リップル(XRP)とは?特徴や取引所、チャートやウォレットまとめ

リップルコイン(XRP)の特徴、取引所、チャート、ウォレットなどまとめ アルトコイン

2017年末には価格が一気に上がった今一番熱い「リップルコイン」!

でもそもそもリップルコインがどんな仮想通貨か分からない。

そんな方の為に今回はリップルコインの基本から今後の展望までご紹介します!この記事を読むだけですぐにリップル通になれます!それでは早速見ていきましょう!

仮想通貨リップルはどんなコイン?

リップルコイン 特徴

順番にリップルコインがどのような仮想通貨なのか説明をしていきます。

基本情報

通貨名 Ripple
読み方 リップル
通貨単位 XRP
発行会社 リップル社

まずは基本的な情報を紹介します。リップルコインはリップル社が開発した仮想通貨です。現在Bitcoin、Ethereumに次いで第3位の時価総額になっています。

作られた目的

リップル社がこのコインを開発した目的は国際送金を簡単にするシステムで使う事です。

どういうシステムか簡単に言うと、

リップルコインに一度交換する事で安く、速く海外にお金を送金できるシステムです。

例えばこれまで日本の銀行から日本円で送金してアメリカの銀行で米ドルで受け取るのはシステム上とても面倒でした。それが日本円→Ripple→米ドルとリップルコインに一度交換することでとても簡単にできるようになります。

リップル,とは,特徴

 

その結果これまで2,3日~1週間もかかっていた国際送金が1日もかからず終わります。またこれまで1,000円以上かかっていたのがとても安く送金できるようになります。

このようなシステムを作るためにリップルコインは開発されました。

リップルは別名「ブリッジ通貨」?

このように一度交換し、2つのお金をつなぐことから
リップルコイン=ブリッジ通貨
と呼ばれています。

リップルの仕組み

リップルは「IOU取引」という仕組みで動いています。

IOU・・・「I owe you(私はあなたに借りがある)」の略。

IUO取引は「借用証書」を使った取引のことを意味しています。

つまりリップルコインで送金する時には「仮想通貨」をオンライン上で移動しているというよりもその借用書だけをオンライン上で移動しているイメージです。

 

なので、実際のお金よりも「安く」「速く」送金ができるんですね。

リップルが金融業界を変える!?

リップル,とは,特徴

このような機能をもつリップルだからこそ「安く」「速く」送金をする事ができるんですね!でもそれは同時に金融業界に大きなインパクトを与えることを意味してます。

 

リップルコインを採用することで送金処理方法ももちろん変わりますし、下手をすれば金融機関の存在の意義が変わる可能性もあります。

その為金融業界は常にリップルがどうなっていくか?を気にしていますし、先手を打って「リップルコイン」を採用としている銀行もあります。

 

後どうなっていくかは分かりませんが、金融機関へのインパクトは非常に大きいでしょう。

 

リップルコインの強み

処理時間が速い

リップルは他の仮想通貨と比べると圧倒的に性能が良いです。

まず圧倒的に取引の処理時間が短いです。

下の動画で分かりやすく解説していますのでご覧下さい。

ビットコインと比べても約1200倍の差があります。

1秒あたりの取引量が圧倒的に多い

また1秒あたりに取引できる数が圧倒的に多いです。

こちらも動画で確認してみてください。

他の仮想通貨とは比べ物にならない速さです。この速さによりたくさんの取引が一度にできて、「送金づまり」という送金が出来なくて発生する待ち時間がなくなります。

手数料がとにかく安い

最後に手数料ですね。

画像引用:Ripple公式Twitter

最近ビットコインの送金手数料がすごく高いという話がよくされますが、リップルコインは圧倒的に安いです。

 

リップルのチャートと将来性は?

そんなリップルコイン。現在の価格はいくらなのでしょうか?

こちらのページで最新のリップルの価格を確認してください。

リップル/円(XRP/JPY)のリアルタイムチャート

2018.01.17

 

リップルの今後の展望と価格予想

上の記事で説明している通り、リップルは今たくさんの大手銀行や大手企業との連携しています。

そしてリップルのシステムを採用しての送金実験がたくさん行われています。

 

この事から今後リップルコインでの海外送金がどんどん進んでいくことが予想されます。

実際に2018年春にもリップルコインを使った海外送金がスタートされるか?という噂が流れています。

 

下の動画はテレビ朝日の放送です。

 

先ほどお伝えした通り、今リップルコインの時価総額は第3位です。そこから実際にリップルを使った送金が開始される事でリップルコインへの信頼性は上がり、今後価格が上がっていくでしょう。

 

その結果時価総額が1位になる事も夢ではありません。なぜならばリップルコインは発行枚数が約1000億枚とビットコインの約700倍の枚数が発行されているからです。

 

今後に関してとても注目を集めている期待の仮想通貨。それがリップルコインです。

 

リップル(XRP)取扱い取引所

リップルを購入できる取引所は以下の通りです。

bitbank(ビットバンク)

リップルコイン,取引所

 

最近できた取引所ですが仮想通貨の取扱いについて国にしっかり許可をもらっているので安心感がありますね!

セキュリティ面でも世界最高レベルのシステムで安全に守ってくれます!

取引手数料は無料

〇取り扱い通貨
リップルコイン,取引所ビットコイン、モナコイン、ライトコイン
リップル、イーサリアム
ビットコインキャッシュ

 

スマホ完全対応なので外出先などからでもいつでも取引できます。

登録方法はこちら

仮想通貨取引所bitbankの登録方法は?口座開設を解説!

2018.01.08

GMOコイン

リップルコイン,取引所

 

仮想通貨の取扱いについて国からしっかり許可をもらっています!

使いやすさを重視して設計された画面なので初めての方でも簡単に取引できます。

お金の出し入れの際手数料は無料です。

口座開設申し込みから最短1日で取引可能

ただし、お住いの地域や混雑状況により日数は変わってきます。

〇取り扱い通貨
リップルコイン,取引所ビットコイン、イーサリアム、リップル
ライトコイン、ビットコインキャッシュ

公式SNS
Twitter→@gmo_coin
Facebook→@gmo.coin

Bit Trade(ビットトレード)

リップルコイン,取引所

 

こちらも国から仮想通貨の取り扱いについてしっかりと許可をもらっています。

〇取り扱い通貨
リップルコイン,取引所ビットコイン、ライトコイン、イーサリアム
ビットコインキャッシュ
リップル、モナコイン

世界最高レベルのセキュリティでスマホでも簡単に安心して取引できます。

公式SNSアカウント
Twitter→@bittrade_info
LINE→@bittrade

 

coincheck(コインチェック)

リップルコイン,取引所

 

メディアにも多数取り上げられているコインチェックですがリップルの取り扱いは最近になって開始されました。

〇取り扱い通貨

リップルコイン,取引所ビットコイン、リップル、リスク
イーサリアム、イーサリアムクラシック
ファクトム、ダッシュ
など約13種類

仮想通貨の種類についてはこちらから

https://kaso-trade.com/2018/01/27/kasoutuuka-shurui/

 

リップルだけでなく他の通貨にも興味がある場合はコインチェックがおすすめです!

24時間いつでも取引可能!
二段階認証などの万全のセキュリティで守られています!

登録方法はこちら

仮想通貨取引所のcoincheckの登録方法は?

2018.01.07

BINANCE(バイナンス)

リップルコイン,取引所

 

こちらは海外の取引所になりますが、取扱い通貨がなんと105種類という圧倒的数なんです。

もちろん、リップルも取り扱っています。

公式サイトも日本語に対応しているので問題なく使えるのではないでしょうか!

 

世界最大の仮想通貨取引所「Binance」に最短2ステップで登録する方法

2018.01.08

 

ここまでたくさん取引所を紹介してきましたが、惹かれる所はありましたか?

ピンとくるものがないという方は、今回紹介した中でのおすすめ取引所を見ていきましょう。

 

リップル用ウォレット

リップルを管理するならウォレットを準備しましょう。「リップルのウォレットって何を使えばいいの?」「そもそもウォレットって何?」そんな方はこちらのページでご確認ください。

リップルコインのウォレット一覧とおすすめを紹介

2018.01.21

 

最新情報・ニュース

リップルは今年の春から一気に上昇するとも予想されており、現在は性能を上げるために様々な動きがみられます。

 

三菱UFJがリップルを導入

リップルコイン,最新情報

 

日本の大手銀行の三菱UFJがリップルを導入したことは一つの大きなニュースとなりました。

一つの送金システムとして導入されました。これは、銀行から厚い信頼がある事を意味しています。これはリップルは機能的に優れている証しとなります。

 

マネーグラムがリップルを導入

リップルコイン,最新情報

MoneyGram(マネーグラム)という送金システムのものがあります。

世界中から送金システムとして愛されている送金システムです。

この送金システムは、世界で扱われているため、信頼がとても重要です。なので、これもリップルに対する信頼されている証しだと言えます。

あのGoogleからの出資を受ける

リップルコイン,最新情報

誰もが知っているGoogleがリップルに出資しています。

このGoogleが出資していることはとても強みになっています。

Googleからの出資がリップルをより有名に・より人気にすることにつなげました。

 

ビットポイントにて上場

リップルコイン,最新情報

 

なぜか、ZaifやbitFlyerで取り扱っていないリップルですが、ビットポイントで取引可能になりました。これは日本でもこれから、もっとリップルが普及するということかもしれません。

 

それ以外にもリップルコインに関してはたくさん導入されているところがあります。

上記のものも含め、100社近くとも提携をしているようです!

リップルコインのシェア率が大きい韓国が一時仮想通貨の規定に入っているので、価格は下がりつつあります。しかし、これほど多く信頼高い企業から協賛を受け、ているのを見ると、リップルコインは今後、ますますの人気が出るのが予想できるでしょう。

 

まとめ

リップルコインは国際送金を簡単にするブリッジ通貨として今後、金融業界に大きな影響を与える可能性の高い仮想通貨です。

実際に現在国際送金の実験がどんどん進んでいることから今後実用化されることが予想されるでしょう。

実用化に合わせて価格が上昇する可能性が高いので、今後とも注目していきましょう!