ハードウェアウォレットで仮想通貨を安全に保管しよう!

その他

先日、コインチェックがハッキングされ、580億円相当の仮想通貨が盗まれたという事件が起きてしまいました。

その事件以来、仮想通貨をコインチェックやbitFlyerなどの取引所に置きっ放しにしておくのは危険だという意識が高まり、ハードウォレットの使用が進められています。

当然私も使用しているのですが、ハードウォレットの仕組みがわからず、利用率が低いのも事実です。

正しく使えば、盗難のリスクなどを圧倒的に抑えられるハードウォレットについて、詳しく解説していきます。

ウォレットとは?

超簡単に言ってしまえば、「ウォレット=お財布」です。

仮想通貨をしまっておくためのお財布ですね。

こちらの記事で詳しく解説してあります。

【安心・安全】仮想通貨のウォレットとは?イチオシを紹介

ハードウォレットの特徴

ハードウォレットとは、仮想通貨をUSBメモリのような、インターネットから隔離されたところに保存する媒体のひとつで、仮想通貨を最も安全に保管しておけるものです。

将来的に数十万円、数百万円という金額になるポテンシャルを秘めた通貨を、取引所に置いておくのは危険なので、この機会にハードウォレットの導入をしておいてください。

ハードウォレットの使い方

「ハードウォレット」という言葉自体が聞きなれない単語なので、使い方も難しそうと思ってしまいますよね。

慣れてしまえば簡単なのですが、使い方を間違えると貴重なお金を無くしてしまうと思うと緊張します。

ですが、気をつけるポイントはそんなに多くありません。

  • ハードウォレットの説明書をきちんと読む
  • 初期設定は必ず「自分で」行う
  • PINコードを忘れないようにメモをしておく
  • リカバリーフレーズ(秘密鍵)を無くさない
たったこれだけです。

ハードウォレットの説明書をきちんと読む

ゲームの説明書を読まずにゲームをはじめてもなんとかなりますが、ハードウォレットの説明書を読まずに使うと、ほぼ100%取り返しのつかないミスをしてしまいます。

必ず説明書を読みましょう。

ハードウォレットの初期設定は必ず自分で行う

初期設定は必ず自分でやりましょう。

すでに初期設定がされている場合は、それは誰かが初期設定をしたということです。

初期設定を犯罪者が事前に済ましておき、PINコードや秘密鍵を記録して渡してくるケースがあるため、すでに設定してあるハードウォレットは使用しないようにしましょう。

PINコードを忘れないようにしておく

PINコードはウォレットにアクセスできなくなったり、出金ができなくなったりします。

リカバリーフレーズがあれば復元できますがかなり面倒なので、これも忘れないようにしましょう。

リカバリーフレーズ(秘密鍵)を無くさないようにする

これは絶対に無くしてはいけません。

ハードウォレットはリカバリーフレーズが全てと言っても過言ではありません。

リカバリーフレーズ(秘密鍵)とは24の英単語のことですが、これを紛失してしまうと、ハードウォレット内の仮想通貨にアクセスできませんし、入出金も何もできません。

おすすめのハードウォレット

おすすめのハードウェアウォレットは、先ほどから紹介している「LedgerNanoS(レジャーナノ)」です。

ここでひとつ、必ず気をつけなければならないポイントがあります。

それは「かならず公式サイトか正規代理店から購入する」ということです。

間違っても、ヤフオクやメルカリなどの個人出品者から購入しないようにしてくださいね!

(中の基盤が差し替えられていたり、不正なプログラムが仕込まれている可能性があります。)

まとめ

仮想通貨はお金です。仮想通貨を取引所に置きっ放しにしているということは、他人に財布を渡しているのと同じです。

セキュリティの高い、ハードウォレットの使用は今後必須になっていきますね!品薄になる前に、ハードウェアウォレットの購入をしておきましょう。