ

モナコインがいかに優れた仮想通貨かお分かりいただけましたか。暴落しましたが、それはどの通貨にもありえることです。

仮想通貨としての本来の役割を果たしているのがこの仮想通貨と言えます。