仮想通貨取引所『bitFlyer(ビットフライヤー)』について!

仮想通貨取引所bitFlyer(ビットフライヤー)について 取引所

数多く存在している仮想通貨取引所の一つ『bitFlyer(ビットフライヤー)』について解説していきます。

最近、CMでもお馴染みになってきたビットフライヤーとはどのような取引所なのか見ていきましょう。

bitFlyer(ビットフライヤー)とは?

簡単に言うとビットフライヤーは

日本にある最大級の仮想通貨取引所です。

coincheckやZaifと並んで大抵名前が挙がってくる取引所ですね。

bitFlyerの強み

ビットフライヤーについてはご説明しましたが
実際使っていく上でのビットフライヤーの強みってなんでしょうか?

その疑問に応えるためにここからはビットフライヤーの強みを見ていってみましょう。

多くの大手企業が出資している

仮想通貨,ビットフライヤー

これは、ビットフライヤーの株主一覧です。

画像を見てもらうとわかるように

みずほフィナンシャルグループ
三井住友銀行グループ
リクルート

など大手企業が出資しています。

これだけ多くの大企業から出資してもらえるという事はビットフライヤーが取引所としての質がいい可能性が高いと言えますね。

国内初 不正ログイン補償サービス

ビットフライヤーでは、国内初となるハッキングなどで不正ログインされた場合の不正出金に対する補償サービスを設けています。

 

ただし、これは「二段階認証をしているユーザー」が対象なので注意してください。

独自のサービスがある

ビットコインで買い物
ビットコインが貯められる

などの他の取引所にはない独自のサービスがあるのが大きな特徴ですね。

では、どんなコインを取り扱っているんでしょう?

取り扱っている仮想通貨は?

・ビットコイン

・イーサリアム

・イーサリアムクラシック

・ライトコイン

・ビットコインキャッシュ

・モナコイン

・リスク

以上7種類の仮想通貨を取り扱っています。

 

各通貨について詳しく知りたい方は、こちらの記事でまとめているので読んでみてください。

仮想通貨の種類一覧【人気16種類厳選】

世間の評判

あくまで人の意見なので、鵜呑みにせず参考にとどめておくことをオススメします。

〇一般ユーザーのツイート

こんな感じですね~

手数料はどのくらいかかるの?

ここで気になってくるのが手数料。

どのくらい手数料がかかるのか見ていきましょう。

 入出金手数料

それぞれの手数料をまとめておきますね。

入金

クイック入金 324円(税込)/件
各銀行振込 各銀行の指定額

クイック入金、各銀行での振り込みにかかる手数料は一回の振り込みにつき〇〇円という感じなのでなるべくまとめて入金することをお勧めします。

出金(日本円)

出金額3万円未満 出金額3万円以上
あなたの銀行が三井住友銀行の時 216円(税込) 432円(税込)
あなたの銀行が三井住友銀行以外の時 540円(税込) 756円(税込)

ビットフライヤーで出金をする場合は三井住友銀行を使った方が断然お得なので、もうすでに三井住友銀行を使っている方は始めやすいかと思います!

もし、まだ口座を持っていないという方も口座を作れば「216円」もしくは「432円」で出金できるようになるので問題ないですよ。

取引手数料

ビットコイン 0.01%~0.15%
アルトコイン 0.20%

正直、無料で取引できる取引所と大差はありません。

ですがビットコインに関しては取引量に応じて手数料が変わってくるので要注意です。
詳しくはこちらを参考にしてみてください。

bitFlyerの登録方法

登録方法についてはこちらで詳しく解説しています!

仮想通貨取引所のbitflyerの登録の仕方は?

まとめ

bitFlyerについて解説していきました。

・多くの大手企業が出資している

・国内初の不正ログイン補償サービスがある

・独自のサービスがある

このような特徴があることを押さえておいてください!

 

あなたの仮想通貨の使い方に合うと感じた方は試しに登録してみてはいかがでしょうか。

仮想通貨取引所に関するまとめ記事はこちら

【初心者必見】仮想通貨取引所が100%わかるバイブル