世界最大の仮想通貨取引所Binanceの特徴、手数料、送金、買い方について

世界最大の仮想通貨取引所Binanceの特徴、手数料、送金、買い方について 取引所

仮想通貨を扱っている取引所はたくさんあります。取引所は国内のみならず海外にも存在しています。

その中でも世界最大と言われる仮想通貨取引所、『Binance(バイナンス)』。

 

今回はこの取引所について話していきたいと思います。

仮想通貨取引所Binance(バイナンス)とは?

仮想通貨,Binance

『Binance(バイナンス)』とは、2017年にできた中国にある仮想通貨の取引所です。

 

2017年に開設されたばかりにもかかわらず、わずか6か月で仮想通貨の取引量が世界一になりました。この短い期間で世界一を獲得するのはすごいですよね。

最近は取り扱いを開始した銘柄をすぐに上場しており日本人ユーザーにも爆発的に人気の取引所です。日本人の登録者をどんどん増やしている勢いがある取引所です。

その人気さゆえに新規の登録者の一時制限を何度も繰り返すほどであり、未だに新規ユーザーが殺到しています。

Binance(バイナンス)で取り扱っている仮想通貨は?

仮想通貨,Binance

『Binance』が取り扱っている通貨は105種類ありとても豊富に揃っています。

 

日本の取引所で最も取り扱いの多いcoincheckですら13種類なのでアジアの取引所では圧倒的な取り扱う通貨が多いことがわかります。

このように『Binance』は他の取引所とは違った点があります。

Binance(バイナンス)の強み

先ほど言ったように『Binance』特有の特長があります。では、今から『Binance』の強みを話していきたいと思います。

取り扱う銘柄が多い

先ほどいったように『Binance』が取り扱っている通貨は105種類ありとても豊富に揃っています。

取り扱っている仮想通貨は国内取引所で扱っている

 

  • ビットコイン
  • イーサイアム
  • リップル

 

といった代表的な仮想通貨のみならず、日本では買えない仮想通貨も購入できます。例えば最近高騰している

  • TRON(トロン)
  • TRIG(トリガー)
  • IOTA(アイオータ)                 

などといった海外から注目されている仮想通貨を購入することができます。このように『Binance』は一通りの仮想通貨を網羅しています。

 

日本では扱っていない仮想通貨を購入することが出来るなんて面白くないですか?日本の取引所もいいですが、海外の取引所も日本にはないものも備えているので見てみましょう。

上場する仮想通貨を投票で決める

仮想通貨,Binance

また、Binanceは新規の上場通貨を投票で決めるという他の取引所ではない取り組みを行っています。

これはどの仮想通貨を『Binance』に上場させたいかというのをユーザーの投票で決めるという変わった手法をとります。これにより、これから上場するであろう仮想通貨に投資する人が増え、『Binance』に集まっていきます。

 

このように、後から仮想通貨に投資した人でも発表された仮想通貨に投資することで『億り人』になれるチャンスを手に入れることができるのは良くないですか?

なので、今後もどんどん扱う仮想通貨が増えていくでしょう。

手数料が安い

『Binance』での手数料はビットコイン、アルトコインともに取引手数料が0.1%です。

 

ここで他の取引所での仮想通貨の手数料を比較したいと思います。

国内外の主な取引所 ビットコイン アルトコイン
coincheck(コインチェック)  無料  無料
Zaif(ザイフ)  -0.05%~-0.01%  0%~‐0.3%
bitFlyer(ビットフライヤー)  0.01% ~ 0.15%  0.2%
Binance(バイナンス) 0.1% 0.1%

 

手数料を表にして表してみました。こう見ると各取引所の手数料の違いがわかります。

また、『Binance』ではバイナンスコイン(BNB)という『Binance』で発行されたコインがあり、BNBを使って手数料を支払うと

なんと取引手数料が0.05%になります!BNBを使わない理由がないですね。

取引出来高が世界一

『Binance』は何といっても取引出来高が世界一を記録しているという結果を残しています!

 

これは様々な理由があるのですが、第一に先ほど言ったように取り扱う仮想通貨が圧倒的に多いこと。

二つ目はBinanceの日本語対応が大きいです。

 

これは仮想通貨の取引が最も活発な日本からするとかなり大きなメリットでしょう。

 

海外取引所のデメリットとして日本語対応していないことが多いというのが現実です。しかし、海外取引所はどうも敷居が高いと思われている方も日本語対応しているので安心して利用することが可能です。

 

また、流動性が高く売買が成立しやすいため様々な方がその利用のしやすさから『Binance』を使用している人が多いのでしょう。

 

そういった理由も込めて取引高が世界一のなっているのでしょう。

Binanceの評判

ここまで『Binance』の利点について話してきましたが、ここで『Binance』の評判を見ていきましょう。

 

これらを見る限り 『Binance』の評判は悪くないと思います。こういった利点が『Binance』の評判に繋がっているので、登録しておきたいところです。

Binance(バイナンス)の登録方法

Binanceで早速取引するにはどうすればいいか。まずは登録をしましょう。登録方法は以下のサイトで紹介しているのでぜひ参考にして下さい。

世界最大の仮想通貨取引所「Binance」に最短2ステップで登録する方法

2018.01.08

 

バイナンスへの送金

『バイナンスへの送金ってそもそも何?』と、お困りのそこのあなた。

今、その疑問を解消しましょう。『バイナンスへ送金』とは別の取引所に保管している仮想通貨を『Binance(バイナンス)』に移動させることを意味します。

バイナンス,買い方

 

では、そもそもなぜ送金する必要があるのかといいますと、『Binance(バイナンス)』は海外の取引所なので日本円で仮想通貨を購入することが出来ません。

 

Binanceではこの4つの通貨建てでないと仮想通貨を購入できません。

  • BNB Markets(バイナンスコイン建て)
  • BTC Markets(ビットコイン建て)
  • ETH Markets(イーサリアム建て)
  • USDT Markets(米ドル建て)

 

その内BNBコインはバイナンスでのみ購入できる仮想通貨で、Binanceで仮想通貨を購入したことがない人はまず持っていません。

またUSDTは日本で生活してるとまず使うことがないので、持っていない人が多いと思います。

 

初めてバイナンスで仮想通貨を購入するには

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)

が必要になります。

 

なので、Binanceで仮想通貨を購入するためには、ビットコインまたはイーサリアムを送金しないといけません。

もしくはリップルを送金し、それを売却してビットコインまたはイーサリアムに替える方法もあります。

 

それでは、実際の送金方法を紹介していきます!

送金の方法

では、バイナンスへの送金方法を紹介します!

① 赤線の『Funds』にカーソルを移動し、『Balances』をクリックします。
バイナンス,買い方

 

 

② この画面に入ると、赤線の部分に仮想通貨の単位を入力します。赤線の『Deposit』をクリックしてください。
ここではイーサリアムを送金することとしますので『ETH』と入力します。

バイナンス,買い方

 

③ 入金アドレスが出てきます。この入金アドレスをコピーします。
バイナンス,買い方

 

その後、国内取引所から送金準備を行うのですが、それについてはこちらの記事で紹介されていますのでこの記事を見ながら進めましょう。

仮想通貨の送金方法は?手数料から時間、ミスしない方法を公開!

2018.02.18

送金の反映

送金が反映されると

バイナンス,買い方

上の画像の赤線の部分が増えますので、確認しましょう!

増えていると、送金完了になります。

 

送金完了までにかかる時間は取引所によって時間差がありますが、アドレスを間違わない限り必ず届きますので気長に待ちましょう。

送金を行う場合、もしものことを考えて最初は少額でテスト送金するようにしてくださいね!

送金のおすすめのコイン

先ほども言いましたが『Binance(バイナンス)』は海外の取引所なので日本円を入金することが出来ません

 

バイナンスでコインを購入するには、先にバイナンスにコインを購入するためのお金をいれておかないといけません。

バイナンスでは4つの通貨建てで、バイナンスにある仮想通貨を購入することができます。

  • BNB Markets(バイナンスコイン建て)
  • BTC Markets(ビットコイン建て)
  • ETH Markets(イーサリアム建て)
  • USDT Markets(米ドル建て)

 

その中で初めてバイナンスで仮想通貨を購入するには

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)

この二つの仮想通貨が必要になるということをお話しましたが、ビットコインでの送金は手数料が高い(最低でも2000円ほど)上に、バイナンスに届くのに数日かかることもあり、送金には少し向いていません。

 

なので、バイナンスまでに送金が早く、しかも手数料が安いコインを送金するとなると・・・・

・イーサリアム(ETH)

・リップル(XRP)

がおススメになります!!

 

なのでリップル、イーサリアムを国内の取引所から購入するために事前に国内の仮想通貨取引所を登録し、仮想通貨を購入しましょう。

 

バイナンスでコインを買う

それでは実際にバイナンスでコインを購入してみましょう。

 

本来、どのコインを購入するかは買う人の自由なのですが、ここでBNB(バイナンスコイン)を購入することをおススメします!

 

BNBとは、バイナンスで購入できる仮想通貨でこのBNBという独自の通貨で手数料を支払うと【0.1%】から【0.05%】と半額になるのです。

今回はこのBNBをイーサリアム(ETH)で購入していきたいと思います。
① ログイン画面から『Exchange(赤線)』をクリックし、その後『Basic』をクリックしてください。
バイナンス,買い方

 

 

② すると以下のような画面に入ります。
バイナンス,買い方

 

 

③ 右側に以下の画面を見て、順番に操作してください。
バイナンス,買い方

 

④ 矢印の部分のようになっていればOKです!
バイナンス,買い方

 

下にスクロールすると、注文フォームになります。

以下、指値注文(指定した額での注文)の場合の例です。

指値注文(指定した額での注文)の場合

バイナンス,買い方

① 指定した価格(購入するときの額を設定)

② 数量(購入したい分のBNBコインを設定)

③ 購入する割合(現在、保有している分に対して)

④ 価格×数量+手数料の合計額が出てくる

 

この取引方法では二つの方法で購入することができます。

1、で1BNBで0.5ETHで購入したいとします。

2BNBの分を購入したいとしましょう。

すると、で購入する金額が表示されます。

 

この場合、0.5ETH×2BNB=1ETH

を払うということで注文が完了します。

 

2、この場合もで1BNBで0.5ETHで購入したいとします。
10ETHを保有しているとしてその内、BNBを25%購入したいとしましょう。

で25%ボタンをクリックするだけです。自動的にBNBを2.5ETH分だけ購入する数量が

で入力されます。

 

この場合、0.5ETH×2.5BNB=1.25ETH

を支払うと注文が完了されます。

 

指値注文の場合、この時点ではまだ注文が成立していません。取引した時に指定した①の価格になると注文が成立するので注意して注文しましょう。

Market(成行注文)の場合

バイナンス,買い方

この取引では買いたいBNBの数量だけ入力すれば、価格に関係なく現在の売り最安値で購入してくれます。

なので、注文の成立がしやすいためすぐに買いたいときにおススメです。

 

【注文の仕方は簡単!】

①にほしいBNBコインの数を入力して、②をクリックと注文が完了します。

Stop-Limit(逆指値注文)の場合

バイナンス,買い方

この取引では、指定した額以下になった場合、購入できる注文になります。数量や購入ボタンのクリックなど基本的な動作は指値注文と変わりません。

 

逆指値注文とは、指定した金額よりも高くなったら『買い』、安くなったら『売り』に出すという注文を自動的には発注される注文方法です。

 

この取引方法は中上級者向けですので、初心者の方は『指値注文』と『成行注文』を覚えていれば大丈夫です。

 

このように様々な方法で購入することができます。

そして、購入した場合赤線の部分に購入した分だけ追加されます。

バイナンス,買い方

 

まとめ

・取り扱っている仮想通貨は世界No.1の100種類以上。

・上場通貨を投票で決める。

・取引手数料が安い。

Binanceがいかに凄い取引所であるかお分かりになったかと思います。Binanceで購入できる仮想通貨は今後、もっと増えるでしょう。

『Binance』を登録して、上場した通貨を購入し、あなたも『億り人』になりましょう。