仮想通貨でよく聞くハードフォークとは何か?

ハードフォーク,とは 初心者編

さて、今回は仮想通貨取引をしているとよく聞く「ハードフォーク」って何なのか、わかりやすく解説できたらと思います。

フォーク=ルールを書き変えること

ハードフォーク,とはハードフォークの「フォーク」とは、コインの仕様(ルール)を変更することです。スパゲティを絡め取るフォークとは異なります。

フォークは2種類ある

実は「フォーク(ルール変更)」には2種類あって「ソフトフォーク」「ハードフォーク」と呼ばれます。どういう違いがあるのか説明します。

ソフトフォーク

ハードフォーク,とは

今までのルールを丸ごと「すべて」書きかえて、完全に新しい仕様のコインに生まれ変わります。いってしまえば、単なるパワーアップです。

ハードフォーク

ハードフォーク,とは「今までのルールに沿って引き続き作られるもの」と「新ルールに沿って作られるもの」の二つが誕生します。

こちらは、単なるパワーアップのために行われることもありますし、コインの開発者の間で意見が分かれ「方向性の違い」で行われることもあったりします。

元のコインはどうなるの?

ハードフォーク,とは

残ります。そして、新しくできたコインはあなたのものになります。(実際、ビットコインキャッシュが誕生したハードフォークでは、1ビットコインに対して1ビットコインキャッシュただでもらえました)

ただ注意して欲しいのは、ハードフォークされたコインの信用性が保証されるまで、お使いの取引所が付与(コインをくれる)しない場合もあるので、取引所の案内を毎回確認してくださいね。

問題点

ハードフォーク、には問題点があります。

リプレイアタックの危険性

ハードフォーク,とは1つのコインから2つのコインが誕生したときに、それぞれは独立して生きています。

ただ、似たような性質を持っているので、悪者が片方のコインの送金の記録を、勝手にもう片方のコインの方に記録する(意図せずお金がなくなったりする)ということもできたりしてしまいます。これをリプレイアタックといいます。

これによって、あなたの大切なお金がなくなってしまうこともあるのです・・・。ただ、国内ではこのリプレイアタック対策がなされているコインしか扱われませんので、ご安心ください。

取引所が一時的に停止

ハードフォーク,とはハードフォークは、コインの仕様が大きく変わる瞬間ですので、取引所は一時的に取引を停止し、新しいシステムに更新しないといけません。

システム停止の際は、それなりに混乱が生じることが多いです。(2017年のビットコインのハードフォーク祭りでは、夜遅くまで大忙しの取引所関係者が悲鳴をあげていました。)

実際に、2017年にビットコインがハードフォークした際の国内大手のビットフライヤーの対応はこんな感じでした:【bitFlyer】8月1日に起こる可能性のある(Bitcoin Cash による)ビットコインのブロックチェーン分岐に向けた対応

コインの信用が落ちる

ビットコインなどは、今までに多くのハードフォークで多くのコインを分岐させています。あまりに多くのハードフォークが行われ、さらにその目的が「お金儲け」の場合もあるので、信用が落ちるのは仕方ないですよね。

コインチェックの社長の和田さんは、こんなことをぼやいておりました。ハードフォークを繰り返すこと自体は、仮想通貨の未来を良くすることはないからですね。

 

あのコインがハードフォークした結果・・・

今まで、多くのコインがハードフォークしてきました。

例えば「ビットコイン」「イーサリアム」です。

ビットコインがハードフォークして誕生したものは例えば「ビットコインキャッシュ」「ビットコインゴールド」です。ハードフォーク,とは

 

イーサリアムがハードフォークして誕生したものは例えば「イーサリアムクラシック」です。

ハードフォーク,とは

ハードフォークコインにも値段がつくので、持っているだけでお金が増えているということになりますね。うまく波に乗れれば、お金を増やす手段にもなるということです。

まとめ

ハードフォークって難しそうですが、結局、技術的にパワーアップするときか、開発者の意見対立で起こる分裂だと考えれば大丈夫です。

ハードフォークは最後に書いたように「ただでお金が増える」仕組みでもあるので、ハードフォーク前には値段が急に上がることも多いですが、急いで取引しても良いことがないので、慎重に売買するようにしてくださいね。