ネム(NEM)とは?特徴、取引所、チャート、ウォレット、将来性まとめ

ネム(NEM)とは?特徴、取引所、チャート、ウォレット、将来性まとめ アルトコイン

coincheckでのネム流出事件で一躍有名になったネムですが、coincheckの件で初めて聞いたという方もいるのではないでしょうか。

今回ネムが狙われた事で、それだけ価値のあるコインだということがわかりました。

そんな「ネム」について特徴などを解説していきますので、ここでしっかりネムについて理解していただければと思います。

仮想通貨のネムとは?その特徴について

ネムはどんな通貨?

ネムは新しい経済圏を作ることを目標に始まった仮想通貨のプロジェクトです。

経済圏って?
経済活動が一定の独立性をもって営まれる地理的範囲(引用:コトバンク)例えば、「物を買ってお金を支払う。」といった一連の動きとかですね。

この経済圏を新しくするとはどういうことか具体的に言うと、「ネムを使っての支払い」だったり「自動会計が可能になる」といった今までとは違うお金だの使い方や支払いの方法を言います。

実は「NEM」というのは「New Ecology Movement」の略称なんですよ。

NEMの通貨単位はXEM(ゼム)と言います。

仮想通貨上のルール

ここがビットコインとの大きな違いで、ネムは「Proof‐of-Importance(POl)」というルールの元でコインが配布されています。

ビットコインは「Proof‐of‐Work(PoW)」というルール
→お金持ちに有利なルール(詳しくはこちらから)

ネムで使われているルールは、ビットコインで使われているルールで発生する「お金持ちにビットコインが集まりやすい」という問題を解決するために考え出されたルールなんです。

PoIには「重要度が高い人ほどコインがもらいやすい」という特徴があります。
PoIにおける重要度は「コイン(ネム)の保有数」「取引の頻度」で決まります。

ただコインを多く持っているだけではダメで、コインを他者との取引することにより重要度が上がっていきます。

コインをどれだけ持っていて、どのくらい取引をしているのか。総合的に判断して配布してくれるのでビットコインより平等に報酬を受け取れる仕組みになっています。
PoIについて詳しくはこちらから

 

 

ネムのチャートと将来性を考察

そんなネム(NEM)の現在の価格はどうでしょうか?

こちらの記事でチャートと共に将来性や今後のこともご説明してますので、確認してみてください。

ネム(XEM)の価格チャートと今後の伸びは?

2018.01.30

 

 

ネムを取り扱かっている取引所一覧

ネムを比較する前にまず、ネムを取り扱っている取引所を簡単に紹介したいと思います。

Zaif

ネム,取引所

こちらはお笑い芸人の『かまいたち』さんとコラボした動画が配信されていることで有名な取引所です。

 

この取引所もcoincheckに次いで有名な取引所でネム以外にもモナコインも扱っています。

取引時の手数料も0~0.1%ほどなので、かなり使いやすいです。

仮想通貨の取引所・Zaif(ザイフ)の登録方法をわかりやすく解説!

2018.01.07

 

coincheck

ネム,取引所

言わずと知れた、仮想通貨を保持している人の多くが登録している国内最大級の取引所です。

 

こちらではネムのみならず、数々の仮想通貨を取り扱っており、国内では一番多く10種類以上の仮想通貨を取り扱っています。

coincheckの登録の方法はこちら

仮想通貨取引所のcoincheck(コインチェック)の登録方法は?

2018.01.07

ネムの購入方法

こちらの記事でネム(NEM)の購入方法を詳しく説明していますので、是非ご覧ください。

 

ネムのウォレット

購入したネムはどこで保管しますか?もちろん「Nano Wallet」も安全ですのでオススメです!

他のウォレットも含めてオススメをこちらの記事で説明していますので、ご覧ください。

ネムを保管するのに1番いいウォレットを発見した

2018.02.01

 

 

報酬システム「ハーベスティング」とは

「取引を承認しお礼として報酬を受け取ること」をネムではハーベスティング(収穫)といいます。

マイニングとは

≪初心者向け≫マイニングとは?意味とやり方を徹底解説!

2018.02.18

ビットコインのマイニングと大きく違う点は、電力を大量に使える特別大きなコンピュータの施設がなくても、今お使いのパソコンで気軽に参加できるという点です。

 

参加条件・方法

参加条件ですが、3つあります。

①資金の準備

②ウォレットに預ける

③待つ

順番に説明していきます。

資金の準備

ハーベスティングに参加するには、有効なXEMが最低でも1万XEMが必要になります。

現在でいうと1XEM=約26円なので約26万円必要となります。
26万と聞くと高いと思いますが、マイニングに参加することと比べると高性能なコンピュータを用意する必要ないもですしトータルで見ればかなりの低コストで参加できると言えます!

ウォレットに預ける

次に必要なのが、「Nano Wallet」というウォレットです。

実は対象となるのはNano Walletに入っているXEMだけ!
なのでせっかく1万XEM以上を持っていてもNano Walletに送らなければ意味がないのです。
Nano Walletはネム公式のウォレットなので下記のリンクからダウンロードしてネムを送りましょう!

Nano Walletダウンロード

Nano Walletについてはこちらの記事で説明してありますので参考にしてみてください。

ネムを保管するのに1番いいウォレットを発見した

2018.02.01

待つ

そして、最後に待つことが参加条件になってきます。

先程も述べましたが「有効なXEMが1万XEM以上ある」ことがハーベスティングに参加するための条件です。

ウォレットに1万XEMを移動させてからそのXEMが有効だと判断されるまで約数週間かかります。

保有しているXEMが有効だと判断されれば、いよいよハーベスティングに参加することができます。

ウォレットに預けるだけで不労所得

Nano WalletにNano Walletに1万XEM以上を入れておけば、機会が取引量とかネムの保有量などを考慮してランダムに報酬をくれます。

ネムはブロックの生成が1分間に1つなので、ビットコインが10分かけて一つのブロックを生成している間に10回も報酬ゲットのチャンスが巡ってくるんです。
ただ、Nano WalletのスマホアプリではハーベスティングができないのでそこでPCが必要となってきます。

格差を無くす体系

先程も述べましたが、Nano Walletに有効なXEMが最低1万XEMがあれば高性能なパソコンなんて持っていなくても機械がランダムで報酬をくれます。

なので大金持ちではない私たちにとっても報酬が得られやすい体系。

富が再分配できるようになっているシステムだと言われています。

ハーベスティングの種類

ハーベスティングには「ローカルハーベスティング」「委任(デリゲート)型のハーベスティング」の2種類があります。

簡単に説明すると、

「ローカルハーベスティング」はPCの電源をつけたまま行うもの

「委任(デリゲート)型のハーベスティング」はPCの電源を切ってもよいもの

になります。

委任とは
スーパーノードと呼ばれる任意の上位ノードにハーベスティングを委託することで報酬を得られるものです。(スーパーノードとは)

 

アポスティーユとは

「所有権が移転可能な証明書発行ツール」です。

この機能が実装されたのは世界初で、ネムのウォレット「Nano Wallet」で使うことができます。

アポスティーユについてWikipediaではこう説明されています。
アポスティーユ (Apostille) とは、ハーグ国際私法会議で締結された外国公文書の認証を不要とする条約が定めているもので、駐日領事による認証に代わり公文書に外務省、公証人役場等が実施する付箋による証明のこと。(出典:Wikipedia)

第三者を介さず直接やり取りできるような機能なので、取引の契約や所有権の登記などが容易に行えるようになるといった機能です。

 

ブロックチェーンネットワークのmijinとは

アポスティーユを説明するうえで外せないのが「mijin」です。

mijinはネムのブロックチェーンを元に作られたネットワークで、主にプライベートネットワークに使われています。

ここでいうプライベートとは「ある特定の企業や組織の中」という意味であり、ネムが「世界中どこからでもアクセスできる」ネットワークを持っているのとは対照的ですね。

ネムとmijinがうまく使い分けられることによって、より便利なネットワークが出来上がる仕組みになっています。

mijinの特徴

mijinの特徴は大きく3つ

消えない

ブロックチェーン上に記録されたデータは、全てのノードを停止するまでは消えることがありません。

ノードとは

P2Pというネットワークの集合体に参加しているコンピュータのこと

改ざんできない

公開鍵暗号技術にて署名されたデータは、第三者によって改ざんすることができません。

これにより、高度なセキュリティでデータを管理することができます。

ゼロダウンタイム

全てのノードが停止しない限りシステムが止まることはないので、常にシステムが動いているというわけです。

詳しくはこちらの動画をご覧ください。

以上の特徴を持ったmijinを使うことで、高度なセキュリティで簡単にデータを管理することができるので世界中から注目されているブロックチェーン技術なんです。

ネムの最新情報とニュース

日本人人気のネムですが、様々なサービスがどんどん出てきています。最新情報とニュースは取引をする方には絶対必要な情報です。ネムの最新情報とニュースをまとめましたので確認してください。

【最新】仮想通貨ネム(NEM)の最新情報・ニュースまとめ

2018.02.07

 

まとめ

今回、ネムについて説明してきました。

最近ネムがハッキングされる事件が起きましたがネムが悪いわけではないので全然問題ないです!

時価総額を見てもわかるように、多くの投資家が期待を込めています。

PoIというルールでビットコインより平等に配布されるようになっているのが魅力的だったりもしますね。

ぜひこの機会にネムを購入してみてはいかがでしょうか。